見出し画像

【日刊みの編NEWS】信じて任せてみることで、みんなと成長していく

おはようございます。箕輪編集室運営のほりぴです。10月19日(金)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

昨日は、大阪で箕輪さんと前田さんのトークショーが開催されました!

ここのところ精力的に地方を回っている箕輪さんですが(ちなみに今日からは海外遠征です!)、先日10月6日には仙台で[北海道・東北チーム]主催の講演会が開催されました。

『死ぬこと以外かすり傷』出版記念として仙台に来ていただいた講演会。箕輪さんの講演会は西日本では頻繁に開催されているものの、なぜか北日本での開催は少なく、箕輪さんが白河の関を超えたのは6月以来のことでした。

そんな今回の仙台講演を通じて、感じたことがありました。それはすべてを自分自身でやってしまわずに、メンバーに任せることの大切さです

ぼく自身が箕輪さんの講演会に運営として携わるのは、今回が3回目。

箕輪さんが地方を回り始めるきっかけとなった1月19日の静岡での講演会のあと、次に福岡で講演会を主催したのがぼくです。その時は、会場の下見や予約、ランディングページを作っての集客、箕輪さんの交通手配、出迎え、講演会でのモデレーターなど、もちろんまわりの方々に手伝ってもらいつつも、ほぼ一人で行いました。

ぼくは「自分でやったほうが早い教」の信者です。笑

良くも悪くも自分自身でやった方が早くできるし、正確にできると考えてしまいます。なんでもやってみることで、多くの成長の機会を手にしてたきのは事実なのですが、その分他の人の成長の機会を奪っていたのかもしれません。

多くのことは結果がすべてであり、そつなくこなすのがいいと考えてしまうので、これまでは自分でやるという選択肢を取ることが多かったです。しかし、今回の仙台講演会では自分自身が関東にいるということもあり、事前準備から当日の動きまでの多くを仙台のメンバーさんに頼ってみることにしました。

プレーヤーというよりもマネージャーのような立場で携わった今回。ぼくが関知していない情報もあり、正直不安に感じることも。しかし、講演会は無事に終了し、参加した方のつぶやきからは会が好評だったことが感じられました。

この講演会を通し、運営してくれたメンバーから箕輪編集室の運営としてのこれからの自分の立ち回り方を教えてもらった気がしています。

また、今月足立区にできたみの邸。

これも設立まではゆかさんなどの協力を得ながらも、ぼく自身ができる意志決定や工事業者との立合いなどはすべてこなしました。これまでに経験のないような「法律」や「契約」の知識や実務。不動産会社の方と知り合いだったこともあり、パワープレイで進めたと言ってもいいかもしれません。

10月に入って順次入居者さんが入り始め、今後はみの邸内部のマネジメントをしっかりしないとだなと考えていたのですが、ぼくの想像以上に入居者の方々がみの邸のことを考えて行動してくれているんです。まだ1ヶ月もたたないのに、すでに自走を始めてくださいました。

メンバー同士で作戦会議をしてくれたり、役所での手続きの情報共有や周辺マップの作成を行ってくれています。ロゴを作ったり、夕刊を書いたり、新しい入居者を増やすための施策を考えたりと外向けの発信も考えてくれています。それも、ものすごく楽しそうに!

ここでも、ぼくは信じて任せることの大切さを感じました。

ぼくはものすごく野心に燃えるようなタイプではないのですが、22歳の大学生として、今後のためになる成長の機会はどんどん手にしたいと考えています。だから、自分でできることは自分でやってしまいたい。

ただ、箕輪編集室の運営としてはメンバーさんの活躍の場を増やしたいし、ぼくがそこを奪いたくないし、そんな機会をもっとたくさん提供したいと思っています。

リーダーや運営をやっていると、マネージャーやプレーヤーとしての立ち振る舞いの違いに悩んでしまう人もこれまで見てきました。どちらにも良さがあり、答えなどないのですが、ぼく自身はプレイングマネージャーとしてやっていこうと思っています。

現場や地方の声を聞くためにはプレーヤーとしての動きも大事だし、メンバーさんの活躍の場を増やすためにはマネージャーとしての視点も大事。どっちもおろそかにしたくないし、メンバーさんの力を借りればそれも可能だということに気づかせてもらいました。

こんな大きなコミュニティをマネジメントできる機会は、とても貴重。

今後も楽しみながら、ぼく自身、そして周りの方々に多くの成長の機会を提供していきます!

ーーーーーーーーーーーーーー
■昨日 10/18(木)のみの編
――――――――――――――
コラムの冒頭にも出て来ますが、昨夜大阪のスタンダードブックストアで箕輪さんと前田さんのトークが行われました!会場は超満員だったようです。

箕輪さんとみの編メンバーのトーク。先日のCAMPFIRE COMMUNITY FESTIVALでもありましたが、やっぱり感慨深いものがあります…。
今はそんなこと、想像もできないというあなた。前田さんもタカオミも、一年前には想像していなかったことなんですよ!

関東チームリーダーのゆきえさんは、今もコツコツと書店まわりを続けています。書店さんとのつながりを大切にしていて、このあと関東でも複数の書店さんに「箕輪パネル」が登場しますよ!
イベントも立てられる予定なのでパネルの納品から設置、設置後の「箕輪参り」まで、みんなでお祭りしましょう♡

立ち上がったばかりの「就活・転職チーム」は、みの編メンバーのキャリアデザインに大いに力を与えてくれそうな期待のチーム。どう生きるか、はすなわちどう働くか、でもあります。

これからチームをどうしていくか、コミュニティデザインチームの「チーム活性し隊」とともにZOOMミーティングが行われました。
これが行われると、ぐんとチームが元気になるんですよね。そのうち、他のコミュニティからも相談が舞い込みそうな勢いです。

関東チームの今後のイベントスレが更新されました。日刊で拾いきれない予定は、ぜひチームのスレでご確認ください。

――――――――
■今後のみの編
――――――――
10/19(金)
[イベプロチーム]「プロジェクトマネジメントの極意」オンライン講座
10/20(土)
[エンジニアチーム]第三回Progateイベント(既存も新規も大歓迎)
[イベプロチーム]オリエン
[関西チーム]大阪ぶらり撮影会
10/23(火)
[ライターチーム]編集者・ライター実践ゼミ第一回:乙丸益伸
[デザインチーム]オリエン+第3回デザイン道場フィードバック
10/25(木)[関東チーム]ストレングスファインダー入門編!
10/28(日)[関西チーム]動画編集勉強会!
10/29(月)[イベプロチーム]EVENT PRODUCE TEAM PARTY
10/30(火)[コミュデザ×ライター]懇親会
10/31(水)*新入会員「同期」飲み!
*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト/堀 基晴
編集/柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

Three  Doors Magazine
Three Doors Magazine
  • 16本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。