見出し画像

第20回 感性を研ぎ澄ましていないライターは要らない

★この記事は単品でも購入できますが、月額マガジン『編集2.0』内にも含まれています

二極化するライター市場

末吉:今回は本づくりについても話を振ってみようかなと。

設楽:いいですね。

末吉:本を作るとき、ライターさんが入ることもあると思うんですけど、こういうライターさん良いな、良かったなっていうのを聞かせてください。結構ライターになりたいなっていう人いると思うんですよね。

箕輪:いや、まともなライターさんはもういないですね。クソみたいなライターほどクソみたいなこと言ってくる。

末吉:なるほど(笑)。逆にクソなライターさんはどういうとこがダメなんですか?

続きをみるには

残り 2,627字
この記事のみ ¥ 600

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?