見出し画像

超速で行動し、成長し続けろ! ミノーズブートキャンプ13期生募集中!  【夕刊ミノ】PRチーム

こんばんは。箕輪編集室PRチームのまりおです。5月26日(火)の夕刊ミノをお届けします。

突然ですが、あなたは『ミノーズブートキャンプ』を知っていますか?

ミノーズブートキャンプとは、箕輪編集室の公式Twitter(通称“公式さん")を運用しながら短期間(2ヶ月間)で“圧倒的成長”を目指すプログラムのことです。「Twitterでの発信力を高めたい」「みの編の魅力を伝えたい」という想いはあるけれど、どう行動していいか分からないと感じているメンバーを毎月募集しています。

今日は、2020年5月より”ミノーズブートキャンプ12期生”として活動している4人のメンバーが、気になるブートキャンプの ”あれこれ” を語っちゃいます!

<ミノーズブートキャンプ12期生>
りなことべちゃんこーじ まりお

それではどうぞ!!

Q1.ミノーズブートキャンプに参加した理由は?

りなこ:みの編に入ってから、箕輪編集室公式Twitterアカウントの温かいツイートに心を動かされてきました。ミノーズブードキャンプは圧倒的に成長できる場だと聞いていたので、時間がたくさん使える今がベストだと思って応募しました!

とべちゃん:みの編に入会したばかりだったので、みの編全体を知って楽しみたいと思っていました。ミノーズブートキャンプではその願望が実現できると思ったので、応募しました。

こーじ:以前から「物事を伝える力・説明力をつけたい」と思っており、ミノーズブートキャンプにはいつか入隊しようと思っていました。4月末にみの校のリーダーを辞め、時間に余裕ができたタイミングだったので、即応募しました。

まりお:公式さんの活動は、みの編メンバーの活躍を応援したり、魅力を伝えたりすることです。入会したばかりの私でも貢献できると思って応募しました!

みんなそれぞれ、「何かやりたい!こうなりたい!」という意思があったみたいです。

Q2.実際に活動してみて、どうだった?

りなこ:「どう返したら喜んでもらえるかな」「どう引用したら見てもらえるかな」と考えるのが楽しくて、投稿する時に顔がにやけてる自分がいます(笑)。一方で時間の使い方が難しくて、これまでなんとなく生きてきた自分にとっては、かなり試練がありました。最近はうまく折り合いをつけられるようになった気がします。

とべちゃん:ブートキャンプは「相手の心に刺さる言葉が何なのか」を単語レベルで考える経験の連続です。大学生活と両立しながら試行錯誤を繰り返しているので、楽ではありません。しかし、得られるものが大きく充実した生活を送れています。

こーじ:自分は途中入隊だったので最初は不安でしたが、自分から手を動かしているうちに楽しめるようになりました。自由に楽しめる環境が整っていて、とても勉強になる毎日を過ごしています。

まりお:「どうやったら良さが伝わるかな?」と考えた投稿に対して、フォロワーさんの反応が見られるだけでなく、ブートキャンプの先輩から具体的なフィードバックが返ってくることがすごく嬉しいです!

日々の活動を通して、伝え方や魅せ方など、みの編やTwitter以外でも役に立つ大切なことを日々学んでいます。

Q3.生活への変化はあった?

りなこ:自分がTwitterを使う時や友達と話す時など、あらゆる場面で相手へ寄り添う気持ちが生まれるようになりました。また、自分に向き合う時間も増えたので、自分の特性を改めて考えたりして、自己嫌悪に陥らずうまく乗り越えられた気がします。

とべちゃん時間のマネジメントが格段に上手くなりました。いかに無駄な時間を減らして、どのようにプライベートな時間や休憩時間をとるのが適切なのかを考え、すぐに行動に移すようになりました。

こーじ:生活リズムが良くなり、時間の使い方がとても変わりました。うまく隙間時間を見つけ動くことができるようになりました。タイムマネジメントが苦手でしたが、「この時間にやる」と決めることで集中力は増した気がします。

まりお:やりたいこと、やるべきことへの時間を割くために、時間の使い方が丁寧になったと思います。

Q4.最後に、今後の意気込みをどうぞ!

りなこ:まだまだ自分の活動には納得できてないので、今後もより一層頑張っていきたいです。13期生が入ってきたら、自分がブートキャンプに入ったばかりのことを思い出して寄り添いたいです!

とべちゃん:みの編内外に関係なく、1人でも多くの人の心に刺さるメッセージを発信し続ける人間になります。

こーじ:1ヶ月が過ぎ、今後は教える立場へと変わりますが、今回の経験を生かして楽しみたいです。さらにミノーズブートキャンプが進化し、新しい公式さんが生まれていくように、残り1ヶ月間頑張っていきたいです!

まりお:公式さんがより一層輝いていけるように、次の1ヶ月もどんどんチャレンジしながら発信していきたいです!

ミノーズブートキャンプ13期生、絶賛募集中!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

6月からは、13期生と一緒にみの編を盛り上げていきます。

「何かしたい」「成長したい」と思っている方、興味を持ってくれた方は、ぜひ一緒に活動しましょう!

13期生はPRチームで5/27(水)まで募集しています。皆さんお待ちしています!

テキスト/まりお
編集/竒藤 宏こふら
バナー/りなこ 

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
19
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 481本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。