見出し画像

【日刊みの編NEWS】「みの編を100倍楽しめる歩き方」を聞いてみた

おはようございます、箕輪編集室運営の浜田 綾です。12月23日(日)の日刊みの編NEWSをお伝えします。


「オンラインサロンに入ったけど、どう活動していいかわからない!」という声をしばしば耳にします。

何かきっかけがあったら楽しめたかもしれないのに、そのきっかけを見つけられなくてやめる人がいるとしたら。運営をしていてこれほど残念なことはありません。

今日ご紹介するメンバーは、箕輪編集室の経理部と関西チーム所属している染石佐恵(そめいしさえ)さんです。

(昨年のイベント京都修学旅行にて箕輪さんと染石さん)

彼女は気負うことなくとっても上手にオンラインサロンを活用して楽しんでいるように見えるので、題して「みの編を100倍楽しめる歩き方を聞いてみた」ということでインタビューしました。


アクティブすぎるみの編がどうなってるのか気になって入った

──箕輪編集室(以下:みの編)に入った時期ときっかけを教えてください。

染石:
入ったのは今年の5月下旬です。元々は箕輪さんも応援されているKIDSLINE社長の経沢香保子さん主宰の「女性起業家サロン」に入っていました。

そんな中、去年の11月のイベント「京都修学旅行」(初代関西チームリーダートムさんが主催)に参加したので、箕輪編集室のことは知っていて、その後も気になっていました。

みの編ってとってもアクティブですよね。女性起業家サロンは、ここまでではなかったんです。特に「日刊みの編NEWS」など公式noteの動きがすごすぎて、なんであんなにも更新できるのか不思議で「箕輪編集室」というコミュニティ自体に興味を持ったのが直接の動機です。


──新しくオンラインサロンへ入ることに抵抗や躊躇はありませんでしたか?

染石:
女性起業家サロンでは長い間見るだけ専門、いわゆるROM専で交流はしていませんでした。だから「サロンに入る」行為自体は葛藤はなかったです。でも入っていざリアルな集まりで人に会う段階になったら、躊躇というか緊張しました。

でもそれも最初だけです。先ほどお話した京都修学旅行は、みの編メンバー以外でも参加できたんです。ですから(村田)トムさん、(浜田)綾さん、前田(高志)さんをみの編に入る前から知っていて、全然誰も知らない状態じゃなかったのがよかったです。最初イベントに参加する際は、1人でも2人でも知ってる人がいる時にしていました。


──箕輪編集室に入ってから今日まで、どういう活動をしてきたか具体的にお聞かせ願えますか?

染石:
まずは関西チームに入り、イベントに参加しました。
一番最初に参加したのは、イベント「若手力」の大阪でのライブビューイングでした。トムさんや綾さんが行くと聞いていたので、知ってる人がいるイベントから行けば気が楽かなと思ったからです。「オンライン」とはいえコミュニティだから、身近な知り合いが増えた方が楽しいかなと。

そのうち箕輪書店チームで本を売ったり、大仏を売ったりすることが増え、売り上げの管理が必要だということを耳にするようになりました。
私の強みであり、好きなことは経理ができることです。箕輪編集室のようにクリエイティブなことが好きな人が多いサロンだと、逆に私のような数字に強い人の方が少ないし、お役に立てるのじゃないかなと思い「お金の管理やります。」と立候補しました。

最初は確か箕輪書店の売り上げ管理を細々と2,3ヶ月やっていました。そうしたら運営チームの柴山さんから「箕輪編集室全体のお金の管理をしてください」と声をかけていただいて、後に「経理部」ができました。

ちょっとしたしたことですごく喜んでもらえて嬉しかった!

──箕輪編集室に入って一番面白かった、あるいは印象的だったことはありますか?

