画像1

第19回 高知の山奥に誕生したイケハヤ経済圏

箕輪厚介・設楽悠介・末吉宏臣
00:00 | 00:30
幻冬舎の箕輪・設楽とDNAパブリッシングの末吉がお送りするラジオ番組「未来の作家のカタチ」。
第19回は「高知の山奥に誕生したイケハヤ経済圏」。

10月に箕輪さん、はあちゅうさん、たむけんさんの3人がイケダハヤトさんの元を訪れた時の話。

箕輪さんは、新書「まだ東京で消耗してるの?」でイケダハヤトさんの元を訪れて以来の訪問。
約2年振りに訪れると、そこには“イケハヤ経済圏”が生まれていた。

場所は高知の山奥。「天空の城」と呼ぶに相応しい、人里離れた場所。
そこに沢山の人が集まり、ビットコインや最新のテクノロジーの話しで盛り上がっている姿を見て、箕輪さんは感動とイケダハヤトさんの凄さを感じる。

何故、人里放たれた山奥に人が集まるのか?
何故、経済圏が誕生したのか?

イケダハヤトさんのブログを読んでいる方は、ご存知の部分が多いかと思います。
しかし、それを現地で見てきた箕輪さんのリアルな話。
是非、お聞きください!

《 第19回の番組内容 》
・天空の城に誕生した、イケハヤ経済圏
・開拓者イケダハヤト
・リアル版「希望の国のエクソダス」
・数年後には独自の経済特区が誕生?

【出演者】
箕輪厚介
https://twitter.com/minowanowa
設楽悠介
https://twitter.com/ysksdr
末吉宏臣(ナビゲーター)
https://twitter.com/hiroomisueyoshi

【制作協力】
デザイン:前田高志
https://twitter.com/DESIGN_NASU
運営・管理:小瀧友貴
https://twitter.com/yk_mario

【Youtube】
みのわチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC8wKXRtva_tOgAfiSvyLoKw...

【テキスト配信】
https://note.mu/met2017/n/n91032edaf6f8
ライター:Y.Saito
(https://twitter.com/utahs_on)
編集:服部祥子
(https://twitter.com/shokohattori)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

#箕輪編集室 公式

『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

【ラジオ版】出版3.0時代の「未来の作家のカタチ」

幻冬舎 箕輪厚介とDNAパブリッシング 末吉宏臣のラジオ番組。 堀江貴文の『多動力』や見城徹の『たった一人の熱狂』などを手がけた箕輪厚介、『なぜ堀江貴文の本はすべてベストセラーになるのか』を編集し、数々のベストセラー作家のプロデュースを手がける末吉宏臣。出版の最前線にいるか...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。