見出し画像

【日刊みの編NEWS】みの編とは、永遠に伸びる樹形図である

おはようございます。箕輪編集室ライターチームの清水翔太です。
6月10日(日)の日刊みの編NEWSをお届けします。

突然ですが、皆さん、ここ最近Twitterのタイムラインで「#熱狂書評」というタグを見ませんでしたか?

ご存知の方も多いかと思いますが、こちらはライターチームの「熱狂書評」というプロジェクトなんです。公式 noteでマガジンとして公開しています。

箕輪編集室が運営する「箕輪書店」でいち早く本を入手し、誰よりも熱狂的で質の高い書評を、自分の言葉で伝えていくという企画です。

「熱狂書評」は、僕がみの編で初めて立ち上げたプロジェクト。
このとき僕はニューヨークにいて、みの編に入った昨年の12月からずっと、皆さんの活躍を外から眺めているだけでした。「箕輪さんの近くにいると、エネルギーがもらえる。だから見てるだけでいい。」と自分に信じ込ませて。

そんな折に見た、運営チームの「神」こと三浦さんのつぶやき。

薄々は感じていたことが、目の前で言語化された瞬間でした。僕はチケットを丁寧にカバーに入れて、ポケットの奥底に眠らせていたのかもしれない。すぐにでも出して、くしゃくしゃになるまで握り締めながら、みんなの視線の先まで走らなければ。そう思いました。

でも、何をしたらいいか分からない。分からないから、「箕輪編集室」について改めて考えました。
そこで浮かびあがる「余白」というキーワード。箕輪さんの持つ余白、コミュニティとしての余白、それらの余白はメンバーによって爆速で埋め尽くされる。

僕は考えました。僕が埋められる余白って何だろう。
ふと、箕輪さんとコルクラボの佐渡島庸平さんの対談記事を思い出しました。

箕輪さんがみの編に着けた火を、メンバーの力を借りて延焼させていくことならできるのではないか。具体的には、箕輪書店で買いとった本についてみの編内でお祭り騒ぎを起こすことで、その熱を徐々に外に向けていくということ。

自分が好きな「文字を書く」という手段でそれを体現したいと思い、つぶやきました。

ライターチーム前リーダーの篠原舞さんは、すぐさま拾ってくれました。

48分後には立ち上がるプロジェクト。


そうか、漠然と感じている余白をこうしてきちんと言語化すれば、余白はまた別の表現で生まれ代わり、具体化されていくのか。それが箕輪編集室の本質なのかもしれない。

そして、始まった熱狂書評。

ここがアウトプットの場になり、この「熱狂書評」がまた別の余白を生む。余白にやがてまた誰かが気づき、言語化され、具体化される。そうなったら、最高だ。

これからさらに「熱狂書評」は、加速していく気がします。なぜなら、メンバーみんなが余白を生む力をもっていて、爆速でその余白を埋めてはまた生むというサイクルを繰り返すから。

それは、永遠に伸びる樹形図のように。

ということで皆さん、引き続き「#熱狂書評」をつけてどんどん呟いてくださいね!

ーーーーーーーーーーーー
■昨日 6/9(土)のみの編
ーーーーーーーーーーーー


朝から飛行機騒ぎを起こしてすみません…!
その裏側では、ひっそり、みの編の枠が公開されました。1000で止めるなんて、みんな信じなかったよね!

大将がアップデートし続けるのだから、みの編だってアップデートする。[PRチーム]でCAMPFIREページのリニューアルプロジェクトが再始動します。そう。何度でも何度でも、有機的に進化するみの編に合わせて。

一ヶ月の間にどれだけイベントあるのというくらいあるみの編。今日は4つのイベントの参加者募集が開始しました。
まずは[イベントプロデュースチーム]有志が取り仕切ってくれているW杯観戦イベント3つ!

それから、今月の定例会。宇野常寛さんを招いて落合陽一さんの新刊『デジタルネイチャー』についてがっつり語っていただきます。
広い会場を押さえたので、まだ参加できます!イベントページをチェックしてくださいね。

[中部チーム]は、なんだか楽しそうなことをしてますよ…!

[女性チームPrima]では、自己紹介アンケートを実施中だそうです。メンバーの皆様、ぜひお答えください…!


ーーーーーーーーー
■今後のみの編
ーーーーーーーーー
6/10(日)[神社プロデュースチーム]6月第一回ミーティング
6/12(火)
[映像・音声チーム]ASAKATSU!!
[女性チームPrima]ZOOMでスナック夜会
6/14(木)[女性チームPrima]「読書という荒野」ZOOM読書会
6/15(金)*若手力〜25歳で突き抜けられる行動指針〜箕輪さん・ゆうこすさん・田端信太郎さんによるトークセッション
[関西チーム][北海道・東北チーム]ライブビューイング
6/16(土)[PRチーム]懇親BBQ!!
6/17(日)[中部チーム]中部Meet Up!!
6/20(水)[イベントプロデュースチーム]第三回みの編歓迎会
6/22(金)*[関西チーム]箕輪さんとの親睦会
6/25(月)[美術部]「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」展 鑑賞会
7/16(月祝)
[イベントプロデュースチーム]第四回みの編歓迎会
[部活チーム]箕輪編集室×コルクラボ フットサルフレンドマッチ
7/28-29(土日)*[イベントプロデュースチーム]秩父大合宿
*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト/清水 翔太
編集/柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

この記事が入っているマガジン

日刊みの編NEWS
日刊みの編NEWS
  • 819本

箕輪編集室運営チームからのお知らせです。 ・今、箕輪編集室で勃発していること ・定例会や飲み会、一般参加OKのイベント情報 …などなど、みの編のあれこれを畳み人・運営メンバーがリレー式で書いていきます。 箕輪編集室に入っている人も興味があるけどまだ入っていない人も、これを読めばみの編マスターになれる…かも?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。