見出し画像

『夕刊ミノコネット第5号』【夕刊ミノ】みの校チーム

こんばんは。箕輪編集室のしょうごです。11月4日の夕刊ミノをお届けします。

みの校生向けインターン創出プロジェクト“Mino-Connect(以下、MC)”についての情報発信をしていく「夕刊ミノコネット」。

今回は、インターン生の活動報告と、10月31日に行われたクロストーク企画、そして今週の「ミノコラム」をお届けします。

MCについては、以下の夕刊ミノでMCの全体像について記事を書いていますのでそちらをご覧ください。

それでは第5号いってみよー!

ラブソルインターン生の日常

MCインターン第2号となった合同会社 LABOUSSOLE(ラブソル)でのインターン。
みの校からは、ぴのさんしおんさんの2人が、インターン生として働き始めています。
そんな2人は、日々どんな業務を行っているのでしょうか?
ツイートを見ていきましょう!

ぴのさんは、インターン初日から、早速取材に同行し、インタビューを行ったそうです。初日からインタビューを任されるなんて、インターン生は、大きなやりがいを感じますね。

ぴのさんは、インターンを始めて1週間の想いをまとめたnoteの発信や、グラレポにも挑戦されています。積極的にアウトプットしていく姿勢がとても素晴らしいです!

もう1人のインターン生であるしおんさんは、留学先のイギリスからの、フルリモートインターンという新たなチャレンジを行っています。

早速、お仕事もいただいたみたいです。

しおんさんも、インターンをする中での想いをnoteの記事として発信しています。
しおんさんの、真っ直ぐで熱い想いが感じられるnoteとなっていますので、是非読んでみてください。

みの校生に対して、このような素晴らしいインターンの機会を提供してくださっているラブソルさんに、改めて感謝申し上げます。

Newみのゼミ オープニングフェス開催!

10月31日に、Newみのゼミ開講を記念して、講師であるトムさんもぬさんによる、クロストークイベントが行われました。

テーマは「学生時代の過ごし方」についてというものでしたが、話は、サーフィンの話だったり、バンドの話だったり、その内容は多岐に渡りました。
僕個人の感想としては、「いかに学外に出て社会と交わるか?」が、お2人の話に共通していた、大学時代を有意義に過ごすコツなのかと感じました。
イベント当日は、ハロウィンということもあり、みんなで仮装や背景をアレンジしてイベントを彩りました(笑)。

Newみのゼミは、
とむさんコース👉11月7日(土)
もぬさんコース👉11月16日(月)
からのスタートです!

なにやらとむさんコースでは、事前課題も出されてるみたい、、、

ミノコラム(わかぽん)

前号から始まった、運営メンバーのコラムコーナー。
今回は、みの校リーダーでもある若海雄貴こと、わかぽんのコラムです。
これを読んだ後は、ある曲が聴きたくなること間違いなしです。

誰もが誰かの光

ちわっちわ! 今回のコラムはみの校リーダーの私、わかぽんが執筆させていただきます!

今回のタイトル『誰もが誰かの光』というのは僕が大好きなシンガーソングライターmiwaの『We are the light』という楽曲の歌詞の1部です。

僕はこの曲、そしてこの『誰もが誰かの光』というフレーズが大好きです。

みの校のリーダーに就任してから約半年経ちますがリーダーになれたてのころというのはとても孤独だなと感じていました。「全てを1人でやらなければ。なんで自分が1人でこんなにも辛いことをやらなきゃいけないんだ。自分は1人なんだ。」1人暗闇の中に落ちたようでした。

そんな時、何気なくイヤホンから流れて来た曲が『We are the light』です。

『意味のない痛みなんてないひとりぼっちじゃない』

『孤独にさいなまれてもひとりぼっちじゃない』

『今を生きてつまずいても見える星を数えよう』

少し顔を上に向けるとそこには僕を支えてくれる仲間や、一緒に走ってくれる仲間がいました。それに気づけなかったのは僕が下を向いていたからです。

どんなに辛い状況にあって暗闇に落ちたように感じても少しだけ顔を上げて周りを見渡してみてください。そこにはあなたを照らしてくれる仲間がいます。光があります。

今、この世界では本当に孤独で暗闇に落ちるということはないのではないでしょうか。どれだけ暗闇の中にいると感じてもあなたの周りには明かりがあります。あなたを照らしてくれている光です。そしてあなたも誰かから見ればその明かり、光のひとつになっているんです。意図しなくても誰かの明かりに、光に、そして希望になっています。

つまり誰もが誰かの光になっているんです。

あなたが誰かに救われるようにあなたも誰かを意図せずに救っているのです。いらない人なんていないんです。あなたもこの世界を照らす光のひとりなんです。

そう私たちは光。

We are the light

世界はみんなが思ったより光で満ち溢れているはずです!

さていよいよNewみのゼミの開催もあと数日となりました! みのゼミはもちろん他の事でも大変なことや辛いことがあるかもしれません。でも大丈夫。あなたはひとりじゃないよ。あなたの周りは光に溢れているから少し顔あげてみてくださいね!

ではまた会いましょう!

あ、miwaの『We are the light』忘れずに聴いてね!

おわりに

いかがでしたか?

MCとして準備を進めてきた、インターンが実際に始まったり、今週の土曜日からはNewみのゼミも開講します。
これからも箕輪編集室メンバーにとって、価値のあるプロジェクトになるように運営一同で力を合わせていきます。


「MCのこんなことが知りたい!」
「うちの会社でみの校生にインターンしてもらいたい!」
等ございましたら、若海雄貴までお知らせください。

来週も乞うご期待!

テキスト/しょうごわかぽん
編集/清水えまい
バナー/SHION

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 524本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。