見出し画像

これぞチーム戦の醍醐味! 多彩なメンバーを迎えて夕刊を盛り上げます!【夕刊ミノ】夕刊ミノチーム

こんばんは。箕輪編集室夕刊ミノチームの清水えまいです。11月13日の夕刊ミノをお届けします。

今回の夕刊ミノは私がリーダーに就任してから現在に至るまでのお話と、11月のメンバー紹介をします。

リーダー就任時、夕刊ミノは崖っぷちだった

2020年8月、私は夕刊ミノのリーダーに就任しました。人生のキャリアの中で編集に携わったことはおろか、ライティングさえまともに経験したことがありませんでした。歴代のリーダーは箕輪編集室(以下、みの編)で活躍し、みの編を支え続けているそうそうたるメンバーばかり。明らかに力不足です。

また、夕刊ミノ自体も目に見えて勢いを失っていました。以前は毎日のように記事掲載依頼が来て、猫の手も借りたいほど忙しかったと聞いておりました。
以前は毎月募集している編集メンバー、バナー作成メンバーの応募も希望者が多く12人の定員がすぐ埋まるほどでしたが、募集をかけてもほとんど反応がありません。
というわけで最初の月はみの編の古参メンバーのDKさんとレギュラーメンバーの黒羽くんたろうちゃん荒木さんの5人でのスタートとなりました。

にっちもさっちも行かない状況で救われた一言

初月は夕刊ミノを回すことに手一杯で肝心の「記事を増やす」ことにたどり着けませんでした。記事をくださいと言っても増えない。2020年4月にみの編に入会した私は各チームに人脈があるわけでもなく、おまけに人に頼みごとが苦手な性格が邪魔をします。
しかし、待っていたって状況は変わりません。行動するしかありません。何をどうすれば良い方向に向かうのか。悶々と悩み、時間だけがいたずらに過ぎていきます。実はこの頃「記事掲載依頼の需要がないなら、いっそのこと夕刊そのものを終わりにしてしまおうか」とまで考えました。

そんな時に、雑談でDKさんに言われた一言で一筋の光が見えました。
「みの編は決まりはあってないようなもんなので、提案したもん勝ちというか、やりたいように提案してより良いものにしていこうって気概があればなんでも大丈夫」
そうか! 記事がないんだったら自分で書けばいいんだ! 背中を押された瞬間でした。冷静に考えれば当たり前の考えですが当時の私はその余裕すらなかったのです。(DKさん、この場をお借りして感謝申し上げます。)

行動した先に驚きの光景が

1人で記事を書き量産するといっても限界があるのは分かってました。ですので願いは1つ。一緒に走ってくれる仲間が欲しい。そのためには何ができるか。私は思いつく限りのことを片っ端から始めました。

いろいろなチームのイベントに顔出す。記事が書けそうなイベントなら自ら率先して書く。それも1週間以内に掲載するスピード感を持って動く。アーカイブが残っているならそこから記事を書く。記事を書きたくなるようなイベントを考えてみる。Twitterで記事執筆の募集を投稿する。毎月のメンバー募集の投稿文を参加したくなるように工夫する。過去の記事を読み漁る(面白過ぎて眠れなくなる)。そして誰よりも夕刊ミノを楽しみ、誰よりも夕刊ミノのファンで居続ける。

どれが実を結んだかは定かではありません。しかし当初5人だった夕刊ミノメンバーは、11月でなんと編集メンバー5人、バナー作成メンバー6人の合計11人にまで増えたのです!

伴走してくれる仲間がいるから頑張れる

そして11月6日に夕刊ミノ11月メンバーの初回ミーティングが行われました。

それではここで11月メンバーを紹介します!

【編集メンバー】

清水えまい(リーダー)
2020年4月入会。書くことを鍛えたくて入会。挑戦をためらっている人が挑戦しやすいチーム作りと、夕刊ミノを経験して自信が付いたと思ってもらえるようなチームを目指してます。

よっつさん
2019年秋ごろ入会。本業以外の経験をしたくて入会。9月から編集メンバー。納期は絶対守る寡黙な職人。今月は記事1本書くことが目標。

ゆりなさん
2019年6月入会。PRチームサブリーダーとの兼任。みの編公式インスタの運用に携わっている。PRチームの夕刊記事のチェックを通して編集に興味が湧き今月から参加。いろいろ勉強したい。軽やかに盛り上げてくれます。

黒羽大河くん(レギュラーメンバー)
2019年11月入会。ミーティング中のアシストはライターチームNo.1。8月の定例会の記事の編集を手がける。サウナランドにも参加しているライターチームの注目株です。

ひかみたろうちゃん(レギュラーメンバー)
みの編歴2年以上。みの編内でのイベント出没率No.1。みの編のイベントに彼あり。サウナランド、箕輪書店チームサブリーダー兼任。バイタリティと優しさを兼ね備えたみの編の巨人。

【バナーメンバー】 

げんちゃん
2019年11月入会。大学生。四国・中国チームサブリーダー。バナー作成に興味があり先月から参加。初めてのバナー作りで“達成感を味わいつつも、もっと作ってみたい”とアグレッシブな姿勢。
<担当したバナー>

・ももさん
2020年9月入会。熊本在住の大学3年生。箕輪さんの熊本旅行イベントに参加。みの校のイベントのバナーも手がける。経験のある食品以外のバナーを手がけたいと思い先月から参加。

こぶさん
2020年7月入会。高知在住のデザイナー。ニトロさんのデザイン家庭教師を機に場数を踏みたくて先月から参加。夕刊のバナーを作ってみて“楽しかったし、もっと質を高めたい”と向上心溢れるメンバー。
<担当したバナー>

わささん
2020年7月入会。8月に転職&みの邸糀谷に引っ越しでようやくみの編に参加できるようになったため夕刊に今月から参加。バナー作成経験者。柔らかい、かわいいバナーを作ったことがないのでやってみたい。

たけちゃん
2020年10月入会。フリーのデザイナー。バナーは未経験でも手を動かしたくて今月から参加。サウナランドで似顔絵プロジェクトに参加中。早速夕刊バナーを作るフットワークの軽いメンバー。
<担当したバナー>

荒木和憲さん(レギュラーメンバー)
2019年4月入会。2020年1月から夕刊ミノのバナーメンバー。関西が誇るバナーの達人。夕刊ミノのバナーと言えば荒木さんなしには語れません。夕刊への愛が半端じゃありません。年末までにバナー40本作ることが目標。
<担当したバナー>

ご覧の通り、キャリアも、みの編歴も、バックグラウンドも違うメンバーが集まってくれました!本当に頼もしい限りです!!

最後に、今の夕刊ミノにぴったりな、アフリカのことわざを紹介します。

『早く行きたければ、ひとりで行け。遠くまで行きたければ、みんなで行け。』

夕刊ミノはこのメンバーで、少しでも遠くへ行きたいので、11月、夕刊盛り上げていきますよ!

記事もバナーも大募集中です!!

***

テキスト/清水えまい
編集/吉田 百合菜
バナー/たけちゃん

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
24
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 524本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。