オラ_コモエスタス_夕刊ミノバナー_

オラ、コモエスタス? 集まれ入会3ヶ月 情熱をupdateしよう♪【夕刊ミノ】コミュニティデザインチーム

こんばんは。箕輪編集室コミュニティデザインチームの杉町瞳です。11月13日(水)の夕刊ミノをお届けします。

10月9日(水)に開催された箕輪さんおごり企画「オラ、コモエスタス? 集まれ入会3ヶ月 情熱をupdateしよう♪」についてお伝えします。

ワクワクすることや楽しいことがあると、今までの日常がガラッと変わり輝いて見えたりしませんか?

私が箕輪編集室に入会して1ヶ月経過しました。少しずつ、見える景色が変わってきました。私にとって箕輪編集室の魅力は、以下の3つです。

①色々なコンテンツがあること
②手を挙げれば実行できるチャンスがあること
③しがらみのない横の繋がりができること

私の箕輪編集室との関わり方について、少しでも皆様の参考になれば嬉しいです。

入り口は「メモの魔力」

夢中になれるものが欲しい。何かに没頭したい。そう思っているのに「何か」を見つけられずにモヤモヤとしていた私は、前田さんの『メモの魔力』を読んで初めて、自分と向き合えていないことに気がつきました。

読後はなんでもできる無敵の高揚感に包まれ、すぐにMOLESKINEを購入するため、大阪の茶屋町にある梅田ロフトまで走りました。そして1000本ノック(『メモの魔力』特別付録の自己分析1000問)を開始しました。

1000本ノックを開始したものの、まぁこれが進まない。え・・・難しくない? みんな、普通にこれできてるの? と思って検索すると「幼少期の理想の住まいは?」の質問の落としどころを、前田さんに聞いている箕輪さんのTwitterを発見しました。

箕輪さんを初めて認識したのがこの時でした。そこから、動きながら考えてみようと、箕輪編集室に入ることを決めました。


とりあえず手を挙げてみる

箕輪編集室に入るとグループ、コンテンツ、スレッドがたくさんあり、しばらくタジタジとしていました。というよりも、そもそもFacebookの使い方がわからない! という初歩的な部分でつまづいていました。

そんな中、9月入会同期オンライン懇親会の幹事を募るコンテンツが立っているのを発見し、とりあえず動かなければ! と、締切日が過ぎていたもののダメ元で応募し、ギリギリ幹事の一員に滑り込みました。

懇親会を盛り上げるためにTwitterでの呼びかけやFacebookでの個別声かけなどの役割が着々と決まる中、そもそもSNSから離れていた私はTwitterを登録することからはじめました。

一人だけレベル感が違うなぁと思っていると、幹事オンラインMTGにアドバイザーとして参加されていた高橋さんが「箕輪編集室きっかけでTwitterはじめたこと書くと、いいね!してくれやすいよ」「#箕輪編集室って入れると、箕輪編集室・公式さんが探してくれるよ」など、たくさんアドバイスをくださいました。

またその時に「入会3ヶ月飲み会で幹事募集してるから、よかったら考えてみてね」と声かけいただいたことで、10月にオフラインでのイベントがあることを知りました。

目から鱗・・・からの、やります、行きます!

入会3ヶ月飲み会は、平日東京開催だったので、参加も、ましてや幹事をするなんて考えてもいませんでした。

しかし9月同期で同じ関西在住のちさとさんに「当日行けないけど私幹事やるよ〜。ひとみちゃんもやろうよ!」と誘っていただき、当日参加しなくても幹事やるって選択肢あるんだ! と、目から鱗。

ちょうど東京出張の前日だったので、やっちゃえ!精神で有給休暇を取得し、当日参加で幹事の一員となりました。幹事メンバーは、和久井さん、日野さん久鷹さん、ちさとさんの5名。なんと和久井さん以外の4名が9月同期メンバーでした。そして絶大なるサポートをしていただいたのがGotoさんと高橋さん。

私が幹事メンバーに加わった時は既に開催2週間前で、会場は決定済み、イベントタイトルの募集をかけていたタイミングでした。

オラ、コモエスタス? を拡散せよ

箕輪編集室のイベントにはぴったりの情熱の国=スペイン料理店での開催だったので、スペイン文化を取り入れたら楽しいかも! と、まずスペインについてリサーチをはじめました。

頰を2回合わせる挨拶、ピニャータ割りなど、なかなか企画に取り入れるには難しかったので、せめてタイトルに遊び心をと思い、何か引っかかりのある言葉(スペイン語)を入れてはどうかと案をぶつけてみました。

いくつかの応募がありタイトルが決まりかけていた時だったので、ドキドキしながら発言したのですが、すぐに「いいじゃん!」と幹事メンバーから反応をもらい「オラ、コモエスタス?」をタイトル冒頭に採用してもらえることになりました。

そこから、よくわからないけどとにかく言ってみたいフレーズになってほしいと、「オラ、コモエスタス?」を合言葉に動きました。

乾杯の挨拶から「箕輪さんがオラ? と言ったら、皆さん全員でコモエスタス! と言ってくださいね。最後そういう流れなんで」と箕輪さんにお願いする前に全体に説明して準備万端。「え? 俺、聞いてないんだけど」と言いつつ箕輪さんも乗ってくれて、

箕輪さん:「オラ?」
皆:「コモエスタス〜!」

で最後は最高に盛り上がって締めていただきました。

私が箕輪編集室に入って1ヶ月が経過しました。まだ見違えるほどの変化はしていません。ただ、一つひとつの決断が、行動が、大きな変化を生むと思っています。

箕輪編集室のメンバーは、人を受け入れる。何かやろうとする人に対して優しい。各々が自主的に動く。不足している部分があったら補う。

そんな、人としても学ぶことが多いコミュニティです。このプラスのエネルギーが流れるコミュニティの中でいかに自分が動き、学べるかと思うとワクワクが止まりません。

思い立った時がタイミング! これからです、これから。

画像1

撮影/小林久鷹


テキスト/杉町瞳
編集/鹿田正弘
バナー/ゆってぃ


***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
14
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 512本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。