見出し画像

ブランド人になる3ステップ

今日、高校の同窓会?みたいなのがあるらしく、そこでOBとして話してくれと言われ、テーマがまじか?ダサ!
みたいな擦られ切ったテーマだったので、あえてもう一回考えてみた。

「自分をブランディングするとは?」
→終身雇用、年功序列が崩壊し、会社というのが絶対的存在じゃなくなったから、個人として名前を作らなきゃいけなくなった

→SNSみたいな個人の影響力を強くするツールが出てきたことでこの動きは加速。個人として名前がある人とない人は、実力以上の天文学的な差が生まれるようになった。

じゃあ、どうするか。
①圧倒的にやる
まず最初は無名。そこでSNSがどうとか言っても仕方ない。SNSという掛け算装置をやりながらでもいいが、まずは足し算で自分の力を上げまくる。地道。人が80しかやらないとこを1800くらいやるイメージ。さらに、現時点での力では出来ないことでも、出来ますとハッタリを周りにかまして期待を集めまくって強引に辻褄を合わせる、という綱渡りを繰り返す。これが10も100も積み重なると、実際に地力もつくし、周りからの評判が立ち、〇〇社といえば誰誰、〇〇業界といえば誰々。と言われ始める。

②外に出て行く
まず大前提として、個人の時代には上司や会社の評価ではなく、市場やお客さんからの評価のが大事。

———————

この先はミノ編で。たまーにコラム書いてるよ。今なら初月無料!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

58

#箕輪編集室 公式

『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

箕輪厚介 書き下ろしコラム

幻冬舎・編集者 箕輪厚介による書き下ろしコラムです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。