見出し画像

仮面ライダー電王から読み解く「時間」の哲学【夕刊ミノ】関西チーム

こんばんは。箕輪編集室関西チームのけいです。5月21日の夕刊ミノをお届けします。

21年4月30日に開催された「みの趣味トーク〜OOについて話そう!〜仮面ライダー電王編」についてお話ししたいと思います。

すらいむくんざっくさん の3人で、仮面ライダー電王について熱く語り合った夜。ざっくさんがパワーポイントで仮面ライダー電王の資料を作り、細かなところまで解説してくださいました。

うん! 深い(笑)。

仮面ライダーの細部に渡る設定の数々は感動するレベル! 今回は設定集の情報まで持ち出して、仮面ライダー電王の魅力を語り尽くしました。

俳優のカッコ良さを語らずにはいられない

仮面ライダー電王の主人公、野上良太郎(のがみりょうたろう)を演じた佐藤健さんは、当時まだ18歳。埼玉の実家から、電車通勤で撮影現場に通っていたそうです。

ここでちょっと思ったことを言ってもいいですか??

イケメン!!!

そして仮面ライダーゼロノスに変身する桜井侑斗(さくらいゆうと)を演じたのは中村優一さん。2020年4月には、緊急事態宣言下で自粛を強いられる子どもたちへ、ヒーローからのメッセージを集める取り組み「#ヒーローが子供達を元気にする」がニュースで取り上げられ、話題を呼びました。

仮面ライダー電王から学んだこと

仮面ライダーの醍醐味といえば、隠された人生の教訓の数々。仮面ライダー電王のテーマは「時間」です。

しかし、その時間は右から左に流れていくものとして設定されていません。時間とは人々の記憶。人々の記憶が繋がって、ひとつの時間が作られていく・・・

なんて哲学的なテーマなんでしょう! 仮面ライダーをじっくり味わいたい人は、是非一緒に語り合いましょう。これからも仮面ライダー関連のZoomを開催する予定です。

仮面ライダーは大人になってから見ると作品の奥深さに気付くことができます。そして、学びがたくさん詰まっています! まだ見たことがない方も、このイベントを機に好きになってもらえたら嬉しいです。


テキスト/けい
編集/高橋千尋
   清水えまい
バナー/清水えまい
校正/ちゃんすけ


***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/