見出し画像

【日刊みの編NEWS】次の世代に任せよう

おはようございます。箕輪編集室キャリアデザインチームリーダーのKEIです。
6月1日(火)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

いよいよ6月ですね。もう半年が過ぎようとしています。
僕は教職を学校でとっているのですが授業を受けるたびに教育ってなんだろうと考えてしまうことがあります。

教育とは...生徒が失敗しないようにすること??いい子ちゃんに育てる事??
英語が話せる人間をつくること??( ̄ω ̄;)エートォ...

難しい...

でもこうはなってはいけない!という想像は出来ますよね!!
犯罪に走ったり、人を傷つけることを平気で言ったり、無責任な態度をとったり、教育とは一言では片づけられませんが絶対にこれは違うというモノは存在するんです。

そして受講していくなかで僕ならこういう教育をする!あるいは教育者の立場になったらこうありたい!というものも出てきました。

それは「下の世代の可能性を潰さないこと、そして可能性を作ること」

というのも、なんだか今の世の中ってとても窮屈な気がするんです😢

少し過激なことを言えば叩かれるし、SNSで投稿する時も自分の見られ方を気にしなきゃいけないし、知らない人から一方的に評価されなきゃいけないし...
SNS一つにしても本来はもっと自由であったはず...(だからといってデマは良くないよネ)
これらを守ってSNS使っているだけでえっへん<(`^´)>されても嫌な思いするだけだよ...


こんなこと感じながら生きていたら疲れるし挑戦しようって気持ちが薄れてしまってもしかたないと思います。
実際日本人の若い人の未来への不安度って年々高くなっていることも統計ででているんですよ!未来は怖いけど今だけは楽しく生きたいと思う人が多いんです。

だから僕はこれから社会に出る人や生まれて来る人が生きづらくなるようなことをしたくないんです。子どもは環境を選べません。僕たちが作った世界で生きていくしかないんです。
たしかに僕たちのルールで生きれば楽かもしれないけど、それって本当にいい事なのか。
次の世代がなんでもしやすいように道を舗装して、どんな世界にするかは次の世代に任せるべきではないでしょうか??と僕は思っています。

みなさんが教育をする立場だったらどのような教育をしますか??
布団に入った時にでも考えてみてください。

キャリアデザインチームリーダーKEIでしたん♪

***

テキスト / KEI

***

公式Twitter
公式Instagram

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/