日刊バナー

【日刊みの編NEWS】オンラインサロンにおける「Will」「Must」、そして「Should」の話

おはようございます、箕輪編集室ライターチームリーダーの柳田一記です。3月16日(月)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

今日はタイトルにあるとおり、オンラインサロンにおける「Will」(やりたいこと)と「Must」(しなければいけないこと)、そして「Should」(やるべきこと)についてお話したいと思います。

「やりたくないことはやらなくていい」は本当か?

オンラインサロンのメンバーはサロンオーナーにお金を払うことでコミュニティに所属しています。金銭をもらって働く会社の仕事のような強制力はありません。「オンラインサロンはメンバーがやりたいと感じたことをやる場所」だと言われる理由はここにあります。

ですが、今日はあえてオンラインサロンで「やりたくないことをやる」意義について話をします。

オンラインサロンには厳密な意味で「Must」は存在しません。ただ、現実問題として、今箕輪編集室の中核として活躍しているメンバーで純粋にやりたいことだけをやり続けている人間はいないのではないでしょうか。

周囲の信頼を得られなければ「Will」ができないという現実


箕輪編集室ライターチームはタスクが多いチームです。

日々の箕輪編集室公式ノートの更新、ホームページ運営、『箕輪書店だより』などの定例メルマガの配信。さらには取材の書き起こしなど、定期的に発生するタスクやプロダクトを生み出すために必要であるものの、非常に地味なタスクも数多く存在します。

発生するタスクすべてがメンバーのやりたいことではありません。しかし、プロジェクトの状況によっては「やりたくない」と思っていてもやらざるを得なくなることもあるでしょう。

なぜお金を払って、やりたくない作業をするのかと言われれば、それは一緒にプロジェクトを推進しているメンバーのためだったり、コミュニティに対する愛だったりするわけです。

そういった動機でコツコツと地味なタスクを手掛けることによって、周囲からの信頼が得ることができます。

箕輪編集室には多くの人が参加したくなるような魅力的なプロジェクトがたくさんあります。

そんなプロジェクトには応募者が殺到します。手を上げてくれたメンバーの中から参加する人数を選抜しなければならないことも多いです。

そうした時は周囲から信頼を得られる行動を多くとっている人間、周囲から必要とされているタスクを多く実行している人間から優先的に割り振られます。

地味な作業や目立たない苦労を避けて、派手な案件、目立つ案件だけに手をあげる、あるいは実行していく感じですと、なかなか周囲の信頼を得ることはできず、結果としてやりたいプロジェクトに参加する機会を逃してしまうこともあります。

「Must」ではなく「Should」の気持ちで向き合う


話は急に飛びますが、私が好きな漫画で『ちはやふる』(講談社)という作品があります。

競技かるたを題材にした少女漫画ですが、物語の中で主人公に対して、友人が言った以下のようなセリフがあります。

“やりたいことを思いっきりやるためには、やりたくないことも思いっきりやんなきゃいけないんだ”

成績が学校で下から5番目だった主人公は、学校からかるた大会に出場する許可がおりません。諦めきれない主人公はテスト対策を抜け出してかるた大会を観戦しに出かけてしまうわけですが、そんな行動を見た友人から苦言を呈されてしまったわけです。

まあ、このエピソードをオンラインサロンの活動に結びつけるのはちょっと乱暴な気もしますが、どんなプロジェクトも実際に取り組んでみれば、さまざまな業務の組み合わせでできていて、必ずしもすべてが「やりたいこと」に分類されるものではありません。しかし、誰かがそれをしなければプロジェクト全体が頓挫してしまいます。

オンラインサロンのようなコミュニティには「Must」は存在しません。ただ、信頼を得てチャンスをつかむための「Should」(やるべきこと)はあると思っています。

世の中はすべてグラデーション。0:100でやりたいこと、もしくはやりたくないことはあまりありません。仮にタスクを「すごくやりたい」「やりたい」「どちらでもいい」「できればやりたくない」「絶対にやりたくない」の5段階にわけた場合、少なくとも上から3段階目(できれば4段階目)まで視野に入れながら、チームやコミュニティのために活動することができれば世界はどんどん広がっていくはずです。


ーーーーーーーーーーーーー
■昨日 3/15(日)のみの編
―――――――――――――

昨日は日曜日でしたが、朝から遊びチームのみの編野外活動サークル(通称:み野クル)が活動していたようです。

全国で各自活動するという自由度の高いイベント。外で入れたてのコーヒーを飲んだり、焚き火をしたり、散策しつつ温泉に入ったりなど、様々な活動がありました。

昨年も今頃の時期、焚き火イベントがありましたが、焚き火の良さが体感できるとても良いイベントでした。箕輪さんも興味があるようですし、今年もぜひ開催して欲しいです。

夜になると、箕輪さんからの依頼で箕輪さんの4コマ漫画が誕生しました。こちらはりこったさんの作品。30日後、箕輪さんはどうなっていくのでしょうか。次回作品も楽しみです。

デザインチームは、デザインウィークの最終日。参加者の中には皆勤賞の人もいるとか。このイベントを通じて、おそらくデザインチーム内の結束は、より高まったのではないでしょうか。

参加しそびれた方は、ホノカちゃんのグラレポを目を通してみてくださいね。

PRチームでは、新しい試みである音声配信部についてプレゼンしていたようです。今後の活動が楽しみですね。

同じく、PRチームのインスタチームもミーティングがあったようです。成長スピードが恐ろしいと書かれています。今まで以上に、みの編のインスタが盛り上がりそうですね。

日曜日も色々盛りだくさんでしたね。月曜日も頑張っていきましょう。

――――――――
■今後のみの編
――――――――
毎週木曜日[関東]【 #みの編フットサル】定例木曜朝サル
毎週金曜日[PR]【朝活】やるよっ!#朝ガヤ

3/16(月)
[遊びPax mino !]人狼ゲーム@zoom(Zoom)
[中国・四国]オンライン3月新歓zoom(Zoom)
[ライター]ライターチームボトル飲みin Zoom(Zoom)
3/17(火)
[中部]職業図鑑 (Zoom)
[PR]おーじ VS 神 (三浦コラボトーク)(Zoom)
3/20(金)
[中国・四国]【島根】みんなで隠岐の島を遊び尽くせっ!!
【中止】[デザイン]ニトロんとこ集合
[ライター]ライターチーム戦術会議 (定期開催)  (Zoom)
3/22(日)[キャリアデザイン]自己肯定感イベント(Zoom)
3/23(月)
[ライター]ライターチーム 新歓&説明会 (Zoom)
3/24(火)[PR]交渉上手になれる! 根回し講座(Zoom)
3/28(土)
[遊びPax mino!]カラオケ部オフライン(Zoom)
[PR]お花見飲み会…? ーひらべ最初で最後のオフラインイベントー
3/30(月)[学生]バレバレ!? バレンタイン
3/31(火)[PR]みんなでPR会議 (新シーズン開始の季節ですね〜) (Zoom)
4/11(土)[関西][中部]中部と関西の中心で滋賀を叫ぶ~ひこにゃん大撮影会~

*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト / 柳田 一記
昨日のみの編 / 小川 友希栄

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

32
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/