見出し画像

【夕刊ミノ】関東チーム「みの編のスポーツイベントを舐めてはいけない。体も頭も動かすイベントだった」

こんばんは。箕輪編集室関東チームの松村です。10月25日(木)の夕刊ミノをお届けします。

10月5日(金)みの編野球部(バッセン編)とボルダリング部の活動に参加してきました! 僕自身みの編のスポーツイベントに参加するのは初めて。今回は初参加のきっかけから、みの編でのスポーツイベントが他のイベントとはどう違うのかということについてお伝えします。

みの編スポーツイベントに初参戦!

CAMPFIREコミュニティフェスティバルで、吉田さんとお話させていただいたことがきっかけでした。私が「みの編のスポーツイベントに参加したいです。特に野球をしたいです!」と言ったところ、吉田さんから「じゃあ、10月5日にバッティングセンターに行こう。その後、ボルダリングもするから!」と言っていただき、参加することに。

会場は、秋葉原のヨドバシカメラの9階にあるバッティングセンター。1人がバッティングをしている時、他のみんなは後ろから「ナイスバッティング!」など声をかけていました!

人生初のボルダリング、まさかのみの編で挑戦

その後、ボルダリングを体験できるB-PumpTOKYO秋葉原店へ。

私は以前から、ボルダリングをやりたいと思っていたものの、なかなか機会を見つけられずにいました。そのため今回、まさかのみの編で初挑戦する機会ができ、楽しみにしていました!

ボルダリングは、「ホールド」という突起物を使って登っていくスポーツ。どのホールドを使ってもいいというわけではなく、同じ色のホールドだけを使って登ります。色によって難易度が変わり、1つの色をクリアできたら、それより難易度が高い色に挑戦するというステップとなっています。

みんなで登っている人にアドバイスをしたりして、とても良い雰囲気で楽しめました!

スポーツで汗を流した後は、スポーツについて語り合う@スナック

その後、スナックキャンディー御徒町店へ。ここでは、「このスポーツをもっと普及させるにはどうしたらいいか」「こんなことしたら面白いんじゃないか」など、スポーツについて熱く語り合いました。

今回、初めてみの編のスポーツイベントに参加してみた感想は、スポーツを楽しむ場としてだけでなく、普段あまり関わりがない人と交流できたり、自分が考えていることを共有できたりする場としても機能していると思いました。大学生である私にとって、社会人の方と意見を交わせたことはとても貴重でした!

スポーツを楽しみたい方、もっといろんな人と交流したいと思っている方は、みの編のスポーツイベントに参加してみることをお勧めします!

一緒に運動することで、より親近感が生まれることってありますよね。関東チームではスポーツイベントもたくさんあります。ぜひ一緒に体を動かしていきましょう〜!


テキスト・写真/松村
編集/吉井 健吾砂糖 塩

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 512本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。