染石:箕輪書店チームで経費の管理表を作り始めたころの話です。
当時は綾さんリーダー、幻冬舎の井阪さん、木内さんがサブリーダーで、彼らに見てもらいながら表を提案していました。グーグルスプレッドシートで行を追加したりしながら「あーでもない、こうでもない」って1人で格闘して表を作っているつもりでした。

ただそのシートを共有していて、どうやら井阪さんがリアルタイムで私が作っているところをドキュメント上で見ていたようなんです。
私は1人で作業しているつもりが、その傍でメッセンジャーで「わーーーすげ!!!」「おおお!」みたいに感激した様子のメッセージを何度もくれたんです。自分ではそんな大したことをしている自覚もなかったんですが、ものすごい喜んでくれて、しかもリアルタイムで(笑)。
「これくらいのことでこんなに喜んでもらえるなら、もっといろいろやってみたいな」って嬉しく思ったことを今でも覚えています。


──染石さんなりのみの編の楽しみ方のコツってありますか?

染石:リアルに人と会って1人でも知り合いを作ったり空気感を味わうことをおすすめします。全く誰も知らない状態と、サロンの空気がわかってて1人でも知り合いがいる場合とでは、Facebookのコメント欄への書き込みやすさが全然違います。

それから手を動かすなら自分にとって簡単なことからやってみる。私にとってはそれが経理でした。


──今後みの編でやってみたいことや、こうしたらもっとよくなるのではないか?と感じることはありますか?

染石:ファイナンス思考的な行動でコミュニティをよくしたいです。「ファイナンス思考」つまり短期的な視点で目先の利益を追うより、長期的な視点で信用や実績や経験を取りに行く(積み重ねる)部分がオンラインサロンにも当てはまると思います。

例えば箕輪さんの本『死ぬこと以外かすり傷』の販促で紀伊国屋書店梅田本店さんと連携して大規模なキャンペーンができました。だけどそれが終わったら私たちのアクションが途絶えてしまう。せっかくできたご縁なら例えば梅田に立ち寄った際は箕輪さんの本を見に行って、顔なじみになった店員さんとお話するとか、そういう小さなアクションの積み重ねが大事だと思うんです。

私はこれからもファイナンス思考で物事を考え、オンラインサロンでも実践していきます。結果、それがオンラインサロンを楽しむことにも繋がっている気がしています。


ーーーーーーーーーーーーー
■昨日 12/22(土)のみの編
―――――――――――――

小野照崎神社でクリスマスパーティが行われました。元々は箕輪編集室メンバーの駒月さんを囲む会として発足したイベントのためか、カメラを持ち込む人の多さが目立っていますね。

急遽欠席となってしまったのもーりーの写真も会場に飾られたようですよ!

デザインチームではリアルデザイン道場が開催されました。いつもはZoomでやっているデザイン道場ですが、今日はリアルで集まりバナーや年賀状作成を行いました。初めてソフトを触った人でもバナーを作れてしまう講座、スライドが1週間限定で公開されています。ぜひ見てくださいね!

――――――――
■今後のみの編
――――――――
12/23(日)[中部チーム]お昼からのお茶会(アルコール可)
12/24(月)
[みの邸チーム]みの邸クリパ@みの邸谷在家
[ライターチーム]前田裕二さんメモ術第4弾自己分析1000問ノック!
12/26(水)[キャリアデザインチーム]ZOOMオリエン
12/27(木)
[学生チーム]学生チーム修学旅行!〜岩手県への旅〜
[関東ボルダリング部]第4回みの編ボルダリング部
[ライターチーム]「書き起こし」ってなんだ?@ZOOM
12/28(金)[関西チーム]みの編フットサルin大阪
12/29(土)[関西チーム&リリプリチーム]MEET UPランチ会
12/30(日)[関東野球部]<初心者歓迎>第4回室内練習
1/5(土)[関西チーム]新年会&新歓@奈良古民家
1/13(日)[中部チーム]『メモの魔力』読書会in三重
1/14(月)[リリプリ]リリプリ新年会

*は箕輪さん参加予定のイベントです。

取材・構成/浜田 綾
編集/柴山 由香
昨日のみの編/荻原 茜

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

日刊みの編NEWS
日刊みの編NEWS
  • 942本

箕輪編集室運営チームからのお知らせです。 ・今、箕輪編集室で勃発していること ・定例会や飲み会、一般参加OKのイベント情報 …などなど、みの編のあれこれを畳み人・運営メンバーがリレー式で書いていきます。 箕輪編集室に入っている人も興味があるけどまだ入っていない人も、これを読めばみの編マスターになれる…かも?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。