見出し画像

【日刊みの編NEWS】じぶんのココロに火を灯せ

おはようございます。キャリアデザインチームサブリーダーのざっくです。 
12月12日(土)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

今日は、じつはキャリアデザインチームのメッセージになっている『しごとゴコロに火を灯す』をぼくらが決めるまでの話。火が付くまでのお話を。

いったん挫折を経由しての再スタート

キャリデザのサブリーダーになって、いきなり3ヶ月ほど、棒に振りました。

いきなりかよって思ったけど、本当にいきなり何もできませんでした。

コロナからも少しずつ復活しつつある社会の中で、
仕事が忙しくなったり、
社会の情勢の急激な変化に翻弄されて、
なにもできないまま時間だけが過ぎていき、
すまないと思う気持ちだけが積み上がっていきました。

なにもできてないのに責められないのって、一番辛いんですよね。
逆に『仕事大変ですよね』って心配されたりするのって、
むしろ辛くなるだけだった。

一度はキャリデザのサブリーダーを降りようか、と思っていました。
でも、諦めることができませんでした。ごめんなさい。

このままで終わって、自分は満足なのか?

絶対このままじゃ終わりたくないと思った。
このまま終わるより、歯を食いしばって頑張ってみて、
どうしてもだめだったら全力で謝ろう。
そう思いました。自分のココロに火がついた、そんな瞬間。

改めて初心にもどって、自分がこの箕輪編集室に再入会した意味を分析してみました。

最初はただ居場所が欲しかった。楽しいことがやりたかった。

でも途中から、
そんな居場所をつくっている人たちを支えていきたい、
僕のできることを少しでも協力できれば、って思いました。

いろんな仲間に支えられて、企画って当たり前だけどリーダーだけじゃできないし、一人じゃなにもすすまない。

だからこそ、それを知ってもらうための場所にしたい。そのために、改めて僕がキャリデザのサブリーダーになってできることを考えました。

改めて考えた、僕にとってのキャリデザの目的

僕にとってこのキャリデザは、みんなに可能性を作り出す場所にしたい。
そこで考えたのは、キャリデザで僕が盛り上げたいけどどうやって?という話。

時間もお金も能力もある人が、成功するなんて王道のサクセスストーリーをみんなでみて盛り上がるんじゃない。

『みんなで頑張ったおかげで少しできるようになった』小さな成功体験を積み重ねて、大きなものを作りたい。

はじまりは小さな火でもいいから、みんなであつまって、炎にしていく。
そんな意味を込めて、久しぶりに話したリーダーと一緒に決めた言葉。

『しごとゴコロに火を灯す』

最終的な夢は、『みの編発の企業を出すこと』

そんな大きな炎をうみだせるように、全力でコミットしたいと思っています。

なにもしなくても人生。

そんなんでいいのか?

じぶんのココロに火をつけたい!!

そう思うやつ、キャリデザで待ってるぜ

***
テキスト / ざっく
***

公式ツイッター
公式インスタグラム

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/