【日刊みの編NEWS】経験したことしかできないのだとしたら、この世界に可能性なんてない
見出し画像

【日刊みの編NEWS】経験したことしかできないのだとしたら、この世界に可能性なんてない

おはようございます。箕輪編集室運営の柴山由香です。7月24日(火)の日刊みの編ニュースをお伝えします。

私は箕輪編集室のメンバーであり、運営チームの一員でもあります。また、もう一つの顔として「箕輪厚介の秘書」という役割も持っています。普段あまり語ることのないこの三つ目の顔、「秘書」としての自分。今日はそこに向き合ってみようと思います。

箕輪厚介の秘書のなり方

箕輪編集室ができた2017年6月、普通に入会した私。たまたま他のコミュニティで箕輪さんを知ってはいましたが、ちゃんとお話ししたことはありませんでした。

入会後は、箕輪さんの投下するコンテンツを眺めたり、定例会に参加する日々。オンラインサロンには入ったことがあったので、定例会のお手伝いには手を挙げ、そのおかげかゲストのアテンド的なことを箕輪さんに頼まれるようになっていきました。

とはいえ自分から何かを企画するわけでもなく、プロジェクトに参加するわけでもなく(初期にも電子書籍のプロジェクトがあったんです。)、ただただコンテンツを消費していました。
それでも十分なくらいゲストが豪華でしたし、それ以外の著者さんを招いての戦略会議など、他で体験できないようなコンテンツがたくさんあったんです。

転機が訪れたのは、10月に箕輪さんがコンサルをスタートさせたこと。箕輪さんがコンサルを受ける旨のツイートをしたら、瞬く間に10件も希望者が現れたのです。

月一回会う予定を組むだけでも大変だと、箕輪さんはお手伝いを募集。今よりずいぶん人数が少なかったみの編ですが、前のめりなのは変わらず(笑)この時も、たくさんの方が手を挙げました。

そこで箕輪さんが一言。
「できれば女性がいいんだよね」

え、やってみたい。女性がいいと言うならば、私は確かに女性ではある。それだけが条件なら満たしている…。でも、できるか自信がない。
うじうじと数十分は迷っていましたが、前のめりなみの編とはいえその間、女性からのコメントはつきませんでした。

「いいや、死ぬこと以外はかすり傷だし…!」

こんな時に便利なあの言葉、この時も舞い降りてきてくれました。断られても死ぬわけじゃないし、失うものもないしいいやって思える魔法の言葉

コメントをした後、一人でドキドキしていました。そこに登場したのが、他のコミュニティでも一緒だった友人。これまでみの編にいたけれども書き込んだこともそうなかったのに、なぜか突然の推薦。「ナニコレ、どうしたの?」と思いながら眺めていると、箕輪さんから返信が。

これは断りにくかったんじゃなかろうか…などと思いつつも、私はコンサルの案件を統括することになりました。
この時点での役割は、単に10件あるコンサルのスケジュール管理にすぎません。特に難しいことはなく、クライアントさんと箕輪さんのスケジュールを合わせるのみ。正直、スマホでメッセージが打てる方なら誰にでもできること。

私を箕輪さんの秘書にしてくれたのは、前述の友人を含めた何人かのみの編メンバーの存在だったと思います。
箕輪さんの個人の会社「波の上商店」の共同設立者である森さんは、ご自分が地方にいるからと「柴山さんに、波の上商店と箕輪さんを支えてほしい。」というようなことを初対面にも関わらず言ってくれました。

波の上商店のサイト制作を担当したデザインチームリーダーの前田さんは、サイトのリニューアル時、イラストに私をあらわす「うさぎ」を足してくれました。「柴山さんがうさぎになるしかない。」と言われたこと、今も覚えています。

いつも自信がなかった私も、こんな風にみんなにちょっとずつちょっとずつ「秘書」にしてもらっていったような気がします。

経験があるかどうかではなく、やってみたいのかどうか

そう、私はコンサルを統括するようになっても、それ以外にも箕輪さんの講演のスケジュール管理や、波の上商店の請求・契約業務などに関わるようになっても、いつも自信がありませんでした。

自分がなぜ選ばれたのかわからないし、若いみの編の中では年だし、子持ちだし、編集者でもないから出版業界のこともわからないし…。
秘書と呼ばれるようになったけれど、そもそも秘書の経験がない!曜日と日付が何より苦手な私は、失敗して箕輪さんに迷惑をかけることもしばしば。これでいいわけない、もっとちゃんとできる人に交代した方がいいんじゃないか。ずっとそう思ってきました。

でも、どんなに失敗をしても箕輪さんって決して責めないんです。飛行機の時間を間違えて予約するという、とんでもないことをしでかしたこの時も、その場で解決してくださり「解決した。まったく問題ない。」とメッセージ。
その後会った時に謝っても、もはや「なんのことだっけ?」状態。
自分も失敗をするから、悪意のない失敗で人を責めない。そんなことしても意味がないって言うんです。

おかげで次の機会も、恐れることなく挑戦することができる。しかも、何十倍もの注意を払うようになる。小さなことでも、ちゃんと失敗を次の糧にさせてもらえるんですよね。

もし「やったことがないからできない」と考えたとしたら、この世界にあるほとんどのことは、経験したことがないことばかり。そこには何の希望も、可能性もありません。
経験があるかどうかなんて、本質的ではない。大事なのは、自分がそれを夢中になって、やりたいのかどうか。

