見出し画像

【日刊みの編NEWS】いくつになっても恋をする。

おはようございます。箕輪編集室運営担当のトムさん(村田敏也)です。 
5月29日 (土)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

箕輪さんをみていると、いつも何かに恋をしていると思う。今度はダイエット対決だ。皆さんも You Tubeチャンネルで追いかけてね。


さて、話は変わるが、あのダイソーの矢野博丈創業者の話を聴くというレアな機会に巡り会いました。78歳の先輩とは思えない素敵なお話でしたので、今日はそのお話。

どんな話だったかというと・・・

「時代は変わった」「恵まれない幸せが最高だ」「自己否定をしよう」

ま、こんな感じの話だった。

まず、最初に「時代は変わった」というお話。


何が変わったかといえば「頑張るだけでは意味がない」という話。とにかく、失敗を恐れず、結果を出してみるということ。そのためには、まずやってみることなんだ。昔、みの編で「やってみたいではなくて、やりますやろ」というやりとりがあったことを思い出した。

士官学校の最後の質問で「戦地で部下を戦場に行かせるにはどうしたらよいか?」というのがあるらしい。正解は「我に続け」とのこと。年齢、性別、職種に関係なく背中を見せる勇気みたいだ。

「自分の思ったこと」「やりたいこと」をやる。まさにそれだ。

次に、恵まれない幸せというお話。


よく「ボクは、ワタシは、恵まれてない」と文句を言う人がいる。

しかし、「恵まれてない」というのは「最高の幸せ」だと言われていた。

夜逃げ、家事などいろんな経験をされたようだが、絶えず前を向いて生きてこられた。つまり、現状をあきらめることなく、進化しないと(今までのやり方を変えないと)いずれ滅びてしまう。

あ、これって「ダーウィンの進化論」だ。

これからの時代は、ますます「生きるという欲」が必要だという話だった。

例え話がツボにハマった。

ライオンが「オレは恵まれてない。足が速い獲物が多くてなかなか捕まえられない。うーん、もっと足が速くなりたい」という。ライオンがもっと足が速くなれば、どうなるか? 足が速くなったライオンは、獲物を簡単に収穫できるようになる。そして、太る。そして、太れば走れなくなるのだ。

「恵まれてないから、頑張ることができる」のだ。

最後は、自己否定をせよというお話。


「自己肯定感(セルフエスティーム)」という言葉が流行った。しかし、これからは「自己否定」の時代だと言われる。つまり、常識の逆をやることやることだと。つまり「去年やったから今年もやろう」では全くダメで、今のキーワードは「新しさ」つまり「工夫」であると。

78歳で、こんなことを考えてやってみるってマジ憧れる。もうすぐ還暦プラスツーになるけど、まだまだいろんなことに挑戦できると思った。

そして、One More Thing の「ありがとう」。


締めの言葉でこう言われた。「ありがとうを何百回と言い続ければ、必ず何か良いことが起こる」。毎日「ありがとう」を唱えよと。

さて、ボクは1日何回「ありがとう」って言えてるだろうか?

そう言えば、みの編で「天才文化」「人を褒める文化」が流行ったときがあって、みんなで褒めあった。あれは、良かった。現場の裏で活躍してる人たちをみんなに知らしめてあげる。素敵な文化だ。

いや、ほんとに「いくつになってもいろんなことに恋をしたい」ものだ。

追伸:似非バンクシーをまた職場のコロナ対応の紙の仕切りの前に増やしました。厚紙をカッターで切り取って墨汁でペイント。段ボールをかぶってロボット遊びもしてみたいです。

画像1


***

テキスト / トムさん(村田 敏也) 

***

公式 ツイッター
公式 インスタグラム

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/