みの邸宿泊レポート! 住民のあたたかさに・・・【夕刊ミノ】遊びチーム
見出し画像

みの邸宿泊レポート! 住民のあたたかさに・・・【夕刊ミノ】遊びチーム

こんばんは。箕輪編集室(以下、みの編)遊びチームのカズキ・ロマーノです。6月23日の夕刊ミノをお届けします。

先日、初めて「みの邸」に宿泊しました!

みの邸とは、みの編に所属している人なら誰でも無料で宿泊できるシェアハウスのこと。東京都足立区谷在家と大田区糀谷の2ヶ所にありますが、今回は谷在家のみの邸へ!

今日の夕刊ミノでは、みの邸の実体や住んでいる人の雰囲気など、初めてみの邸に宿泊した僕の感想を包み隠さずお伝えします。

みの邸のここがすごい!

「みの邸」をご存じでしょうか? 僕はみの編に約2年所属しながらも、知ったのはつい最近。

まず、初めて宿泊した僕が感じた、みの邸(谷在家)の素晴らしいところをお伝えします。

1.駅近はもちろん、コインパーキングや公園、スーパー、コンビニエンスストアなど、徒歩圏内でなんでも揃う!

僕は車で行ったので、近くにコインパーキングがあるのは非常に嬉しいポイント! コンビニエンスストアにスーパー、公園も徒歩7〜10分圏内にあるので、利便性は抜群です。

2.とてもきれいな室内と充実の設備

白を基調とした内装にシンプルな家具。泊まりに行くと、一人ひとりの部屋が用意されています。部屋にはベッドに冷蔵庫、テレビ等、至れり尽くせり!

3.プライベートとパブリックの絶妙なバランス

部屋には鍵がかけられるのでセキュリティはばっちりです。プライバシーが守られる個人の空間がありつつ、人がいる温もりを感じられるので、寂しくありません。この設計は素晴らしいな、と感じました。

minohen夕刊20210623 画像

4.みの邸住民のあたたかさ

何よりもお伝えしたいのはみの邸住民のあたたかさ! みの邸のことをほとんど知らないままお邪魔した僕にとっては初めて会うメンバーばかりでしたが、とても親切にしてもらいました。

夕方くらいに到着して数時間後、夕食の前にはすっかり打ち解けることができました。本当に楽しく、安心して滞在することができました。

たった1日のみの邸宿泊でしたが、あたたかい住民のみなさんに囲まれて思った以上に充実した時間を過ごすことができました。初めての人、一人暮らしやシェアハウスの経験がない人でも、絶対に楽しめること間違いなしです。

みの邸に住みたくなりました!

最近では、大学の授業がオンラインになったり、リモートワークをしたり、気づいたら誰とも話さずに2〜3日過ぎている・・・なんてこともあるのではないでしょうか?

また、見ず知らずの人と一つ屋根の下で暮らす一般的なシェアハウスは、なんとなく落ち着かない・・・という話も聞きます。

もしみの邸に住んでいれば、住民はみの編メンバーなので、全く知らない人ということはなく、共通の話題があります。そのため、住み始める時も安心で、ひとたび住み始めれば孤独を感じることはありません。

通っている大学が谷在家のみの邸から近い僕は、チャンスがあればここに住みたい! と思わずにはいられない、みの邸宿泊でした。

糀谷のみの邸では、最初の3ヶ月の家賃が4万円になるU25プランというキャンペーンをやっています。(2021年6月現在)

みの邸の存在を知っていながらも、実際に利用したことがない人は多いのではないでしょうか? それは本当にもったいない!!

この記事をきっかけに、一人でも多くの人がみの邸に興味を持ってもらえると嬉しいです。


テキスト・撮影/カズキ・ロマーノ
編集/高橋千尋
編集・バナー/清水えまい
校正/黒羽大河

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/