見出し画像

第21回 超教養格差時代の生存戦略

★この記事は単品でも購入できますが、月額マガジン『編集2.0』内にも含まれています

最先端と普遍を兼ね備えた“知の巨人”

末吉:今回は箕輪さんがハマっている落合陽一さんについてお話を…。

箕輪:あー、落合さん。

末吉:天才だと。

箕輪:あー、ハマっているというか、昨日ハマったんだけど。

設楽:昨日?(笑)

箕輪:いやー、彼はほんと“知の巨人”ですね。

設楽:みんなが言っていることですよね(笑)。

箕輪:ほんとに本物。本物オブ本物だね。それ以上何も言いようがないなー。

設楽:何時間ぐらい(『日本再興戦略』出版のための)インタビューしてたんですか?

続きをみるには

残り 3,031字
この記事のみ ¥ 600

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?