見出し画像

【夕刊ミノ】コミュデザチーム「ミノンで感謝を送り合おう!」


こんばんは。箕輪編集室コミュニティデザインチームのじゃがさんです。11月8日(木)の夕刊ミノをお届けします。

突然ですが、feverというサービスをご存知ですか?
知らないという方はぜひこちらも併せて読んでみてください♩


箕輪編集室では、feverを使ってメンバーみんなでコインと共に感謝のコメントを送り合っています。
(「箕輪」にちなんで、送り合うコインを「ミノン」と名付けています)


feverについてもっと知ってほしい! 箕輪編集室のメンバーにももっと活用してほしい! そんな想いから今回は、最初のアカウント登録から手取り足取り説明していきます。


①アカウント作成

まず、URLからfeverにアクセスします。

右上にある「ログイン・新規登録」というボタンをクリックします。

すると、以下のような画面が出てきます。

箕輪編集室のメンバーは、「Facebookでログイン/新規登録」をクリックして登録してください。
*箕輪編集室がFacebookのグループを使ったコミュニティなので、メンバー管理の都合上、同じアカウントを使っていただくことにしています。


②fever上で、コミュニティに入る

feverには様々なコミュニティがあり、オンラインサロンのメンバーであれば入ることができます。

箕輪編集室のメンバーは、fever上にある箕輪編集室のコミュニティに入ることができます。詳しくは、Facebookグループ「箕輪編集室」にあるミノンについての投稿を確認してみてください!

③入会申請の承認を待つ

入会申請が完了したら、担当者が近日中に承認します。

箕輪編集室では、ファーストミノンとしてミノン30枚が支給されます。

④ミノンを送ってみよう!

プロフィールの「コミュニティ」から、所属しているコミュニティを選択します。「コインを贈る」ボタンから、宛先や枚数、コメントなどを入力すると、ミノンを贈ることができます。

*アクティビティを見ると、贈れているかどうか確認することができます。


最後に、どんなときにコインを送るか、活用例を紹介します!

活用例1:感謝を伝えよう!
進めてるプロジェクトで誰かが助けてくれたりしたら、ありがとうの気持ちを添えて伝えましょう! 手持ちコインに余裕がある人は、39(サンキュー)枚贈るのも粋です。

活用例2:オフラインイベントお疲れ様!
オフラインイベントで仲良くなった人に顔と名前を一致させてもらうため、
帰りにミノンを送っておくと覚えてもらえます。

活用例3:遊びやイベントのお誘いを!
アクティビティを見てみると、「今度飲みに行きましょう!」「イベントにぜひ来てね!」などのメッセージもあります。それをきっかけにメンバー同士の接点が増えたらいいですね。


ぜひfeverを活用してみてください!

箕輪編集室の皆さん、ミノンを送りましょう!


テキスト/じゃがさん
編集/橘田佐樹

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
13
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 504本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。