見出し画像

【日刊みの編NEWS】みの編で学ぶ仕事術

おはようございます、箕輪編集室運営担当の浅見です。12月9日(水)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

箕輪編集室では今、サウナランドという雑誌作りが進んでおります。毎日早朝から深夜まで、プロジェクトのチャットが動きまくっています。

このプロジェクトの様子を見ていると、メンバーの皆さんは本当に優秀な人ばかりなことにとても感動します。
段取りの正確さやコミット力。そして何よりも他のメンバーへの気遣いがしっかりしていて、プロジェクトとしてはとても大変なものなのですが、「楽しんでやる」というマインドが全員に共通しているのが素晴らしいところです。


「オンラインサロンはオーナーに似る」とちょくちょく言われますが、箕輪編集室はまさにそうで、みんなの楽しみながら本気でコミットしつつ、他者への想像力をみんなが持っているのは、箕輪さんそのものなんですよね。

外からは破天荒キャラに見えるかもしれませんが、仕事を進める上での繊細な気遣いや情熱の掛け方は圧倒的です。

僕たちに対しても、とても気持ちよくプロジェクトができるよう、ポジティブな言葉で前向きに背中を押してくれるのは、本当に勉強になります。

箕輪編集室では、この箕輪式仕事術を一緒にプロジェクトをやりながら学べるというのが特徴。自分のスキルを磨きたい人、もっと伸ばしていきたいと思っている人にはオススメです!

***

テキスト / 浅見 裕

***

公式Twitter
公式Instagram
お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/