見出し画像

【日刊みの編NEWS】箕輪編集室は経験の総量を増やせる場

おはようございます、箕輪編集室運営の柴山由香です。12月31日(月)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

2018年、最後の日。箕輪編集室のみなさんは、どんな風に過ごされているのでしょうか。今月発売された、 前田 裕二さん著『メモの魔力』の巻末にある「1000本ノック」に挑んでいる人もいらっしゃるでしょうか?
まだお手元にない方のために、念のために貼っておきますね!

箕輪編集室のこの一年

去年の今ごろ、箕輪編集室はどうだったかなと思い返してみるととんでもなく変化していることを実感します。
去年の12月の時点では、箕輪編集室のメンバー数は200人にも達していませんでした。

1月の終わり頃から、箕輪編集室の人数は急激に増えていきます。きっかけは箕輪さんの「ガチゼミ」宣言からでした。これに呼応する形で新規募集の枠を積極的に開けるようになり、枠を開ければ瞬殺で埋まる状況が続き、あっという間にメンバー数が増えていきました。

その後、この「ガチゼミ」が一回しか開かれなかったことは、ある意味伝説になっています(笑)
余談ですが、「ガチゼミ」としては開かれなくても、箕輪さん編集の本やご自身の著書『死ぬこと以外かすり傷』の制作過程を惜しまずサロン内で公開してくれることで、箕輪さんの編集術に触れるチャンスは実はいくらでもあるのです。

去年と、今と。箕輪編集室では人数も、手がけるプロジェクトも大きく変貌を遂げてきました。この一年で、箕輪編集室がメンバーにもたらしてきたものとは一体何だったのでしょう。

「タコわさ」を知り、味わう機会が異常な数ある場所

前述の、 前田 裕二さん著『メモの魔力』の中に、「タコわさ理論」というものが出てきます。引用します。

人が何らかの対象に、「好き」という気持ちを向けたり、「こんな風になりたい」という気持ちを抱くのは、原則として、経験が多大に影響しています。経験していないこと、知らないことは、「やりたい」と思うことさえできないのです。であれば、経験の数自体を増やして、「やりたいこと」を見つける確率をあげましょう。

(前田裕二『メモの魔力』 126ページ)

箕輪編集室に惹かれて入ってきてくれる人の中には、もちろん具体的に「〇〇がしたい」という目的を持っているもいます。ただただ共感できる仲間が欲しい人もいます。同様に、「何者かになりたいけれど、何かがわからない」「やりたいことが見つからない」という人もいます。

『メモの魔力』を読んで確信したこと、それはオンラインサロンは経験の総量を一気に増やすことができる場であるということです。中でも箕輪編集室は、その点において異常値を叩き出していると言えます。

「編集室」を名乗りながら、手がけるプロジェクトは書籍の編集に関わるものだけではありません。ライティング、編集はもちろん、動画、写真、デザイン、など多岐にわたるチームがあり、実際に市場に出るプロダクトに関わることができます。
サロン内には熟練者が非熟練者にスキルシェアをする文化が醸成されているので、ほとんどの講座に無料で参加することができます。(一部、会場費がかかるものがあります。)

目に見えるクリエイティブだけではありません。コミュニティデザインやイベントプロデュースにも携わることができます。また、「女性」「学生」「地方」という切り口でチームに所属し、多様な生き方をしている仲間と出会い、情報を得ることもできます。

「タコわさ」の存在を知り、それを味わう機会が箕輪編集室には異常な数あるのです。

変わらぬ軸を守りながら、変わり続けることをやめない

箕輪編集室はすでに「何か」を見つけている人には、実際に手を動かす場を与えてくれる場でもあります。手を動かして生み出したものは、みんなの手で拡散され、信用が溜まっていきます。
何も見つけなくて良い人にとっては、素晴らしい仲間と出会え、語り合える場でもあります。

この一年をかけて、ごりごりやることも、安心・安全の場を作ることも両立して来られたのは、それぞれ熱量を持って取り組んできてくれたリーダーたちの存在があったからこそ。
大きなコミュニティになっても、いつまでもさわやかであたたかい空気に包まれているのも、もう退会されている方も含めて所属してくれたひとりひとりが使う言葉や表現に気をつけ、お互いを尊重する姿勢でいてくれたからこそ。

来年も、箕輪編集室はその軸を決して失わずに、さらに変わり続けることをやめないのでしょう。

ーーーーーーーーーーーーー
■昨日 12/30(日)のみの編
―――――――――――――

デザインチーム初の部活「グラレコ部」ができました!部長ははまみさんです。はまみさんは女性チーム(リリプリ)のイベントをまとめてくれたりしているのですよ!グラレコ部は未経験者でも入ることができますので、ぜひデザインチームを覗いてみてください。

キャリアデザインチームで1/10に開催する「人生を変えるガチキャリア講座」の申し込みがあっという間に残り5枠となっています。2019年に新しいスタートを切りたいと考えている人にはぴったりのイベントです。ぜひ早めに申し込みをしてくださいね!

――――――――
■今後のみの編
――――――――
1/5(土)[関西チーム]新年会&新歓@奈良古民家
1/7(月)[学生チーム]新入生PJ 第二回MTG@ZOOM
1/7(月)-10(木)[PRチーム]迎春ZOOM新年会、連続開催
1/10(木)
[キャリアデザインチーム]人生を変えるガチキャリア講座
1/13(日)[中部チーム]『メモの魔力』読書会in三重
1/14(月)
[中部チーム]名古屋においでよ、あっちゃん歓迎会!
[リリプリ]リリプリ新年会
1/22(火)[PRチーム]Instagramみの編公式中の人が教える投稿の作り方

*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト/柴山 由香
昨日のみの編/荻原 茜

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

日刊みの編NEWS
日刊みの編NEWS
  • 944本

箕輪編集室運営チームからのお知らせです。 ・今、箕輪編集室で勃発していること ・定例会や飲み会、一般参加OKのイベント情報 …などなど、みの編のあれこれを畳み人・運営メンバーがリレー式で書いていきます。 箕輪編集室に入っている人も興味があるけどまだ入っていない人も、これを読めばみの編マスターになれる…かも?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。