画像1

第23回 箕輪と設楽が考える、子育て女性の働き方

箕輪厚介・設楽悠介・末吉宏臣
00:00 | 00:30
幻冬舎の箕輪・設楽とDNAパブリッシングの末吉がお送りするラジオ番組「未来の作家のカタチ」。
第23回は「箕輪と設楽が考える、子育て女性の働き方」。

今回は視聴者の方から頂いた質問に箕輪さんと設楽さんが解答する回です!
頂いた質問は「子育て女性の働き方」について。

箕輪さんは「様々なことをアウトソーシングした方が、人間として輝く」と感じているそうです。
箕輪さん自身、べビーシッターサービスを提供する『キッズライン』のプロデュースを行っており、サービスの利用者でもあります。
その経験から、アウトソーシングすることの必要性を感じたそうです。

設楽さんは「子育て女性の方が仕事のパフォーマンスが高い」と絶賛。
設楽さんは自分の部署に子育てをしながら働いてる女性社員がおり、一緒に働いていることで、そのパフォーマンスの高さを目の当たりにしているそうです。

今回のテーマは女性向けのようですが、男性も取り入れるべきことが沢山あります。
「俺は関係無い!」とか思わず、自分の仕事や生活を振り替えてみましょう。改善すべきことはあるはずです。
働く女性にとって、仕事をしながら、家事と子育てを両立するのは大変かと思います。でも、皆さんの活躍が求めらている場所はあり、そのためのサービスは増えています!

今回の配信を聞いて、皆さんのなるステップアップに繋がればと思います!
また、箕輪さんに質問があるかた、コメントを頂けたらと思います!

《 第23回の番組内容 》
・子育ては外部からの評価が無い
・社会的に役立つことで価値を稼げ
・子育て女性のパフォーマンスは高い

【出演】
箕輪厚介
https://twitter.com/minowanowa
設楽悠介
https://twitter.com/ysksdr
末吉宏臣(ナビゲーター)
https://twitter.com/hiroomisueyoshi

【制作】
デザイン:前田高志
https://twitter.com/DESIGN_NASU
運営・管理:小瀧友貴
https://twitter.com/yk_mario

【Youtube】
みのわチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC8wKXRtva_tOgAfiSvyLoKw...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

#箕輪編集室 公式

『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

【ラジオ版】出版3.0時代の「未来の作家のカタチ」

幻冬舎 箕輪厚介とDNAパブリッシング 末吉宏臣のラジオ番組。 堀江貴文の『多動力』や見城徹の『たった一人の熱狂』などを手がけた箕輪厚介、『なぜ堀江貴文の本はすべてベストセラーになるのか』を編集し、数々のベストセラー作家のプロデュースを手がける末吉宏臣。出版の最前線にいるか...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。