見出し画像

【日刊みの編NEWS】ちいさな変化で十分です。

おはようございます、箕輪編集室運営の柴山 由香です。11月15日(木)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

先日、うっかり風邪を引いてしまいました…。

何かやりたい!と思ったらすぐさまツイートしたり、人にコンタクトを取ったり、飛行機のチケット押さえたり、なんならECサイト作っちゃったり動画作っちゃったりして、すぐにでも始められる今の時代。
こんな時だからこそ、健康って大事ですね。そのほかのやれない理由なんて、いくらでもどうにでもできますからね。

ちなみに「喉痛いー。」なんてうっかりツイートをしようものなら箕輪編集室の多様性と数の力によって、鍼灸師さんやなんならお医者さんも登場してアドバイスしてくれたり、治療しようとしてくれますからね!

それもこれも、箕輪編集室というコミュニティにたまたま私が属しているから。
コミュニティの力って、本当にすごいんです。その力は目には見えないけれど、一つや二つではない。私はコミュニティの力を信じているんです。

コミュニティの力を可視化するのは、メンバーたち

普段は目には見えないコミュニティの力が、時折、可視化される瞬間があります。それは、他ならぬ所属メンバーによってもたらされる瞬間です。

例えば、起業することになったメンバー。自分一人で行動していたら、きっとこうはならなかったと言うのです。
箕輪編集室には動画を作るチャンスがたくさんあって、作ったら広めてくれる仲間がたくさんいて、広まるから市場で誰かの目に止まる。

箕輪編集室をモデルに、自らの専門性を掛け合わせる。やるべきことが定まったらぐっと体重をかけるのは、まさに箕輪さん流。活動に共鳴したみの編メンバーがジョインする光景ももちろん見られます。
やがて箕輪さんを招いてともに登壇し、活動がさらに広がっていく。

こんな例は、もしかしたらすごすぎて自分には関係ないって感じてしまうかもしれません。
実際、成し遂げているメンバーは「そんなことない」って言うんですけどね。私自身も、大したことは成していませんが、同じように「そんなことない」って思うんですよ。

私は箕輪編集室ができたときからここにいて、ずっと見てきましたから。どのメンバーも理想を描いて入ってきて、でも実際どう関わっていいかわからなくて戸惑ったり、周りがすごく見えてしまったり、つまらなくて一度辞めてしまったり。
そういう段階を経て、それでも自分から関わろうと行動できた先に変化が訪れている例をいくつも見てきました最初はみんな同じなんです。

はじめは、ちいさなちいさな変化でいい

コミュニティに所属したからといって、誰もが起業したり自分のコミュニティを持つようになるわけではありません。外から見てすぐわかるような変化を起こすまでには並大抵でない努力が必要ですし、それまでの蓄積もありますし、また「時流」というものもあります。

はじめに起こるのは、ちいさなちいさな変化です。そして、それに気がつくことがとても大切だと私は思います。

箕輪編集室の運営担当として、私が心がけていることは「よく見る」こと。メンバーのツイートやFacebookグループ内での出来事を、できるだけ見るようにしています。コミュニティの運営において「現場」ほど大事なものはなく、「メンバー」と一括りにしてはいるものの、一人一人違う人間であることを忘れてはならないのです。そういう意味で運営方法に再現性はありませんね。丹念に、愛情をもって見て行くことのみと思っています。

そうやって「見て」いくと、こんな瞬間に出会えることが多々あります。

ちょっとした変化。それはマインドだったり、行動だったり、働き方だったり。

同じ事柄でも、表現が変わるだけで見える世界がガラリと変わったり。

こんな瞬間に立ち会えると、何より幸せな気持ちになります。自分のちいさな変化に気がつけたら、きっと本人も嬉しいはず。それは必ず自分の力になりますから。そんな変化を目にして、時にはプロジェクトリーダーをお願いしたり、運営に声をかけることもあるんです。

どんな変化も、はじめはかすかな波紋のようなものから起こっていきます。ほんの数パーセントの自分の変化を自覚し、力に変えてさらに行動を起こして行くと、変化のスピードと質量は指数関数的に増えていきます。正しい努力って、複利で自分に還ってくるんですよ。

先に挙げたような成果を手にしつつある人たちが、それを体現してくれています。何より、箕輪さんが体現してくれていますね。

そのための方法や、身に付けたいスキルは箕輪編集室の場合、あらゆるところでシェアされています。あとは、変わり続けることをやめないだけ。

さぁ、自分の小さな変化を味わっていきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーー
■昨日 11/14(水)のみの編
――――――――――――――

みの邸 谷在家では朝活からのたこ焼きパーティ!いつも近くに仲間がいるって良いですよね。たこ焼きも美味しそうです。

11月の新歓のバナーができあがりました。バナーを作ってくださったきわさんは10月入会で前回の新歓参加者だそう。箕輪さんからもバナーを褒められていましたよ!

11月の新歓は本日20時からPeatixでの申し込みを受け付けます。新歓でぜひ仲間を見つけてください。

学生チームでも新人さん歓迎のZoomオリエンが予定されています。

学生チームは先日もZoom飲みを開催し、合宿とビジネスをやることにしたそうです。みの編の学生ブランドを創りたい学生さんはぜひ学生チームへ!

――――――――
■今後のみの編
――――――――
11/15(木)
[キャリデザチーム]アドバイザー本間さんと飲み会
[イベプロチーム]イベプロ大戦略会議ZOOM
11/17(土)[関東チーム]神社で美味しいもの食べよう!
11/18(日)[関東サウナ部]みんなでサウナに行こう!
11/19(月)*[ライターチーム]編集者・ライター実践ゼミ 第3回 企画の作り方(講師:箕輪厚介)
11/20(火)[中部チーム]平日飲み会 初心者の館
11/23(金祝)[関東チーム]東京雑学散歩&みの邸バーベキュー
11/26(月)[神社チーム]11月度チームミーティング
11/28(水)[アジアチーム]クメール語勉強会

*は箕輪さん参加予定のイベントです。

コラム/柴山 由香
昨日のみの編/荻原 茜

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
13
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

日刊みの編NEWS
日刊みの編NEWS
  • 944本

箕輪編集室運営チームからのお知らせです。 ・今、箕輪編集室で勃発していること ・定例会や飲み会、一般参加OKのイベント情報 …などなど、みの編のあれこれを畳み人・運営メンバーがリレー式で書いていきます。 箕輪編集室に入っている人も興味があるけどまだ入っていない人も、これを読めばみの編マスターになれる…かも?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。