経験はないけれど、箕輪さんが描く世界を実現するその一端でも担いたい、その世界はとんでもなくセクシーで楽しそうだから。箕輪さんという世紀の広げ人を前にして、広げられた風呂敷を畳み続けたい。
だからどんなに自信がなくても、失敗しても、秘書を続けています。

最高に楽しいことを、しよう

箕輪編集室が大きくなっていくにつれ、いろんな不安の声が聞こえてきます。「みんながすごい人に見える。」「自分が何者か、何をしたらいいかわからない。」
私もそう思います。同じです。今も自信があるかと言われると、ない時の方が多い。自分が何者であるかなんて、明確に宣言できません。

ただ、信じてくれる人がいなかったら、上述のとおり、今の私はいないということは断言できます。「信頼」が何よりも価値があるということを、みの編が教えてくれました。
だから、これからも手を動かします。それは苦しいことを我慢することではなくって、私にとって最高に楽しくて、セクシーなことだから。
もし、「こんなに頑張ってるんだから認めてよ」という思考だったら、むしろ誰も信頼してくれないと思うんです。

みの編なら、コンテンツを消費したり、遊んだりしているうちに、きっと手を動かしたいことが見つかるはず。
それくらいの受け皿は、たくさんあるコミュニティです。各リーダーたちの頑張りを間近で見ているからこそ、断言できます。

ここが、これからもたくさんの人にとっての居場所でありますように。

――――――――――――――
■昨日 7/23(月)のみの編
――――――――――――――
熊本、鹿児島と箕輪さんの講演会を控えている[九州チーム]は、続々と書店さんとコラボしての箕輪本の展開を決めています。熊本に続いて、現在は福岡の書店さんと調整中。それぞれの県に担当が付き、知見をシェアしながら進めています。
[関西チーム]ももちろん行動中。8月末発売の箕輪さん著『死ぬこと以外かすり傷』、これが売れなきゃみの編じゃない…!

箕輪さんからは、9月に開催予定のCAMPFIREさんとのイベント「CAMPFIRE COMMUNITY FESTIVAL」の告知が。
最近注目されている「コミュニティ」のお祭り!様々なサロンが集結するようです。気になるサロンのブースをのぞいたり、サロンオーナーの話を聴いたり、これは熱いイベントになるでしょう。

昨日はまた、みの編内のイベントの募集が開始されました。かねてより[イベントプロデュースチーム]が企画を進めていた「箕輪厚介×北野唯我 就活・転職相談会」です。
今、どんな働き方を選択するのか。一体どうやって自分が何者であるかをPRしていくのか。お二人に切っていただける貴重なイベントです。

NewsPicksで大人気のコンテンツの一つが、毎週水曜放送の「WEEKLY OCHIAI」です。こちらは有料会員にならないと見られない貴重なコンテンツ。この「WEEKLY OCHIAI」のダイジェスト版がこれから非会員でもチラ見できるようになるようです。しかも、制作はみの編[メディアチーム]!

昨日公開されたのは、チーフクリエイティブディレクターで、まさに昨日の18時に自身のサロン「タカオミ動画編集室」をオープンと同時に満員にさせたタカオミが制作。
[メディアチーム]の活躍、目が離せないですね。

[箕輪書店]のメルマガインタビューも行われました。なぜか爆笑できるという噂のメルマガは月一配信中。[箕輪書店]で購入されたことがある方にお届けしています。今月分もお楽しみに♡

[関西チーム]では、ライティング講座が開催されました。それぞれがそれぞれのスキルをシェアしあうのは、みの編の文化です。
みの編では、[ライターチーム]以外でもライティングの機会は結構あるんです。[PRチーム]の「CAMPFIRE活動報告」や「日刊みの編NEWS」、「夕刊ミノ」などなど。
書いてみたいけど、自信がないという方はこういう機会を生かして腕を磨いていくことも可能ですよ♩

[ライターチーム]では、熱狂書評も募集中です!!

――――――――
■今後のみの編
――――――――
7/25(水)
[エンジニアチーム]7月月例会
[メディアチーム]タカオミここにいるよ!会えるよ!の会
[PRチーム]愛されインスタプロジェクトZOOM MTG#0キックオフ
7/26(木)
[フットサル部]第13回フットサル
[東北チーム]ZOOM飲み会Part1
7/27(金)[関西チーム]第一回読書会
7/28(土)
[中部チーム]第6回天空の朝活
[中部チーム]会計を楽しく学ぼう(初級編)
7/28-29(土日)*[イベントプロデュースチーム]秩父大合宿
7/29(日)[東北チーム]ZOOM飲み会Part2
7/30(月)
[PRチーム]懇親会 暑いから室内でこれからのPRのことを話そう
7/31(火)[神社チーム]7月MTG&暑気払い
8/3(金)[ライターチーム]真夏の飲み会
8/8(水)*箕輪厚介×北野唯我 「就活・転職相談会」
8/19(日)[中部チーム]中部大新歓 バーベキューしよう♬

*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト/柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/