見出し画像

北海道・東北チームってこんなことやってたの? 【夕刊ミノ】北海道・東北チーム

こんばんは。箕輪編集室(以下、みの編)北海道・東北チームのいちです。2月26日の夕刊ミノをお届けします。

北海道・東北チームは東北・北海道出身の方から東北・北海道に旅行に行きたい人などみんなの居場所であるチームです。
メンバー自体は各県に分散していて、1つの県に集中したメンバーは少ないですが、年に数回ほどオフラインイベントを開催しています。

1.“2020年のオフラインイベント”

①「新年初めましてお願いします会」

画像1

山形県初のオフラインイベント! 新年会が行われました。焼肉を食べながら主に東北メンバー間で交流を深めました。

②「緊急バレンタイン企画漢どもでチョコレートフォンデュ」

画像5

こちらは宮城県仙台市で行われたイベント。みんなで念願のチョコレートフォンデュを食べました。参加したメンバーが高校生から大学生までの男子だったので“漢らしい”イベントだったと思います。

③「チャリ漕ぎかわたろう」

画像2

当時岩手県在住のかわたろうさんが仙台メンバーに会いに行くために117キロもの距離をチャリで走り切る企画!
“チャリ太郎”
出発式から仙台までの道のりをオンライン上でたくさんのみの編メンバーが応援しました。到着までの感動の瞬間は北海道・東北チームのアーカイブ動画に収められています。

到着後は現地メンバーと焼肉や牡蠣を食べたり、サウナに行ったりと一緒に楽しい時間を過ごしていました。

④「仙台朝市直送海鮮BBQ」

画像3

こちらも宮城県仙台市で行われたイベント。雨が降っていて晴天ではありませんでしたが、みんなで海鮮BBQを楽しみました。
また、BBQの模様はオンライン上でも見られるようになっていたので現地入りできないメンバーも参加できました。

こんな感じで2020年はワイルドなイベントもあったり、ゆるーい感じもあったりとオフラインでの交流も深めることができました。2021年は3月に福島県、夏以降に北海道で開催できればいいなと思っています。

オフラインは一通り紹介し終えたので続いて過去2020年の主なオンラインイベントを紹介します!

2.“2020年のオンラインイベント”

①「ワンナイト東北」

地方チームなのにクリエイティブを追求したそんなイベント。
音楽で遊び、楽しみ、エンターテインメントを巻き起こしました。

計6回開催されましたが、とてもカロリー高めなイベントだったので、終わった後と次への準備段階で反省点を挙げたりとMTGは欠かしませんでした。一見ふざけているイベントのようでも、もっと参加者を喜ばせるために面白くなるよう試行錯誤を行っていました。

当時の北海道・東北リーダーからもこんな言葉をいただけました。

②「ナットーーク」

納豆について熱く語り合うイベント! 参加したメンバーがお気に入りの納豆を紹介したり、地方ならではの食べ方など住んでいる地域によって異なることもたくさんありました。まさに北海道・東北チームらしい企画でした。

③「金曜ドーデショー」

毎月最終金曜日に開催されている北海道・東北チームの長寿イベント!
みんなで近況を話したり、ゆるーく飲んで楽しむイベントです。気になる方は毎月末金曜日22時は空けておいてください。参加すればきっと北海道・東北チームの空気感が分かると思います。

3.“北海道・東北チームは独自のスレッドもあります”

北海道・東北チームに入ったらまずは自己紹介スレッドに書き込みが鉄板です。それから地元の写真、地元の名物などのスレッドもあります。書き込みに関しては誰でも自由なのでぜひ気軽に書き込んでみて下さい。

画像6

名物

画像7

4.“先日は新歓を行いました”

2月11日〜12日の2日間にかけて北海道・東北チームは2月新人歓迎会を行いました!

2日連続参加してくださった方もいましたし、イベント後にこんな温かい言葉をいただきました。

新規の方はいなかったので新人歓迎会という感じではありませんでしたが参加してくださったメンバー間でお互いに好きなことを話したり、北海道・東北チームでやりたいことなどを話しました。

今回の新歓に関しては、僕一人で意思決定して一人で開催に至ったわけですが様子を見にきて声を掛けていただけること、落ち着く場であったり楽しかったと言ってくれたこと全部が嬉しかったです。
またさらに良いチームにできるよう自分自身も成長し、いろんなことにチャレンジしていきたいと思います。

ご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました!!

5.“最後に一言”

僕自身、北海道・東北チームのリーダーを務めて、まだ2か月も経っていません。しかし、今までとは違うフィールドでみの編を眺めることができたり、いろんな人を観ることができて楽しいです。
また、リーダーという立場でしか気付けないみの編の面白いところを実感しています。このような経験をさせていただいているという環境に感謝しかありません。

まだまだ考えが浅はかなところもある僕ですが、新しく入ったメンバー、既存のメンバー誰に対しても寄り添い、気軽に遊びに来れるチームを作っていきますのでぜひ一緒に楽しんでいきましょう!!

テキスト/いち
編集/かめ
   清水えまい

バナー/荒木和憲
校正/ちゃんすけ
***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/