見出し画像

心を奪え、次の時代はもう来ているんだ【BRUTUS制作note】by BRUTUS Project Team

本日9月2日に発売した『BRUTUS』は、もう読みましたか?

まだ読んでいないなら、これほど勿体ないことはありません。

なぜなら、今回の号には特別なBOOK in BOOKが収録されているからです。


箕輪編集室責任編集、なのにまだ読んでないの?

今回の『BRUTUS』BOOK in BOOKは、マガジンハウスのBRUTUS編集部から「箕輪編集室責任編集」として依頼を受けたもの。

箕輪編集室特集として取材を受けるのではなく、箕輪編集室が企画から編集までそのすべてを任されたのです。

箕輪編集室のオーナーの箕輪厚介が編集者であることは周知の事実ですが、そのほかのメンバーは高校生から社会人、先日還暦を迎えたサラリーマンなど、本当に多種多様な属性を持ちます。当然、雑誌編集経験者もいますが、今回の制作メンバーはほとんどが未経験でした。

これまで動画、デザイン、ライティングやPR、イベント運営など、数々のクリエイティブを発信してきた箕輪編集室にBRUTUS編集部が託してくれた。

それに応える、否、当たり前ながら期待以上のものにする。そう決めて臨んだのが今回のプロジェクトです。


前田裕二・西野亮廣エンタメ研究所・箕輪編集室の特集が一冊に集約、なのにまだ読んでないの?

雑誌全体の企画テーマは「真似のできない仕事術」。

箕輪編集室の決めたBOOK in BOOKのテーマは「心を奪う仕事術」。前田裕二氏の語る「可処分精神を奪い合う時代」になぞらえたテーマです。

この仕事術を実践しているのが、提唱者である前田裕二氏、西野亮廣氏、そして箕輪厚介。

見どころは何と言ってもココ。その内容の濃密さにある。

箕輪厚介が語る序文からすでに押し寄せる次なる時代への扉が開かれると、前田裕二氏が見事な手ほどきで物語の中にあなたをエスコートします。

時代の核心を捉え透徹した論考で固定化されたマインドを解きほぐしたら、西野亮廣エンタメ研究所の紡ぎ出す壮大な物語を覗いてみましょう。物語に陶酔しきったあなたを、箕輪編集室の斬新奇抜な航跡とまだ見ぬ企てが、ハッと目覚めさせます。

この3つの特集を軸に、これからのビジネスマインドについて大いに語る。それが『BRUTUS』900号「真似のできない仕事術」 BOOK in BOOK「心を奪う仕事術」。

そして最後に待つのは......?


「購入者限定」秘密のイベントへ御招待、なのにまだ読んでないの?

9月2日発売号のBOOK in BOOKには、イベントチケットが付いています。これが最大の目玉。

「いったいどんな内容なのか?」

それは登録した人のみ知ることができます。

本号のBOOK in BOOKの最終ページを見てみてください。それが秘密のイベントへの招待状。

そこに設けられたQRコード。それが秘密のイベントへの入り口です。

登録した人にのみ随時届けられるイベント情報。日程、企画、場所、ゲスト、すべてが登録者にのみ通知されていきます。当日はBOOK in BOOKもしくは電子版を持参した方しか参加できない仕組みです。

開催前での内容の他言は無用。ぜひ登録して秘密を共有しましょう。

あなたの可処分精神を奪う、購入者しか参加できないシークレットイベントにあなたを招待します。

Amazon

マガジンハウス


書店やコンビニでの販売期間は9月2日~15日まで、なのにまだ読んでないの?

『BRUTUS』900号「真似のできない仕事術」が書店やコンビニで販売されるのは9月2日から15日までの14日間のみ(関西では9月1日から15日まで)。

マガジンハウスのWEBサイト「magazine world(マガジンワールド)」やAmazonなどのネット販売では16日以降も購入可能です。

読書から体験まで。

濃密に設計されたこのBOOK in BOOKをどう味わうかはあなた次第。

『BRUTUS』900号 9月2日発売 真似のできない仕事術特集 BOOK in BOOK 箕輪編集室責任編集「心を奪う仕事術」を、ぜひ全身で味わってみてください。

テキスト/金藤良秀
編集/菅井泰樹
バナー/松儀愛侑

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

33
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。