見出し画像

【日刊みの編NEWS】箕輪編集室の脊髄はクリエイティブ

おはようございます、箕輪編集室運営担当の浅見です。5月25日(火)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

先日、箕輪さんが行う編集講座「編集を学びなおす」の第二回が行われました。

箕輪編集室は、スタートした時から、「編集」「デザイン」「撮影」「イベント」など、基本軸には常に“クリエイティブ”があります。

何かしらのアウトプットを常に行なっており、箕輪編集室が総力をあげるととんでもなくイケてるものができる、というイメージを持っている人もいるかもしれません。

雑誌「サウナランド」もそのうちの1つ。サロンメンバーだけで雑誌を作るという、なかなかめずらしい活動だと思いますが、やはりこうしたアウトプット制作の過程で、メンバーの絆が強くなっていきます。

当然、コミュニティとしての場でもあるので、全員がクリエイティブを手掛ける必要はないのですが、箕輪編集室の中心にある脊髄のような軸は、常に“クリエイティブ”です。

実際にデザインをやったり写真を撮ったり、という具体的なアウトプットができなくても、プロジェクトに携われる関わりしろがたくさんあるので、そうしたクリエイティブ制作に、誰でも参加できるのは他にはない特徴かもしれません。

それでいてクオリティが一定以上高い。そんな仕組みに自然となっているのオンラインサロンです。

ぜひ覗いてみてください!

***

テキスト / 浅見 裕

***

公式Twitter
公式Instagram
お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/