見出し画像

【日刊みの編NEWS】子供から成人へ

おはようございます。箕輪編集室イベントプロデュースチームサブリーダーのもえかです。
4月26日(月)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

私事ですが、ついこの間20歳になりました。
誕生日当日はリーダーのかずやさんがチーム内のイベントで私の生誕祭を開催してくれて・・・・

チームラボのサウナからの、サウナランドカフェ、そして公園で日向ぼっこして夜はいつもみの編フットサルでお世話になっているそねけんさん(HUB北千住店店長)のお店に行って大きなバースデーカクテルをいただきました😭

私の生誕祭を開催してくれたことも、わざわざきてくれた人がいることも、誕生日プレゼントをくれたことも、ありきたりな言葉になってしまいますが、全部本当に嬉しくて、終始幸せでした。

20歳になって色々思うことがあります。
前思っていた20歳は大人でしたが、今の私はそうとは思ってないです。
だって20も19もそう変わらないですからね。
一応今年から成人ですが、まだまだ若いので年上の人に可愛がられながら、怒られながら生きていきたいと思います。

今はまだ体力もありますし、脳みそもからからのスポンジ状態なので大量に知識やら経験やらいろいろ含ませるために進んでいきたいです。たまに止まりますが。笑

20歳の抱負というよりも大人への抱負になりますが、どんな大人になりたいかって考えた時にはじめに浮かんだのはいい意味で子供のまま歳をとりたいでした。

魅力的な大人ってみんな生き生きしてるんですよね。(みの編の人ももちろんこれに当てはまる人がいますが、あえて誰とは言いません笑)

生き生きしている人の共通点は他にあると思いますが、1つ確実なのは子供心を持ってることだと感じてます。
無邪気に笑えるだったり、好奇心をもつだったり、すごく楽しそうに生きてる。
小さい事でも幸せを感じられるまま歳をとりたいです。

自分まだまだ子供ですが、合法的にお酒が飲めるようになったのがあぁ大人になったなと感じる唯一のことですね。
これからも皆さんよろしくお願いします!

***

テキスト / もえか

***

公式 ツイッター
公式 インスタグラム

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/