【日刊みの編NEWS】チームリーダーをやることで得られること
見出し画像

【日刊みの編NEWS】チームリーダーをやることで得られること

おはようございます。箕輪編集室運営担当の三浦 俊平です。
1月23日(土)の日刊みの編NEWSをお届けします。


今月末から来月にかけて、箕輪編集室の複数のチームでリーダー・サブリーダーの交代を予定しています。

私はもういいおじさんなので、「貪欲に新しいことへ挑戦していく」みたいな熱い気持ちは失くしかけているのですが、若いみんながチーム運営をやりきって「卒業」し、次のステージに向かっていくのを見るのは大好きですし、すごく応援しています。

たぶん、半分親気分なんでしょうね。チームリーダーが卒業するときは、「みの編に入ったばかりのころはあんなに初々しかった彼(彼女)がこんなに立派になって!」みたいな感慨深い気持ちを毎回感じています笑

これまでリーダー経験者がが羽ばたいていくのを何度も見てきたのですが、「そんな彼ら(彼女ら)がみの編でリーダーをやることで得たものって何だろう」っていうことを改めて考えてみました。


みの編でリーダーをやることで得られること

きっと人によっていろいろなものがあると思うんです。「大切な仲間ができた」とか「人を引っ張る経験ができた」とか「新しいことにチャレンジする度胸がついた」「自分にはこれができる! と胸を張れる何かを見つけた」とかね。

そんな中で、もし私が誰かに「みの編でリーダーをやるとなにが得られるんですか」って聞かれたとしたら、たぶん「”事を起こせる力”が身につくよ」っていう説明をするかなって思います。

(「企み力」とでも申しましょうか)


正解なんて無い。いろんなリーダー像がある。

みの編でリーダーに就任すると、日刊コラムで意気込みを表明するのが定番になっています。

みなさん、「自分がリーダーになるとはこれっぽっちも思っていなかった」とか「気付いたらここにきてた」「みんなの後押しを受けて、自信はあんまり無いけどとりあえず就任してみた」といった感じで、戸惑い半分、期待半分の初々しいあいさつをしてくれます。

みの編のグループは小さいところでも100人、大きいところでは400人ものメンバーを抱えています。

学校や会社でそんなに多くの人をまとめる立場に立ったことがない彼ら(彼女ら)が、リーダーとして自分の担当チームをどのように引っ張っていくのか、毎回楽しみに見ています。

最初から自分の理想があって、そこに向かってまっすぐ進んでいく人。周りの意見を取り入れながら、仲間を集めてみんなでチームを作っていく人、リーダーにはいろいろなタイプがありますが、みんな「自分のチームを居心地のいい場所にしたい」という気持ちは同じ。

そこには正解のやり方やルートなんて無くて、「それを探していくプロセス」こそがいい経験になるんだと思います。

最初は戸惑いながらチーム運営に取り掛かった彼ら(彼女ら)が、3ヶ月もすると「自分らしいリーダー像」を見つけ、チームを引っ張っていくのを見て、毎回「すごいなぁ」って感心させられるんです。


そして得られるのが「事を起こせる力」

リーダー陣が自分たちのペースでチームを回すことができるようになると、チーム独自の「定例イベント」が立ち始めます。

読書会、ゲスト対談、雑談配信、スナック、勉強会などなど、リーダー陣のみんなが企画するイベントはバラエティに富んでいます。

最初はおっかなびっくりでイベントを立てていたのが、数ヶ月のうちに「うちのチームの特色はこれ」と日刊で自信を持ってイベントを紹介できるようになるんですから、大したもんです。(数ヶ月の間に度胸も経験もたくさんついていきます)

こうやってリーダーとしてチームを回す経験を積み重ねることで「事を起こせる力」「周囲を巻き込める力」などの能力に加え、「応援してくれるたくさんの仲間」を得ていくわけです。


若者たちは、「何か」を求めて箕輪さんの元に集います。

集まった若者たちが、「誰かの敷いたレールの上を走るだけの人生」を抜けだし、自分で事を起こし、周囲を巻き込む力を身につける。

そして彼らがみの編の枠を飛び出して世に出て行き、それぞれの場で面白いことをはじめ、それがつながって大きなうねりを生み出す。そんなムーブメントが起きたら面白いなって想像しています。


冒頭でも書きましたが、私自身はチャレンジだ何だというフェーズは卒業したので、「事を起こすことができる人たちを生み出す場」を維持し、彼ら(彼女ら)が世の中で面白いことを起こしていくのを眺めて楽しみたいと思っています。

2月から新たにリーダー陣に加わるみなさん、よろしくお願いします。

そして、これからみの編に加わってくれる若者のみなさん。
みなさんが、みの編でリーダー・サブリーダーとして経験を積み、その経験を活かしてそれぞれの場所で羽ばたいてくれることを期待しています。


「事を起こす力」「周囲を巻き込む力」は人生を楽しむための重要なスキルのひとつです。みの編を使い倒し、「充実した人生をおくるために必要なスキル」をどんどん磨いちゃってください!

リーダーを卒業するみんな、卒業おめでとう!
そして、これからもよろしくね!


***

テキスト / 三浦 俊平

***

公式 ツイッター
公式 インスタグラム

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/