見出し画像

行動して行動して、居場所を得た。僕に大切なことを教えてくれたフィリピン留学 #みのQフェス  【セブ島通信】

箕輪編集室セブ島チームのリーダーをしています、二宮です。

僕は以前、箕輪編集室とQQ english さんとのコラボプロジェクトで、セブ島のQQ English ITpark校に4週間無料で留学を体験させてもらいました。
そして今は再びセブ島を訪れ、今度はQQさんとみの編のコラボイベント開催のために準備をしています。

今回は、イベント運営のために総勢20名ほどのみの編メンバーがセブ島に集結します。早いメンバーで8日からセブ入りし、イベント準備をしながらまたまたQQさんが無償で提供してくれた英語留学の機会を楽しんでいます。
今日は、みんなの留学体験最終日!

自ずと、僕は自分が留学した時の卒業の時を思い出しました。
そこで今回は、卒業式に向けて僕たちがやってきたことと、卒業式の様子をシェアしていきたいと思います。
(実際に1か月などの期間、留学をするとQQさんでは卒業式に参加できます!)

楽しかったから、大好きだから卒業式を盛り上げたい!

1ヶ月って、本当にあっという間なんですよね…。楽しい留学期間もどんどん過ぎて行って、卒業の時を意識するようになりました。
あまりにも充実した日々、卒業式で何か恩返しじゃないけど、みんなが笑顔になるような企画ができないかなと、同時期留学していた仲間であるお嬢と相談しました。

フィリピンは音楽の街!!
フィリピン人は歌うことが大好き!

先生や他の生徒とコラボでコンサートをして QQ English を盛り上げたい!!

これが僕とお嬢が考えた企画でした。

実際にどうなったか、卒業式の様子をご紹介します!

おかげさまで、このように大盛況!

今回一緒に歌ってくれたのは、僕とマンツーマンの授業で一緒だったLANY先生。そして、お嬢はロシアの生徒AMIEと。

『僕🇯🇵✖︎LANY🇵🇭』でwhole new world♩
『お嬢🇯🇵✖︎AMIE🇷🇺』でshallow♩
まさに国境を超えたコラボレーション。生徒と先生のコラボレーションです!そして人が人を呼び、卒業式は満員になりました!!(泣)

スクリーンショット 2019-09-13 16.57.58


ありがたいことに、僕は先生の間でファニーボーイで有名だったみたいで(笑)、色んな先生がすれ違う度に「卒業式行くね!」と言ってくれました。
そして、お嬢はというと中東エリアの生徒から絶大な人気を誇っており、大勢の生徒が卒業式に駆けつけてくれました。
そして人が人を呼び、卒業式は満員になりました!!(泣)

メンバー集め、歌の練習。道程はそう簡単にいかない

こうして、当日だけを振り返ってみると何もかもが順調だったように感じますが、当然、そんなことはありませんでした…。

まず、苦労したメンバー集め。
フィリピン人はみんな歌が上手いんです。なぜかわからないけど、皆上手いんです(笑)
そうは言っても、声をかけてみても中々一緒に歌ってくれる人が出てきません。「卒業式に歌う」ということ自体、そんなに前例がなかったみたいでした。

それでもめげずに声をかけ、ようやくLANY先生が了承してくれました!
実は恥ずかしがり屋の先生。それでも、僕の必死さが伝わったのか? 約束通り一緒に歌ってくれました。

お嬢はお嬢で、ロシア生徒AMIEとの運命の出会いをしていました。この二人はどっちもプロ並みの歌唱力。破壊力やばいです。

一緒に歌ってくれる人が決まったら、次は練習あるのみ!しかし実は、 発起人の僕だけめちゃくちゃ音痴という…(笑)
一番音痴な僕が、みんなを取りまとめるという(笑)
特に歌が上手いから、卒業式で歌おうと決めたわけではないんですってば!

そして、本番の日を迎えました。
色んな人に最高だね! 良い式だった!! って言ってもらえることができました。マイクが1個壊れるというアクシデントがありながらも、安定の陽気なフィリピン人たちが盛り上げてくれました。

僕とLANYに関しては、演出が最高と言ってもらいました!みんなが知ってる、しかもアラジンは今のトレンド。会場みんなが大合唱で盛り上がりました。

お嬢とAMIEに関しては、圧巻のパフォーマンス。この2人は何者?!という感じのリアクションでした。
とにかく上手い。歓声がすごかった。

スクリーンショット 2019-09-13 16.59.53


行動が行動を呼び、今の自分を作り出していく


セブ島留学メンバーになって、実際に留学生活を開始してから、とにかく僕は自分にできることを行動に写しました。QQさんに留学している生徒はジムを使うことができるので、僕にとっては当たり前にできることであるトレーニングの指導をしたり、できるだけいろんな国の生徒さんに話しかけたり…。

卒業式でパフォーマンスをしようと思えたのも、行動したことでQQさんに「居場所」を得ることができたから。本当にここまで行動に移して良かったなと思いました。

フィリピンにいると、「今を楽しむ」という事を教えられます。フィリピン人は常に明るく、耳をすませばいつも誰かが歌を歌っています。

本当に毎日が楽しくて楽しくて。日本に帰ってから、寂しくて仕方ありませんでした。だから、QQさんとみの編のコラボイベントのプロジェクトが立ち上がった時、僕はすぐに参加を表明したし、プロジェクトリーダーにも立候補しました!

これからも英語学習続けていきたいし、誰かとの出会いを大切にしていきたい。

大切なことを僕に教えてくれた、QQ English ✖︎箕輪編集室に本当に心からありがとうと言いたいです。

いよいよ今週末は、イベント本番! 僕はどうしてもQQさんにでっかい花火を贈りたくて、Polcaを立ち上げています。是非是非、よろしくお願いします!

<みのQフェス概要>

開催日:9月15日(日)16時開始
場所:QQEnglish Seafront campus
概要:
▶︎ボードゲームソムリエ松永さんのよるゲーム大会
▶︎マグロの解体ショー
▶︎ジョリビーダンス
▶︎家入一真さん、箕輪さんらによるトークイベント
▶︎バブルパーティー など

お申込みは、こちらから。

たくさんのご参加、お待ちしております!!!

テキスト : 二宮 拓郎
編集:柴山 由香
バナー写真:池田 実加

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

#箕輪編集室 公式

『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

セブ島通信

このマガジンでは「QQEnglish」での英語留学と、観光ができるようなセブ島のオススメスポットについてもリアルタイムでお届けしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。