夕刊ミノ_バナー

【夕刊ミノ】関西チームレポ「『死ぬこと以外かすり傷』のリアルストーリーを体感せよ」

こんばんは。箕輪編集室関西チームの村です。9月14日(金)の夕刊ミノをお届けします。

今回は9月27日(木)夜、大阪梅田で開催する『死ぬこと以外かすり傷』出版記念トークライブ&ドキュメンタリー映画「箕輪大陸」上映会に向けて走り続けている運営のリアルな姿をお伝えします。

箕輪大陸東京上映に合わせて、クラファンページ解禁!

8月28日「箕輪大陸」の東京上映の日に合わせ、CAMPFIREさんでクラウドファンディングのページを解禁しました。

当日は箕輪大陸のツイートで盛り上がるだろうし、TVで報道もされたから立ち上げ初日から順調な売れ行きになるだろう…。

そんな風に考えていたもののいざ公開して見たら、あれれ?思ったよりも初速が伸びない…汗 いきなりずっこけたようなこの感触!このとき、中村は一人密かに焦っていました。

「今」こそ、「行動」を

とはいえ、泣き言を言っている場合ではないのです。なんとしてもクラファンを達成せねばなりません。
8月末より、関西チームの力を借りて、大阪近郊の書店めぐりをスタートさせました。運営メンバーで営業部隊を編制し、各書店にしおりやステッカーなどの販促物をお届けしつつ、イベントの案内も行う戦略を展開しました。

出版社でもなく、著者でもない。「箕輪編集室って、何?」というところからスタートする書店営業です。

それぞれ営業が本業とも限りません。「名刺が欲しい!」「どんなトークで話を持って行けばいいの?」など、メンバーの不安はあちこちから聞こえましたが、それぞれの営業方法やトークを共有し合い、とにかく行動に移しました。
幸い、箕輪さんは編集者としてこれまで多くのベストセラーを連発しており、大阪の書店からは好意的な反応をいただけました。

僕たちがひょっこり訪問してもきちんと話を聴いてもらえるのは、箕輪さんが道を切り拓いてくれていたからだ、と改めて箕輪さんの影響力の大きさを感じました。

さらに「箕輪さんってどんな人?」を紹介する動画も、メンバーのよこやまさんが制作してくれました。販促物と合わせて、DVDに焼いたものを紀伊國屋書店梅田本店様までお届けしました。

メンバーそれぞれの強みを結集し、ここまでのことをやり切ることができる。焦る気持ちはあれど、きっとクラファンもやり抜くことができる。そう思えるのはメンバー一人一人のおかげです。

告知・告知・告知!!!

書店さんへの訪問を一通り終えて、次は、友人・知人への案内や、運営メンバーが参画するほかのコミュニティやイベントなどでの告知を進めていきました。

9月7日(土)、幻冬舎の設楽悠介さんとNewsPicks野村高文さんによる「風呂敷畳み人イベント」

時を同じくして、みの編デザインチームリーダーであり「前田デザイン室」のサロンオーナーである前田さんデザインのイベントTシャツも完成。

至るところにかすり傷があり、カッコイイ!!
クラファンのリターンとして、新たに追加しました。

我々の姿を見て応援してくださる方々もたくさんあらわれて、まだクラファンも達成していなければ、イベントもやっていないというのに、既にジーンと来ています。

イベントを運営する「厳しさ」と「やりがい」はいつも隣り合わせ

現時点で、クラファンはおよそ8割の達成率です。

カッコイイところを見せたいところなのですが、運営メンバーの気持ち的には「集客に苦戦している」というのが正直なところで、現実の厳しさを肌で感じています。

後から振り返れば「会場選びをああしていれば」「見込んでいた告知ルートが使えなかった」など、思うところもあります。
「50人ぐらいの会場で、このぐらいの予算で…」と、箕輪さんの認知度や大阪の規模感を考えて、いくらでも無難に行くことはできたました。しかし、「年に1度ぐらいは大きなチャレンジをしてみよう!」と大きな旗を敢えて掲げてみました。

仲良くなるとガヤが止まらず、笑いやおふざけが大好きな関西チームメンバーですが、時には真剣に、1つのことに力を注ぐことの大切さと難しさを学んでいるのです。
コミュニティにおいて「人と何かを成し遂げるとは」「人をまとめるには何が必要か」「手を動かしながら考えるとは」「挑戦とは」ということを、私自身もこのイベントを通じて勉強させていただいています。

「バカだなー」と嘲笑されるのか「すげーな!」と賞賛されるのかは分かりません。ただ、『死ぬこと以外かすり傷』にも書かれている「バカになって飛べ!」を実際にチャレンジしてみること。その過程で運営メンバーの1人1人がどうやって工夫し、苦しみ、楽しみ、克服したのか。
予定調和などほとんどなく、日々起こっていることがそのままリアルなドキュメンタリーになっています。

「何かやりたい!」との思いでみの編にジョインしているメンバーが、イベントを通じて何か1つでも実際に手を動かし「肌で体験すること」、これこそが何よりの学び、財産になるんじゃないかと思っています。

9月27日(木)18時30分より、大阪梅田で『死ぬこと以外かすり傷』出版記念トークライブ&箕輪大陸の上映会を開催します!

是非、僕たちのリアルストーリーの仕上がりを見に来てください!

テキスト/中村 和幸
編集/砂糖 塩(佐藤 志保)柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 503本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。