見出し画像

「圧倒的な数をこなし、観察し続ける」定例会で気づいた成功者の共通点 【夕刊ミノ】関西チームレポ

こんばんは。箕輪編集室関西チームの大石葵です。3月8日(木)の夕刊をお届けいたします。

原稿を書いている当日は2月14日(バレンタインデー!)、関西チームで開催されたみの編定例会のライブビューイングに参加してきました。今回のゲストはけんすうさん!

このライブビューイングに参加する前と後で大きくイメージが変わった出来事についてご紹介します。

と、その前に♩
まずは定例会の前の腹ごしらえ。関西チームのメンバーで晩ご飯を食べました。サブリーダーのばっし〜さんを筆頭にあすかちゃんいっちー、私で中華料理を食べました。恋バナで盛り上がって気分は上々です!

その後、杉山さんが貸してくださったオフィスで、ライブビューイング開催! ばっし〜さんがお菓子と飲み物を用意してくれて、さながらパーティーのようでした。

さて、ここからが本題の定例会での内容です。

定例会で覆ったイメージとは

けんすうさんはウェブサービス開発で、成功する前は何度も失敗してきたとおっしゃっていました。成功しかしていないイメージだったので、意外! 箕輪さんも今ほど有名になる前から、地道に全国の書店回りをしていたそう。

「ホリエモンだってすでに成功しているにも関わらず、今現在も宇宙事業や飲食店などいろいろなことに挑戦し続けているよね」とお2人の話は続きます。

成功している人はみんな「熱狂」や「スピード」について語る前に、圧倒的な数をこなすことを当たり前にしているからこそ成功しているという結論に2人とも共感していました。成功しない人は数が圧倒的に足りないと。

このお話を聞くまで私は「熱狂」と「スピード」が成功の元かと思っていましたが、イメージが覆りました。

「熱狂」「スピード」はあくまでも出発点

このお話を聞いていて、私は「成功」するために二通りの方法があるのではと感じました。

一方は箕輪さんのように、「ここぞ」というときに破竹の勢いで一気に数を出して結果を出す人。もう一方は、けんすうさんのように継続的にコンテンツを出し続けてきて結果を出す人。

この二通りの「成功」に共通するのは、社会と関わり続けたということ。箕輪さんが「熱狂」して結果を出せたのはそれ以前に社会との接点を持ち続け、社会の流れを感じていたからこそ。(箕輪さんは若い頃インフルエンサーの講演会に行くなどして時流を読んでいたとのこと)

けんすうさんは継続的にコンテンツを出すだけでなく、売れているサービスの理由を見ることで世間の流れを読み、当てられる精度を高めていったと話していました。

「熱狂」や「スピード」も大切ですが、それだけでは成功できません。熱狂的にスピードを持って取り組み、量をこなすのは当たり前のこと。そのあとは量をこなしながら、そのサービスやコンテンツが社会にどう受け入れられているのかを観察し、次に何が来るかを予想することが最も大切だと感じました。

大切なのは「観察し続けること

今はSNSの普及により、自分と他人への関心のバランスが崩れてきているのではないかと感じます。自分の実力と他人から寄せられる関心の度合いは、必ず比例するものではないケースもあるもの。

その環境で他者を振り向かせるには、何といっても「観察し続けること」が大切。絵を描く・サービスを生み出すのは、コンテンツを提供する側の人です。

コンテンツ作りも重要ですが、最も重要なのは作品を作り続けて反応を見ること。人がどんな部分を喜んでくれているのか、観察した結果を次のコンテンツに発展させることが、今回私が定例会のライブビューイングで得た1つの結論です。

かくいう私も絵を描き、動画を作る人間です。自分の作るものは間違いなく大好き。だけど社会がどう見るかの視点を持つことの重要性をこの定例会(ライブビューイング)で感じました。だからこそ、トライアンドエラーしながら作り続けることこそが大事だと信じて、これからも作品と向き合っていきたいです。

また、関西チームのライブビューイングではトムさんが定例会中グラレコでお二人の話をまとめてくれていました!

すごく真剣! かと思えば、定例会前には皆でiPadで箕輪さん・けんすうさんの似顔絵を描いてくれたり。ライブビューイングならではの楽しみ方ができたのも楽しめるポイントでした!

自分の頑張りをアシストしてくれる場、みの編

そして、今回の定例会で得られたいいことがもう1つ! 私がポロッとこぼした言葉を拾って、ばっしーさんがアフターエフェクト講座を開いてくれることになりました! なかなか1人では踏み出せないことって誰でもありますよね。でも、アシストがあると踏み出せる。

こんなふうに手伝ってくれる人がいるのは、すごくありがたいし、これこそがみの編メンバーの良さだと思いました。次はどんなイベントに参加してみようかな、次はどんな人と出会えるかな、とわくわくしながら、みの編のフィールドを楽しんでいきたいなと思います。


本日8日の定例会でも、関西チームのメンバーとライブビューイングを行います! 今回は、関西だけでなく沖縄でもライブビューイングを行うそうです。どんなお話が聞けるのか、とても楽しみですね♩


テキスト/大石葵
編集/みちるん

***

箕輪編集室公式Twitter

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/