【日刊みの編NEWS】みの邸の年末年始
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【日刊みの編NEWS】みの邸の年末年始

おはようございます。箕輪編集室みの邸チームサブリーダーの梅野さなたです。1月12日(火)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

みの邸は、みの編メンバーだけが住んで泊まれるシェアハウスです。現在は東京の谷在家と糀谷に2棟あります。

ちなみに僕は谷在家に住んでいます。

年末年始、コロナウイルスの影響もあり実家に帰られる方はおられず、みの邸の住人はみの邸で年を越しました。

共用スペースでカウントダウンをひっそりとしてお正月を迎える年になりました。

住人間で今年もよろしくお願いしますと新年になってすぐ挨拶ができたことで、ちゃっかりと新年気分は味わうことができました。

元日の朝になると、おとなりの住人さんのご家族がおせちやらエチケット用品やらを届けに来ていて、配達業者並の接触で新年の会合を済ませていました。

そのときのエチケット用品はみの邸の共用スペースにも分けて置いてくれています。

画像1

画像2

見るたびに家族愛をふわりと感じてしまいます。

みの邸でそういった住人それぞれの家族との様子を垣間見て、想いやることが離れることというご時世であるのだと身に染みた、とても考えさせられるお正月になりました。

そして、また僕が上京するときにみの邸を選んでよかったとも思いました。暮らしだけでなく、相談したり、どうでもいい話を聞いてくれたりする、理由の要らない人たちが周りにいることはとても大事なことだと思えたからです。

新年も生きていければと思います。

それでは、みの邸谷在家からでした。

***

テキスト / 梅野さなた

***

公式Twitter
公式Instagram

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/