新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「みの編初詣」からのつながり。大好きな神社チームを盛り上げたかった。 #おうち神社 プロジェクト【夕刊ミノ】神社プロデュースチーム

こんばんは。箕輪編集室のひかみたろうです。5月20日(水)の夕刊ミノをお届けします。

2020年5月1日〜5月10日に、東京都台東区に鎮座する小野照崎神社で、「おうち神社」が執り行われました。「おうち神社」のテーマは、「自分の心と向き合う」です。

画像1

デザイン/ニトロ 
撮影/Komatsuki Maaki 

Web上で参拝者が願いごとをすると、実際に神社で執り行われる「新型コロナウイルス感染症早期終息祈願祭」の中で御神前に奏上され、神事の様子がライブ配信されます。

ライブ配信をおうちで見ながら手を合わせてお祈りをし、心を静め自分と向き合おうというプロジェクトです。

詳しくはコチラ。

「おうち神社」プロジェクトは、箕輪厚介さんがプロデュースを手がけ、箕輪編集室がHP制作やPRに協力しています。

4月下旬に箕輪編集室でプロジェクトのキックオフミーティングが行われ、5月1日のプロジェクト開始まで急ピッチで準備が進められました。

僕も企画ミーティングに参加し、企画を考えると共にプロジェクトへの熱量が高まっていきました

特に「おうち神社」プロジェクト開催中には、SNSの発信に力を入れ、毎日参拝している様子を発信したり、ご祈祷のライブ配信もリアルタイムで見ていました。

このプロジェクトに関わったのは、「面白そう!」という直感もありましたが、それ以上に、1年以上に渡って積み上げてきた神社チームとの関係があります。

僕が神社チームに関わりだしたのは、2018年の12月。

この「神プロ超活性化し隊」に立候補し、神社チームの一員として活動を始めることになりました。

神社チーム運営として関わった最初のイベントは、2019年1月の「みの編初詣」。みの編の中でも大きなイベントとなりました。

「みの編初詣」に参加してから、小野照崎神社が僕にとって大切な居場所となり、神社が関わるイベントや、神社チームのミーティングには頻繫に参加するようになりました。

この1年以上に及ぶ神社チームと僕との関係性もあり、今回の「おうち神社」プロジェクトへも迷いなくメンバーとして手を挙げ、プロジェクトの成功に向けて動くことができました。

「おうち神社」プロジェクトは大きく話題性のあるものになり、テレビやAP通信にも取り上げていただきました。

大きなプロジェクトに少しでも関われたのは、ずっと神社チームで活動してきたからこそ得られたチャンスだと思っています。「おうち神社」プロジェクトに関われて、本当に良かったです。

これからも、積み上げ築いた神社チームとの関係性を大切に、この先の様々なプロジェクト等に関わっていきたいです。

テキスト/氷上太郎 
編集/林 知里こふら
バナー/ニトロ荒木和憲

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

19
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

この記事が入っているマガジン

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 473本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。