画像1

第22回 いかなる時代も本質を掴め

箕輪厚介・設楽悠介・末吉宏臣
00:00 | 00:30
幻冬舎の箕輪・設楽とDNAパブリッシングの末吉がお送りするラジオ番組「未来の作家のカタチ」。
第22回は「いかなる時代も本質を掴め」。

変化の激しい現代において、皆さんは何を意識していますか?
多くの人は、その時の流行をいち早く掴もうと、アンテナを張り、情報を追いかけているのではなでしょうか?

しかし、そんな事に意味はないと箕輪さんは断言します。
変化の激しい時代にやるべき事は、“本質を掴む事”。

「自分がやっている仕事の本質は何か?」
「自分は何に根差しているのか?」

自問自答し、自ら思考し続けること以外に、本質を見出すことはできません。
本質を見出せたのであれば、あとは「下へ下へ」と根を生やすだけ。
本質無き者は時代の荒波にのまれてしまいますが、本質を掴むことが出れば、いかなる時代も活躍し続けることができます。

自己啓発本を読んで、やった気になっている方。それは表面しか見ていません。
本当に大切なことは、自分自信に問いかけ、自分の本質を掴む事です。
今回は、人生や仕事に役立つ内容となっていますので、ラジオを聞いた後は、自分自信と対話する時間にしてもらえたらと思います!

《 第22回の番組内容 》
・ノウハウでは時代の変化に流される、本質を掴め
・自分は“何に根差しているのか”を問え、その答えが本質
・“点”はありえない、“線”で見ろ

【出演者】
箕輪厚介
https://twitter.com/minowanowa
設楽悠介
https://twitter.com/ysksdr
末吉宏臣(ナビゲーター)
https://twitter.com/hiroomisueyoshi

【制作協力】
デザイン:前田高志
https://twitter.com/DESIGN_NASU
運営・管理:小瀧友貴
https://twitter.com/yk_mario

【Youtube】
みのわチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC8wKXRtva_tOgAfiSvyLoKw...

【テキスト配信】
https://note.mu/met2017/n/n841c2dc31425
ライター:井本佳孝
(https://twitter.com/imoyoshi78)
編集:篠原舞
(https://twitter.com/maichi6s)
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
13
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

【ラジオ版】出版3.0時代の「未来の作家のカタチ」
【ラジオ版】出版3.0時代の「未来の作家のカタチ」
  • 49本

幻冬舎 箕輪厚介とDNAパブリッシング 末吉宏臣のラジオ番組。 堀江貴文の『多動力』や見城徹の『たった一人の熱狂』などを手がけた箕輪厚介、『なぜ堀江貴文の本はすべてベストセラーになるのか』を編集し、数々のベストセラー作家のプロデュースを手がける末吉宏臣。出版の最前線にいるからこそ感じる、「未来の作家のカタチ」を語る。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。