見出し画像

【夕刊ミノ】関西チーム「入会当初の僕は、『ROM専』ではなく『ROMすらしま専』だった」

こんばんは。箕輪編集室関西チームの平井裕也です。11月3日(土)の夕刊ミノをお届けします。

みの編に入会してから、強く感じることが1つあります。ここ数ヶ月、みの編で様々なことに挑戦して、とても濃い日常を送れていることです。そんなありきたりのこと? と思われるかもしれませんが、こてこての関西人の僕でも、「こんな濃い味のたこ焼きは食べたことはない」って感覚なくらいです。

今回は、僕がみの編で突き動かされたきっかけと、実際にどれほど濃い日常なのかをお届けします。

入会当初は、「ROMすらしま専」だった

正直、入会当初からずっと濃かったわけではないんです。最初から遡ると、今年の3月1日早朝に箕輪さんのツイートを見るなり勢いで入会しました。そこから3月、4月は入れたことに満足し、なおかつFacebookの使い方がイマイチ分からなかったので、自己紹介すらしてませんでした。ROM専ではなく「ROMすらしま専」でした。

やっと5月になり、お金も無駄にしたくないし、ぼちぼち動いていこうと考えました。みの編初のオフラインイベントは、関西チーム内で開催された「みの編定例会ライブビューイング」に参加。当時の関西チームリーダーのトムさんや、他のメンバーの方と初めてお会いしてなんと〜なく空気感を掴めたような感じでした。

そこから、合同飲み会や箕輪さんイベントなどを経て、7月に関西チーム初の新歓へ参加。この新歓こそが、みの編への捉え方を大きく変えることになるきっかけの1つとなりました。

この7月関西チーム新歓には、幹事の1人として参加したのですが(ほぼ何もしておらず、他のメンバーがやってるのを側から見てただけ...)。たくさんの人に参加していただき、盛り上がりもすごく「ここから何か変わる!」と感じたのを覚えています。

みの編を辞めたとしても、ずっと繋がっていたいと思う人たちに出会えた

また、新歓をきっかけに、みの編を辞めたとしても、ずっと繋がっていたいなって思えるような人たちと出会うこともできました。新歓以降仲良くなり、今では銭湯に行って裸の付き合いをするようにまでなった、けいじおかんホームレスさんと出会えたのもその頃です。懐かしい!

そして、何よりみの編で自分がしたいことを実現したい、未経験でも挑戦してみたい、って思えた最高の新歓でした。

それ以降、僕はなんとなくやりたい! って思っていたことを実践していきました。まずは、「読書会」。純粋に読書が好きなのと、場をファシリテートしたいという思いから7月と8月に1回ずつ開催しました。

そして、9月にはなんと! あの紀伊國屋書店さんとのコラボ読書会の企画と司会をさせていただきました!! 楽しみながら経験値も上がった素晴らしい打席に立たせていただきました。

普通に過ごしていたら紀伊國屋書店さんとのコラボなんてありえないですよね? みの編だから実現できた、関西チームだから実現できたことでした。

みの編には、何度でも「挑戦しよう」と思わせてくれる環境がある

実は、みの編の活動の中でも、上手くいかないことや途中で挫折してしまったこともありました。そんなことがあってもメンバーが温かくフォローしてくださり、何度でも「挑戦しよう!」と思わせくれる環境がすごく心地良いです。

アウトプットしていく中で、なんとなくやりたいって感じていたことは、「人が楽しく集まれるイベントを作りたい!」という言葉で言語化できました。まだ上手く実践できてはないですが、この思いを大切にしていきたいと思っています。

10月20日には、「大阪ぶらり撮影会」というこれまで自分自身がやったことないようなイベントも企画し、違った扉を開けることができました。

そして次は・・・

11月10日(土)、関西チーム3回目の新歓を開催します!

今度は何もせずに側から見ているだけの幹事ではなく、行動します。数ヶ月でこんなにも変われるなんて、感慨深いです。

幹事メンバーは、高身長爽やかカメラマン藤田さん、三度の飯より蔦屋書店の光くん、楽しいことをして生きていた女子高生の明日華ちゃん、スペシャルアドバイザー100冊買いのえんどぅと僕の5人でただ今準備中です!

**「ブッ飛んだ仲間と、バカなことにフルスイングせよ!」 **

11月10日(土)新歓のテーマは、「ブッ飛んだ仲間と、バカなことにフルスイングせよ!」

関西チームには、いろんな意味でブッ飛んだメンバーが大勢います(もちろん良い意味で)。僕はまともな方かもしれません(笑)。

そんなメンバーたちと一緒に、みの編には「バカなこと=心からしたいこと・全く経験のないこと」ができる土台があるってことを知ってもらって、ぜひ動くきっかけとなってほしいです。

少しでもピンときた方は、仮にまだみの編に未入会だとしても、「ROMすらしま専」だとしても、すぐに申し込むことをお勧めします!

まだ間に合います。僕が7月の新歓で変わったように、些細なきっかけであなたの人生のが大きく変わり、昨日よりも濃い今日に生まれ変わるかもしれません。
ご参加、お待ちしております!


バナー制作/ケントナガヤ
テキスト/平井裕也
編集/砂糖 塩

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/