見出し画像

熱狂する人たちに乗っかれ! 【夕刊ミノ】中国四国チーム

こんばんは。箕輪編集室 中国四国チームのけいちゃん(清水佳子)です。8月3日(土)の夕刊ミノをお届けします。


先日、中国四国チームの徳島支部でオフラインでの新歓が開かれました。

せっかくですので、地方チームならではの記事を書いてみたいと思います。


地元を盛り上げたい!

私は地元の徳島で、子育てをしながら働いています。地方に住んでいる多くの方々は地元を盛り上げたいという気持ちを抱いてます。私もそのうちの一人で、その気持ちはどんどん大きくなっていました。

昨年に “阿波踊りの内輪揉め騒動”(徳島で開催されたイベントのラストを飾る「総踊り」について、阿波踊り実行委員会の徳島市長が「中止」宣言をした件)が起きました。

ここで「何もせずにじっとしていられない!」と、焦りにも似た気持ちが私の中で湧きあがります。

しかし、それとは裏腹に「何をしたらいいのか...」「どんな行動を起こせばよいか...」「仲間を集めるためには...」と分からないこともたくさんありました。

それでも少しずつ行動しているうちに、いろいろなご縁が重なり、今年5月に箕輪編集室へ入会することになりました。

箕輪編集室への入会をきっかけに、ママ友以上の深いつながりを持てた友人ができました。私は、「大好きな地元をもっと盛り上げたい」という思いが、その友人と共鳴したんだと(勝手に)思っています。


熱狂する箕輪編集室とメンバー

箕輪編集室に入会すると、「これでもか!」というほど多くの企画やイベントに圧倒されました。思いや情熱を乗せて走りまくっているメンバーを見て、さらに驚きが増します。

中国四国チームでは、阿波踊りイベントへ向けて一直線でした!

みの編浴衣(箕輪編集室特製の浴衣)や、イベントまでのTwitterカウントダウン、Zoom(オンラインミーティングアプリ)での阿波踊り練習、オンライン・オフラインでの懇親会など、多くのイベントがすでに立ち上がっていました。私も超特急で走っている皆さんのところに飛び乗らせていただきました。


集いこそ無限の可能性

どんなに強い思いがあっても、モチベーションの上下は必ずあります。自分の熱量が下がっていても他の人はMAXだったり、あるいはその逆だったりすることもあるでしょう。

箕輪さんは次のように言います。

「風呂敷を広げること、風呂敷にいっぱい荷物をのせること、そして風呂敷をたたむこと。これらのことを一人でやるとものすごく大変だけれど、みんなでやると楽しいし、当たり前かもしれないけど大変さも減るよな」

私のキャパシティを考えると、すべてをこなすのは無理です。
正直に言ってしまえば、人がスタートさせたことに乗って一緒に楽しみ、盛り上げる方が私にはピッタリだと思っています。

オンラインサロンの使い方や関わり方は人それぞれです。
一人で物事を進めていく人、皆を取りまとめる人、私のような皆に乗っかる人など、様々な人たちが集まって何かに熱狂できるのはチームの強み、利点とも言えるでしょう。

入会してひしひしと感じていることは、「思い」が共鳴すると形になって走りだし、人や物事を引き寄せるっていうことです。

その「思い」は掛け算になるともっとおもしろいし、熱狂しているなら何でもいいのかなと思います。

熱狂のコラボレーションが無限に箕輪編集室には溢れていて、そこから新しいものが次々と生まれていくんだろうと、私自身とてもワクワクしています。

ワクワクしてる母ちゃんの姿、子どもたちに見せておきたいしね。


テキスト:けいちゃん(清水佳子)
編集:武内孝太堀田祥

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 511本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。