見出し画像

絶対的成長の理由は仕組みにあり! inミノーズブートキャンプ【夕刊ミノ】PRチーム

こんばんは。箕輪編集室PRチームのとっきーです。12月24日(火)の夕刊ミノをお届けします。

12月から僕は、箕輪編集室公式Twitter運用プログラム「#ミノーズブートキャンプ」の7期生として活動しています。同期には、とらさん伽緒ちゃんがいます。今日は僕がミノーズブートキャンプの魅力を思いのまま語ります。

この記事を読んで「仲間になって挑戦したい!!」と感じてくれる人が、どんどん増えたら嬉しいです! 

想像以上のフルコミット道場

「ミノーズブートキャンプ」とは、2ヶ月間メンバーとして箕輪編集室公式Twitterを運用する超フルコミット型プログラムです。

「なんだかキツそうだなぁ...」と思われがちな本プログラムですが…

正直キツいです(笑)

✔イベントが入るたびに情報収集、要点をまとめて発信
✔空き時間を見つけてはエゴサーチ

くじけそうになることも、たまにあります。では、なぜ続けるのか? それは、行動した分だけ必ず成長できるからです。

大げさでも何でもありません。「ミノーズブートキャンプ」で成長ができない人は、元から完璧なのです。それでは、なぜミノーズブートキャンプ で「必ず成長できる」のでしょうか? 

理由は、ミノーズブートキャンプの仕組みにあります。

ミノーズブートキャンプは毎月募集される新人3人と、鍛え上げられてきた先輩方で作られている組織です。メンバーとなった初日の0時から、新人3人がメインで動きます。その活動を、倍以上の人数の先輩方が全力サポートしてくれます。

盤石なサポートがあるチーム構造になっているおかげで、すべての行動に対して直接フィードバックをもらうことができ、成長していけるのです。

僕たちの初日は、学割増枠と同時スタートでした。

右も左も分からなかった僕たちは、発信する全てのツイートをチェックしてもらいました。貰ったアドバイスを活かし、再び文章を考えてツイートします。高速でそれを繰り返していくうちに、自然と先輩のチェックなしでツイートができるようになっていました。

僕たちはこの経験を通して「とにかく行動すること」が学びや成長に繋がる事を実感しました。

得られるのは2つの武器

最強の仕組みを持つミノーズブートキャンプでは、毎日たくさんの学びがあります。その中でも、特に得られるのは「文章力」と「想像力」の2つです。

Twitterには140文字の制限があります。短い文字数の中で「伝えるべきこと」を伝えなければいけません。140字で伝えるには、まず文章の核を見つけ出して言語化する必要があります。次に、それが誰にでも伝わるように文章を練り上げ、何度も精製します。この繰り返しが文章力を底上げしてくれます。

しかし、それだけでは相手の心に刺さる文章は作れません。刺さる文章を作るには、相手の思考や想いを読み取る必要があります。

そこで大切になるのが「想像力」です。

・聞き手はどんな情報を欲しているか
・相手は何を思ってツイートしたのか
・この文章を読んで、なにを思うか

などを想像して、相手の心の声を汲み取ります。

何度も繰り返し検討し、フィードバックも参考に修正していくことで、自分の想像力を高めていくことができるのです。

このようにして得られる2つの武器は、今後どのような事にも転用可能なスキルだと思います。相手が何を求めているかを考え、物事の本質を具体化し、整理すること。

この力は一生の財産になると、僕は思います。

これがミノーズブートキャンプ

ミノーズブートキャンプのグループに参加したとき、先輩から3つのメッセージをもらいました。それは、

・発言しない人はいないものとみなす
・わからなかったらすぐに聞く
・できないことはできないという

始めにこれを見たとき、「できなくても、わからなくてもいい。だから無駄に不安になる必要はない。やる気を行動で示せばなんとかなる!」と僕は感じました。

できないからと、責めてくる人はいません。先輩たちは最上級の「愛」で僕たちの面倒を見てくれる人ばかりです。僕はこのメッセージを受け取った時、とにかく全力で取り組んで学び続けよう! と誓いました。

「自分がやらなければ、自分の成長がない」ただそれだけです。

仮に行動しなかったとしても、他の人は困りません。なぜなら先輩たちは達人だから、先輩たちだけでもできてしまうのです。義務感をもってやるのではなく、自分の成長のために楽しみながら活動していく場所。それがミノーズブートキャンプです。

ミノーズブートキャンプでは毎月、メンバーの募集をしています。

8期生は記念すべき、2020年最初の入隊生です! 新年から、僕たちと一緒に箕輪編集室の熱狂を、発信してみませんか? 

愛と活気と才能溢れるこのチームで一緒に成長したい! と思った方は、PRチームのミノーズブートキャンプ募集スレッドへ行ってみてください。

こんな方には特にオススメです!! 
・熱量のある方
・とにかく手を動かしたい!
・正月からガンガン動きたいモノ好き(笑)

共に成長できる仲間をお待ちしています。


テキスト/小池 瞬生
編集・校正/遠藤 寅王藤井 伽緒
バナー/帆足 和美


***


お問い合わせ:minowa.et@gmail.com
箕輪編集室公式Twitter


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

20
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

この記事が入っているマガジン

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 471本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。