夕刊ミノ_バナー

【夕刊ミノ】デザインチームレポ「一人では乗り越えられない壁も、みんなとなら。」

こんばんは。箕輪編集室デザインチームの大久保です。
8月8日(水)の夕刊ミノをお伝えします。

みの編内の様々なデザインを担当するデザインチーム。既に見慣れてきたこの「夕刊ミノ」のバナーも、デザインチームリーダー前田高志さんによって生まれたものです。

チーム内では7月11日の夕刊ミノで紹介した、制作したデザインに対して一流のデザイナーがフィードバックをしてくれるという「デザイン道場」が遂にスタート!道場が生まれた経緯は、ぜひ前回のデザインチームの夕刊ミノをご覧ください。

道場の記念すべき第1回のテーマは、「第1回デザイン道場のバナー」作成。
自分たちがこれから切磋琢磨をしていく舞台の看板を自ら生み出せるという、まさに道場らしいテーマとなりました。

11人の弟子が集った第1回

第1回は、11人のメンバーがバナー作成に挑みました。メンバーのレベルはまるっきりの初心者から、デザイン経験者まで様々。
「まずは提出して打席に立ちたい」「頭の中のイメージを形にしたい」「自分の実力を試したい」など目標も様々ですが、このチャンスを少しでも自分のレベルアップの場にしたいという思いは全員同じ。

みんなそれぞれの目標を胸にデザインを作成しスレッドに投稿すると、それが刺激となり、新たなデザインが投稿される。その様子はまさに切磋琢磨が繰り返される道場そのものでした。

アップデートされるデザインたち

いくつかのデザインの、最初の状態をご紹介します。

早志 香音さん

小島 壮基さん

内村 宗宏さん

始まる師範のフィードバック!

そして、ついに弟子たちのデザインに一流のデザイナー陣からフィードバックが始まります。主となって各デザインを確認し、それぞれに対して優しく厳しいコメントをしてくださったのは平岡さんでした。

「雰囲気はソリッドで良い。写真が生っぽすぎるので、ロゴと写真を加工して一体感をもっと出したい。」

「全部手描きでかくのも全然アリ!その代わり、後ろの絵とロゴがしっかり一枚絵として成立させる方法を考えよう。」

「筆文字に縛られる必要ない。やりたい方向性をギュッとしぼろう。」

など、作った本人の意向を受け止めながらも、的確に次へ繋がるアドバイスを伝えていきます。そんなアドバイスに必死にこたえていく弟子の皆さん!

愛のあるアドバイスで生まれ変わるデザイン達

心からのアドバイスを受け、次々とアップデートされるデザインたち。先ほど紹介したデザインがどんどん変化・成長をしていきました。

(早志さん)

(小島さん)

(内村さん)

師範からのアドバイスを元に、改めてテーマと向き合って制作を続けた結果です。アドバイスをただ受け止めるだけでなく、それを元に自らが考えて手を動かしたからこそたどり着いたアウトプットの数々でした。

まだ続くフィードバック!座談会が開催!

これだけで終わらないのがデザイン道場の凄いところです。ZOOMを活用し、前田さんと平岡さんによる「フィードバック座談会」が開催されました!

実は座談会のバナーもすぐにアップデートされました。こういった一流の姿勢やスピード感を目前で感じられることも、デザインチームの魅力です。

座談会では、前田さん、平岡さんが改めて各デザインへコメントをしてくださいました。

デザインに対してのアドバイスはもちろん、作者が何を考え、何に苦労していたかなどを一流のデザイナーとして感じ取る様子は流石の一言。作者の想いを捉えながらコメントする姿には、優しさを感じました。

フィードバックの合間には前田さんと平岡さん、そしてもう一人の師範、水坪さんによるデザイン談義も行われました。

「良いデザインとは?」「デザインシズルって?」「フォントの話」など、聞いているだけで次の作品を作りたくなる話の数々。一流のデザイナー同士の会話を聞くだけでも貴重な時間。これも箕輪編集室デザインチームだからこその機会かもしれません。

また座談会の中では、この道場を立ち上げてくれた小野寺さんから今後のフィードバック方法なども確認が行われました。1回のお祭り騒ぎで終わらずに、継続していく仕組みもみんなで考えていく。コミュニティのために自ら動いていく姿勢が感じられた、みの編らしい素敵なワンシーンでした。

第1回バナー遂に誕生!

フィードバックを経て、第1回デザイン道場のバナーとして選ばれたのは、内村宗宏さん!

シンプルながらとっても可愛いデザイン!フィードバックの様子を見ていたからこそ、なおさら洗練されたものだと感じられるのもチームに所属しているからこその魅力です。

まだまだ続くデザイン道場!

第1回目にして非常に濃く活発に動き出したデザイン道場。今後は毎月の新人歓迎会のバナー作成をベースにフィードバックが行われることになり、早速、8月分のバナー募集が行われ次々と新たに作品が投稿されました。

師範を含めた審査の結果、今回採用されたのは、なんと第1回デザイン道場のバナーも選ばれた内村さんによるもの!

本格的なフィードバックはこれから行われますが、どのようなコメント付けられるか楽しみです。弟子たちの切磋琢磨する様子にも期待したいものです。

アウトプットをすればするほど、新たな課題とともに成長のきっかけが得られるはず。自分一人ではめげてしまうことも、一緒に頑張れる仲間とそれを見守ってくれるプロがいることで乗り越えられる。それが箕輪編集室の魅力だと思います。

未経験の方でも全然大丈夫。経験ある方は更なるレベルアップを目指して。着実にレベルが上がっていくデザインチーム。たくさんのチャンスを楽しみたい方は、ぜひ一緒に手を動かしましょう!

テキスト/大久保 忠尚
編集/柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 504本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。