見出し画像

【日刊みの編NEWS】誰もがスポットライトを浴びられる「みの編」という舞台

おはようございます、箕輪編集室の浅見です。12月27日(木)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

先日、2018年の箕輪編集室の総決算となるイベント「みの編大忘年会」が開催されました。

大忘年会ではメイン企画でもある「MINOHENアワード」表彰式も同時開催。

実はこの「MINOHENアワード」。箕輪編集室の「多様性ある関わり方」を体現する意図の企画として設計されており、僕もイベントプロデュースチームのリーダーとして関わっていたので、その裏側なんかを少しお話ししたいと思います。

みの編は多様な関わり方ができる場所だからこそ、スポットの当て方も様々

みの編は、圧倒的に手を動かしてクリエイティブをアウトプットするだけでなく、価値観の合う仲間と遊ぶ、ROM専で情報を浴びる、など、多様な関わり方があるサロンです。

こんなサロンだからこそ、輝き方にも多様性があって良いと考えていました。

今回のアワードの狙いは、この多様な過ごし方・関わり方を体現することでした。箕輪編集室に大きなインパクトを与えた人に贈られるMVPなどはもちろんですが、イベントなどで多くの人と関わりを持ってくれた人、表には見えにくいけどコメントなどコミュニティに活性化に一役買ってくれた人、とにかく強運の持ち主(笑)など。ありとあらゆる角度で、様々な人にスポットが当てられるよう設計しました。

アワードの内容について検討に検討を重ねた結果、用意した賞はなんと18種類!みの編でがっつりアウトプットをした人から、入会したばかりの人まで、あらゆる人が受賞のチャンスがある企画となりました。

一部の賞ですが、それぞれの設計意図などをご紹介したいと思います。


「一番コメントしたで賞」
忘年会前の2ヶ月間、箕輪編集室のFacebookグループ(各チームも含む)でもっとも多くコメントをしていた人に贈られる賞です。
コメントを積極的に行うことは、コミュニティの活性化に繋がるとても重要なポイントですよね。専門知識がなくても小さなアクションを積み上げることで、箕輪編集室へのインパクトは大きなものになります!(受賞者は氷上 太郎さん


「君いつもいるで賞」
箕輪編集室では、オンライン・オフラインともにあらゆる場所でイベントが行われています。こちらは、イベントに積極的参加していた人に贈られる賞。実際に足を運ぶ、顔を出すって本当に価値のあることですよね。まさに体を使ってコミュニティ活性に貢献した方が表彰されました。(受賞者は大澤 あつみさん


「関東だけで盛り上がってんじゃねーよ!賞」
“オンライン”サロンといえども、定例会などのイベントが頻繁に行われるのは首都圏が多く、関東に盛り上がりが集中してしまうのはどのサロンでも共通する課題だったりするかもしれません。そんな現象を逆手にとった賞です(笑)
忘年会に参加していた地方からのメンバー数で、該当するチームに贈られました。(受賞チームは中部チーム)


「レスポンスが一番速かったで賞」
極端なことを言えば、今日入会してそのまま忘年会に参加した人でも受賞できる可能性がある賞です(笑)。箕輪編集室のグループスレッドにレスポンス賞スレを立てて、そこにいち早く決められた言葉を入力した人に贈られました。
瞬間風速でビックウェーブに乗る力が試されました(笑)(受賞者は、伊藤ゆうこさん


「箕輪賞」
箕輪さんが選ぶ「箕輪さんに一番似ている人」に贈られる賞。ある種、“独断”というのは定量的な観点にはないその人“らしさ”のある賞になるので、あえてこのような賞を用意しました。(受賞者は駒月 麻顕さん


「MVP」
なんといってもこの賞は外せません。2018年、箕輪編集室にもっともインパクトを与えた人に贈られる賞。最強のクリエイティブ集団らしく、圧倒的に手を動かし、現在のみの編へ導いた大きな立役者は、やはり箕輪編集室MVPとして表彰したいという意図のものでした。(受賞者は前田高志さん)


ご紹介した賞はごく一部ですが、バラエティに富んだ賞がラインナップされていたということはイメージいただけたかなと思います。これだけの幅広い賞が成り立つのも、箕輪編集室ならでは。賞の大半が自選&他薦の立候補制だったのですが、候補者がバラバラでユニーク数が半端なく多かったです。

「箕輪厚介」という共通価値観で集まった仲間が、それぞれの居場所を見つけ、それぞれの思いを持って過ごす。それが箕輪編集室であり、その世界観が上手く表現できたアワードだったかなと思います。

これからも、多様な在り方を体現できる機会を作っていきます!

最後に、アワードの企画と運営を進めてくれたイベプロメンバー、本当にありがとうございました!

《アワードメンバー》
池田真緒
飯室 達也
Shiho Kawakami
平井裕也
惣島 厚
田中 里奈
吉乃菜穂

《初期設計・special thanks》
今井 寿亮

ーーーーーーーーーーーーー
■昨日 12/26(水)のみの編
―――――――――――――

学生チームでは12/27~29の3日間、岩手県で合宿(修学旅行)を行っています。1日目は宮城県仙台市で宿泊。茶道の体験をしたそうです。『メモの魔力』を携えて参加しているメンバーがたくさんいましたよ。

キャリアデザインチームではオリエンを実施しました。来月には初のイベントを控えているチームですが、スナックの開店など新しい企画もたくさん出てきています。MINOHENアワードでも【盛り上がりすぎで賞】を受賞したキャリデザチームに興味のある方はぜひ参加してください!

――――――――
■今後のみの編
――――――――
12/27(木)
[学生チーム]学生チーム修学旅行!〜岩手県への旅〜
[関東ボルダリング部]第4回みの編ボルダリング部
[ライターチーム]「書き起こし」ってなんだ?@ZOOM
12/28(金)[関西チーム]みの編フットサルin大阪
12/29(土)[関西チーム&リリプリチーム]MEET UPランチ会
12/30(日)[関東野球部]<初心者歓迎>第4回室内練習
1/5(土)[関西チーム]新年会&新歓@奈良古民家
1/10(木)[キャリアデザインチーム]人生を変えるガチキャリア講座
1/13(日)[中部チーム]『メモの魔力』読書会in三重
1/14(月)[リリプリ]リリプリ新年会

*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト/浅見 裕
編集/柴山 由香
昨日のみの編/荻原 茜

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
18
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

日刊みの編NEWS
日刊みの編NEWS
  • 1000本

箕輪編集室運営チームからのお知らせです。 ・今、箕輪編集室で勃発していること ・定例会や飲み会、一般参加OKのイベント情報 …などなど、みの編のあれこれを畳み人・運営メンバーがリレー式で書いていきます。 箕輪編集室に入っている人も興味があるけどまだ入っていない人も、これを読めばみの編マスターになれる…かも?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。