夕刊ミノ

お花見新歓で感じた関西チームの強み 【夕刊ミノ】関西チーム

こんばんは。箕輪編集室 関西チームの田之口 将也です。4月9日(火)の夕刊ミノをお届けします。

新歓イベントの「みの編 関西チーム新歓 みんなで花見しましょ」が、3月31日(日)大阪万博記念公園にて開催されました。

今回は、イベントに参加した僕が生で感じたことをお伝えしていきます。

関西チームのイベントに初参加!!

箕輪編集室に入会して2ヵ月目の僕は、今回参加した花見が初めての関西チームのイベントでした。初の顔合わせということで、緊張しながら集合場所へと向かいます。

すると、駅前のセブンイレブンの前に人だかりを発見...!

「お! いたぞ!」

まず最初に、僕の目に飛び込んできたのは、意気揚々と英語を話す軍パン姿のワイルドな男性(関西チーム初代リーダー トムさん)と、前髪ちょんまげ黒ずくめの男性(現リーダー 遠藤さん)が会話する姿でした。

「...こ、濃い。関西チーム、キャラが濃いぞ!」

これが僕と関西チームのファーストコンタクトでした(笑)。

関西チームにはお二人以外にも、「死ぬカスかるた」「ホリエモンかるた」を制作されている三好さんや「10代さいごの写真集」を制作されているみちるんさんなどがいらっしゃり、枠にはまらず多方面で活動されている方が多いです。

関西チームは特にクリエイティブで活躍している人が多い印象です! 気さくな方ばかりで、楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。

花見イベントに参加して感じた関西チームの強み

メンバーのみなさんとお話をしていく中で、僕は関西チームに2つの特徴があることに気がつきました。

それは、

・アイデアを考えてから実行するまでが異常に早い。
・誰のアイデアでも、チームの活動として全力で応援してくれる。

ということ。

実際に、新歓の最中に挙がった三好さんのアイデア「死ぬカスかるた 新バージョン作成」が、作成工程から販売場所まで全て決まってしまいました。その間わずか15分...!

さらに入ったばかりの僕にも、今回の夕刊ミノを執筆するチャンスをいただきました!

このようにしてチーム全員がアイデアを出し合い、協力してイベントを達成する。関西チームには強い団結力と、それを支える親しみやすいローカルな空気感があります。

そうして、新歓イベント「みの編 関西チーム新歓 みんなで花見しましょ」は盛り上がりのなか終了しました。

「得意なこと」や「興味」が形になり、チーム全体を盛り上げる

初めて関西チームのイベントに参加してみて、「自分も好きなことに没頭できるかもしれない!」と感じています。

各々のアイデアによって活動の幅を広げていく、箕輪編集室 関西チーム。
皆さんもぜひ、チームの一体感を感じてみませんか?

テキスト/田之口将也
編集/みちるん小川正康

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/