見出し画像

【日刊みの編NEWS】神社をアップデート! みの編ボルシチ屋台プロジェクト

おはようございます。箕輪編集室 箕輪食堂のマツです。5月27日(月)の日刊みの編NEWSをお届けします。

先週末の5/18(土)・19(日)に小野照崎神社にて開催された大祭。そちらに箕輪食堂として、ボルシチ屋台を出させていただきました。今日の日刊は、その際にご協力いただいた皆さんへの感謝の気持ちとともにお伝えします。

2日間に渡り大盛況を納めたボルシチ屋台ですが、その影には知られざる苦労がたくさんありました。今、振り返ると、改めて最高のチームで取り組めたと思えます。到底、お届けしきれないくらいのドラマがあったわけですが、一部でも綴っていこうと思います。

まず屋台本体。
屋台の骨組みはレンタルしました。こちらの手配をしてくださったのが、イベントプロデュースチームで活躍しているまっすぐマンです。他にも、屋台や仕込みで使う寸胴やIHの手配など、屋台前日から大祭終了後の月曜日まで、準備と最後の最後の片付けまで担当してくださいました。
ありがとうございました。

続いて、屋台の幕!
「ボルシチ」と大きく書かれた、ロシア国旗が連想される白地に赤と青のラインが特徴的な幕は、デザインチームのでらみさんがデザインしてくれました。
納期の短い中でのお願いだったのですが、クオリティの高いアウトプットを出してくださいました。

当日お店に飾ってあったオシャレなブラックボードも、彼女が夜なべして用意してくれたものです。チョークアートまでできてしまうマルチな才能の持ち主です。


さらに、屋台に飾ってあったPOP、これは森さんがデザインしてくださいました。こちらも短納期で仕上げてくださりありがとうございました。

屋台に立つメンバーが着ていた、反響の大きかった箕輪食堂Tシャツ。
山崎さんのデザインしてくださったのものを採用させていただいたのですが、これが実物にするとめちゃくちゃカッコいい!
山崎さん、そして手配してくださったラブソルの皆さん、ありがとうございました。

続いて、料理について。
ボルシチを作ると決まった後、レシピは俺が考案し、何度も試作を重ねて完成させたのですが、大変なのはそこから先です。
大量の材料を仕入れなければいけませんでしたし、大量の材料を仕込まなければいけませんでした。

材料をすべて仕入れてくれたのは、今や箕輪食堂になくてはならない存在のせきぴです。
そして大変だった調理は、全国各地の精鋭の力を借りてやりきりました。
北海道から、みの編屋台のために来てくれたなみちゃんや、金沢からの使者「ゴールデンみの(金沢が本拠地のみの編メンバーによって結成されています)」のメンバー、愛知からはるばるやって来た方々。

他にも、もともとシフトに入ってなかったにもかかわらず、有志でお手伝いしてくださった方々もおり、おかげさまで順調に仕込みを終えることができました。

ドリンクとして販売したジンジャーボンバーは、熊本のハタウタカジツさんのご協力により、販売が実現しました。
難しかったのは、ビールや炭酸水でカクテルにするときのその割合です。これはみの邸チームリーダーのなべちゃんが取り組んでくれました。

お店で出していたジンジャーボンバーのカップ。お買い上げいただいた方はお気づきと思いますが、おみくじがついていました。こちらのデザインは、前述のでらみさんと、こじまそうきさんが本当に前日まで頑張ってやってくれました。みなさんは、何狂でしたか?

他にも屋台では、あの、新しい死ぬカスカルタを販することができました!屋台のために関西から来てくれたみよしん。遠方はるばる、感謝しかありません。

さて、屋台の売り子の方ですが、こちらのオペレーションは、イベントプロデュースチームのいーむろんがやってくれました。彼は、今回のみの編屋台のプロジェクトリーダーとして奔走してくれました。

イベントプロデュースチームと言えばのいけまさんは、いつものように要所要所でヌケ穴を塞ぎ、時にアヒルの人形で場を和ませてくれました。

仕込みや屋台のオペレーションのために、メンバーのシフトを組んでくださったのは、ゆきえさん。当日になっても変化していく人の動きを、きちんと整理してくださいました。

イベントプロデュースチームリーダーのアザミックスは、みの編マフィアの写真撮影で盛り上げてくださいました。今回もカッコいい写真がいくつも出来上がりました。

また、まさに今、経費清算中。屋台が終わってもお仕事は続く、会計係のしほのん。当日はご事情により、現場に来られず残念だったのですが、最後の清算、どうぞよろしくお願いします。

そして今回、屋台を出店する枠を下さった小野照崎神社の神職をつとめる小野さん。お祭りに向けてご自身の役割で大いに忙しい中、最後までご助力くださり、ありがとうございました。

どれだけ書いても、やはり書ききれません。感謝申し上げたい方々は他にも沢山います。なぜこんなに感謝感謝と言っているかというと、絶対にひとりでは出来なかったから。

各々ができることをそれぞれ考え、誰に言われるでもなく自発的にこなしてくださった。皆さんの愛ある行動のお陰で、屋台は成り立ったのです。その愛には、感謝するしかありません。

文字制限の都合上、感謝申し上げたい方々全員を載せることは叶いませんが、本文をもって、お礼と代えさせていただきます。ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーー
■昨日5/26(日)のみの編
―――――――――――――
箕輪★狂介さんのCDリリースイベントツアーもファイナルを迎えました。実験道場のメンバーも駆けつけてくれ、ラストライブを盛り上げてくれました。

みの邸谷在家では、幻のボルシチをもう一度食べる「さよならボルシチ」の会が行われました。ラストボルシチが、まさかのカレーアレンジ! せきぴによる力作、美味しそうですね。

PRチームでは久々の平部ゼミ「Twitter発信力強化の極意【初級】」を開催しました。急遽開催が決まり前日に告知したにも関わらず25名ものメンバーが参加しました。ぜひ連続講座にしてほしいですね。

中国・四国チームでは阿波踊り企画 進捗報告会&戦略会議を行いました。たくさんのアドバイスが飛び交う温かいミーティングとなったようです。

――――――――
■今後のみの編
――――――――
毎週火曜日 The UPDATE 特別観覧*
5/27(月)[アジアチーム]アジアチーム・プランニングミーティング
5/28(火)
[RRチーム]戦略会議
[キャリアデザインチーム]キャリデザ飲み会in 渋谷
5/29(水)
[コミュニティデザインチーム]コミュデザ読書会WE ARE LONELY,BUT NOT ALONE.
[ライターチーム]オリエンテーション開催
5/31(金)2019年5月新規加入者交流の場
6/1(土)~2(日)[中部チーム]中部動画合宿
6/9(日)
[関西チーム]みの編関西新歓
[関東チーム]みの邸で映画フェスティバル vol.2
[中部チーム]中部相伝!広げて畳むイベント運営の極意
[中部チーム]中部相伝!中部食堂 ~世界は中部のもの~
7/27(土)『夏の大イベント』箕輪編集室xアソビカタSalon‐初島ジャック‐*
*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト/松下 和弘
編集/柴山 由香
昨日のみの編/荻原 茜

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

31
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。