見出し画像

制作メンバーとして、ひとりのファンとして、思い入れの深い1冊 【夕刊ミノ】ライターチーム

こんばんは。箕輪編集室ライターチームのYUKIFUMIと言います! 7月30日(火)の夕刊ミノをお届けします。

今回は、みの編メンバーで作り上げた『戦略と情熱で仕事をつくる』の発売に合わせて、僕がこのプロジェクトに関わることになったキッカケをお話したいと思います。


『戦略と情熱で仕事をつくる』との偶然の出会い

僕は、初月無料キャンペーンの6月に入会しました。なので、まだお会いしたことない方もたくさんいらっしゃいますし、夕刊ミノを書くのも初めてです。

みの編に入って初めて関わったのも、このプロジェクトでした。「入会したはいいけど、スレばっかりで何したらいいか分かんねぇな...」と思っていたところ、偶然この企画についての投稿に巡り会いました。

オールみの編で本を作る話に興味を持ち、本で紹介するボードゲームの情報収集にすぐ参加しました。編集にもともと興味があったため、入会したばかりだけどすぐに行動しようと決めました。

実際にやってみると、締め切りが数日後というなかで何度もメールや電話をせねばらず、かなり大変でした。返信がなかなかいただけず、間に合うかヒヤヒヤした思い出もあります。だからこそ、ちゃんと返信をいただけた時は本当に嬉しかったです。


本格的な編集を体験できるコミュニティ

みの編は、本格的な編集を体験できる場だと思いました。「DTP」「台割」「校正」みたいな専門用語が普通に飛び交う環境ってなかなかないのではと思います。

編集に少しでも興味がある人は、ちょっとしたことからでも参加してみてはいかがでしょうか。

今回、「著者からデザイナーまで全てサロンメンバーで、1冊の書籍を作る」という大プロジェクトに参加できたのは、本当にいい経験になりました。予約した『戦略と情熱で仕事をつくる』が届くのがとても楽しみです。

ちなみに、松永本の製作に関わってから1つ嬉しいことがありました。7月10日に開催された代官山蔦屋のイベントに参加したら、なんと松永さんが隣の席に! 自分が関わっていた本の著者と直接お話しできて、さらに名刺交換までしていただくという幸運に恵まれました(笑)。

最後、ただの1ファンになってしまいましたが、それくらい思い入れの深い本です。これからの時代を生きるヒントがつまった本となっていますので、ぜひ手に取ってみてください!


『戦略と情熱で仕事をつくる』出版記念イベント!

著書『戦略と情熱で仕事をつくる』の出版を記念したイベントが、都内3会場で開催されることが決定しました! ボードゲームソムリエである松永さんがオススメするボードゲームを体験できるイベントもありますので、ぜひ一緒に楽しみましょう♩

8月5日(月)@BOOK LAB TOKYO

8月10日(土)@青山ブックセンター本店

8月22日(木)@代官山 蔦屋書店

(募集は近日開始します)



テキスト:YUKIFUMI
写真:惣島厚
バナー:松儀愛侑

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/