夕刊ミノ

【夕刊ミノ】みの宿オーナーのおかん、みの邸に初潜入!!

こんばんは。箕輪編集室関西チーム のおかんこと、田中啓滋です。
11月23日(金)の夕刊ミノをお届けします。

関西チームには僕が宿として提供している場所(実家)、通称「みの宿」というものがあり、メンバーの憩いの場になってます。また、みの宿では勉強会やオフラインでの交流会、宿泊場所の提供まで行なっています(11月いっぱい休館中)。

みの宿おかん(オーナー)の僕が、東京での就活に合わせて、みの邸(箕輪編集室のメンバーで共同使用しているシェアハウス)に宿泊してきました!
というわけで、その感想等々を、(関西弁濃いめで)皆さんにお届けしたいなと思います!

舐めてました。みの邸のクオリティを

行く前はね、こない思ってたんですよ。

非公式やけどね、うちのが先にやらせてもらってますねん。
公式だかなんだか知らんけど、どーせ大したことあらへんやろ?

で、実際にね、行かせてもらいましたよ。
ほならね、もうね、全然ちゃうねん。
まず最初にね、キレイやねん。
宿と邸の差、こういうことでっか!!
ってくらいに、キレイやねん。

ほんでな、一人一人に個室がありますねん。
ゲストも個室で寝れますねん。
しかもベッド。うち、雑魚寝ですんません…

ほんでみんなが集まる共用部。
なんやねん、あれ。
みんなが集まれるテーブルがあって、
テレビに、ソファに、快適なネット環境、
ほんで隣がキッチンやから、あったかいご飯をみんなで食べられる。
控えめに言って、良すぎとちゃいますか?
しかも、途中でアップデートされてね。
オシャレになりましたわ!


「住む」だけやない。「交流」こそがシェアハウスの魅力

宿泊や普段の生活だけでも快適やけど。
それだけやございません。

住民&宿泊者の交流を深めるべく、タコパがあったり。



アヒージョも食べれたりしてます!


そして今日は、みの邸で鍋&タコパが!!


シェアハウスの魅力って、生活費が抑えられるとか、安全だとか、
そういうのを想定していたけど。
実際に住んでみて思うのは、”ひとりぼっちにならないこと”、なのかもしれない。

一緒に生活をして、お互いの大事なものもさらけ出して、
オンラインでの繋がりなんて薄いものじゃなくて、
それこそ家族くらい深い繋がりができる。

箕輪編集室では、多様な人との繋がりを作れる場所なので、
シェアハウスとの相性は抜群に良いかも。

とは言え、まだまだ課題はありそう。

認知の低さだったり、住人希望が少なかったり。
女性がまだまだ遊びに行きにくいかも。

なので、みの邸の住人はもちろんやけど、
みんなも利用してみて、感想を発信して行きましょう!

テラスハウスみたいな、恋が生まれるのも期待していますw

そしてそして。
みの宿のことももちろん忘れずに(゚∀゚)
僕が関東で就職しても、みの宿は運営しまっせー!
就職した場合の運営方法も、すでに考えてます!

テキスト/田中啓滋
編集/砂糖 塩


***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
13
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。