画像1

第47回 これからのリーダー観

箕輪厚介・末吉宏臣
00:00 | 00:30
幻冬舎の箕輪とDNAパブリッシングの末吉がお送りするラジオ番組「未来の作家のカタチ」。
第47回は「これからのリーダー観」。

以前、コルクの佐渡島さんがnoteに投稿した『編集者は何もしない』の中で 「箕輪さんって優秀って噂だけど、ほとんど何もしてくれなかったと感じるだろう。」と書いてありました。

これに対して、箕輪さんも「その通り!」と否定をしませんでした。
しかし、これには箕輪さんなりの考えがあったのです。
編集者として、箕輪編集室のオーナーとして、自分の役割を考えた結果、「何もしないことも必要」だと気付いたそうです。

「リーダーたるもの、全てに関与しなければいけない!」と思っている方、今回の配信はそんな考えを改める、気付きの回になるかもしれません。
「何もしないこと」の勇気を持ってもらえたらと思います!

《 第47回の番組内容 》
・チームのベストなアウトプットを引き出す為に自分はどうあるべきかを考える
・“一人の熱狂”か“自分ごと化させる”の二者択一
・コミュニティとファンクラブの違い

【出演】
箕輪厚介
https://twitter.com/minowanowa
末吉宏臣(ナビゲーター)
https://twitter.com/hiroomisueyoshi

【制作】
映像収録:三浦佑介
https://twitter.com/miurasukeroku
写真撮影:壁井裕貴
https://mobile.twitter.com/hiroki_k0104
広報:三浦俊平
https://twitter.com/itpro_se
デザイン:前田高志
https://twitter.com/DESIGN_NASU
運営・管理:小瀧友貴
https://twitter.com/yk_mario

【Youtube】
みのわチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC8wKXRtva_tOgAfiSvyLoKw...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

#箕輪編集室 公式

『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

【ラジオ版】出版3.0時代の「未来の作家のカタチ」

幻冬舎 箕輪厚介とDNAパブリッシング 末吉宏臣のラジオ番組。 堀江貴文の『多動力』や見城徹の『たった一人の熱狂』などを手がけた箕輪厚介、『なぜ堀江貴文の本はすべてベストセラーになるのか』を編集し、数々のベストセラー作家のプロデュースを手がける末吉宏臣。出版の最前線にいるか...

コメント1件

自走するチームは理念に共感する人々の集まりなんですね。それはアートのムーヴメントでも同じですわ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。