見出し画像

【日刊みの編NEWS】「コミュデザチーム」盛り上がってきてます!

おはようございます。箕輪編集室運営担当の三浦 俊平です。
3月19日(金)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

ここ最近、「コミュニティデザインチーム(コミュデザ)」の動きが活発になってきています。

これまでも、リーダーのごとーさんが中心となって、「読書会(コミュデザ深読会)」や「明日もがんばろう会」といった定例イベントを開催してくださっていました。

それに加え、ここに来てコミュニティツール「VIEW」の導入や、「コミュデザナイト」の開催など、新しい動きがいくつも始まっており、ちょっとフェーズが変わってきたのかなといった印象です。

わたし自身がチームの立ち上げ期にいろいろと動いていたこともあり、コミュデザは思い入れの深いチームのひとつ。そのため、最近の動きをとてもうれしく思っています。

立ち上げ当時は「オンラインサロンプロデュースチーム」という名称でした。「コミュニティデザインチーム」に名称を変えて再始動したあたりでは、前リーダーのこっとんさん大澤さんと毎晩のようにミーティングしていた気がします。懐かしい!


みの編の本質が学べるチーム

箕輪編集室では、ライターチームやデザインチームといった、俗に言う「クリエイティブ系チーム」の活動が目立ちがちです。しかしながら、実はみの編の本質が学べるのはコミュデザやイベプロ(イベントプロデュースチーム)なんじゃないかなって思っていたりします。

後述しますが、ここは私の個人的体験による贔屓目がすごく入ってます。実際他のチームも学べることはたくさんありますよ。


ちょっと思い出話をさせてもらいますね。

みの編の運営チームが立ち上がったのは2018年2月、みの編が設立されてから約半年後のことでした。定例会の運営や撮影・配信を担当していたメンバーが集まって、「運営チーム」として前管理人から運営を引き継ぎ、活動を始めました。

いまでこそ、分業制のようなかたちで各チームが有機的に動いていますが、当時は「運営チーム」がコミュニティに関わるほとんどのことを回していました。

イベントの企画から当日の運営、チームの立ち上げ、コミュニティを活性化させる方法の試行錯誤などなど、ありとあらゆることを運営チームの活動を通じて学ばせてもらいました。

思い出補正も多分に入っていると思いますが、「あの頃はほんとに楽しかったなー」とこの文章を書きながらしみじみとしてしまいました。

これら「運営チームでやっていたコミュニティにまつわるあれこれ」が、徐々に各チームに機能分散していきました。おかげさまで、いまでは「コラムを書く」くらいしか私の運営としてのお仕事もなくなってしまっていますね笑


コミュデザチームの変遷

で、脱線しましたがコミュデザです。

オンラインサロンプロデュースチームからコミュニティデザインチームに生まれ変わるに当たり、運営チーム内で「チームリーダーとサブリーダーをこっとんさんと大澤さんにお願いしたい」というのを決め、二人にリーダー就任オファーを行ないました。(メッセを見返したら2018年6月にお二人に連絡を入れていました。)

当時は、浅見さんがイベプロリーダーで、こっとんさんと大澤さんがサブリーダーでした。浅見さんに事前相談せずにコミュデザへの引き抜きオファーをしてしまったので、浅見さんにはご迷惑をおかけしました…(反省)


そこから、コミュニティ運営の知見をシェアする取り組み、みの編の各チームを活性化させるための作戦会議の開催、サロンオーナーのためのサロンの立ち上げなどなど、多岐に渡る活動に発展していきました。

冒頭でも書いたとおり、みの編は「コミュニティ(やコミュニケーション)を学べるコミュニティ」でもあると思っていまして、そのど真ん中がコミュデザです。

ここ最近のコミュデザチームの動きを見ていると、設立当時の勢いが戻ってきたような印象を持っていて、なんだか懐かしくうれしい気持ちになっています。


あ、誤解のないように書いておきますが、「あの時代はよかった」とかいうことを言っているわけではありません。

リーダーが代わることでチームカラーもガラッと変わるのもコミュニティの面白さのひとつ。「こっとん大澤時代」も「ごとー時代」もそれぞれの色が出ていてとってもいいなと思っています。

それに、カラーは変わってもチームの果たす役割やその本質は変わっていません。

アクティブに動く時期もあれば、地道にコミュニケーションを積み重ねてコミュニティの発酵を促す時期もあります。

ごとーさんがこれまで地道に読書会や明日もがんばろう会などを通じてメンバーとのコミュニケーションを重ねてきているのをみて、「コミュデザっぽいなぁ」と常々思っていました。(勢いよく引っ張るのと同じくらい「地道に続ける」のも大変だと思ってます。ごとーさんいつもありがとうございます)


そしてコミュデザナイト

そんなごとーさんが立ち上げた「コミュデザナイト」.。

前サブリーダーの大澤さんと現リーダーのごとーさん、カラーは違いますが、それぞれのやり方でコミュニティを引っ張ってきた二人が語り合うのを聞けるって、とっても貴重ですよね。


こうやって、時を経てそれぞれのやってきたことが交錯するのを目の当たりにすると、「コミュニティ運営に関わっていてよかったなー」となんだか報われた気持ちになります。(実際には私は何もやってないんですけどね。勝手に親みたいな気持ちになってます)

コミュデザナイト、次回は23日(火)開催予定のようです。コミュニティに興味がある方はぜひ参加してみてください!


***

テキスト / 三浦俊平

***

公式 ツイッター
公式 インスタグラム

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/