夕刊ミノ_バナー

【夕刊ミノ】中部チームレポ「静岡でオフ会を初開催!家族同伴で深まる絆」

こんばんは。箕輪編集室中部チームの静岡組、しょーごおやビンです。
9月23日(日)の夕刊ミノをお届けします。

今回は、中部チーム初の静岡イベントということで静岡メンバーの合作です。

(左:しょーご・右:おやビン)

最近感じるのは、箕輪さんも言うように実際に人と会うことがすごく大事ということ。人と人が生身でぶつかり合うからこそ、そこに面白さと信頼が生まれます。その意味で「みの編中部」は交流に重きをおいたイベントが多くて、あったかい場所です。

以前、日刊みの編で中部リーダーの拓さんが中部チームの今後について語ったことがあります。

具体的には、3点ありました。
1.地方をつなぐ
2.家族参加型
3.人生の仲間づくり

それを受けて、中部では愛知県以外でも活発に動いていこうと考えています(さっそく先日、三重県でも飲み会がありました。夕刊でまた取り上げる予定です♩)。
今回のイベント「昼から渾身の料理しながら渾身のワイン飲もう」はそんな中で企画が立ち上がりました。

中部が動く、静岡へ進出!

おやビン:
イベントは料理がメイン。地元静岡でみの編中部のイベントが「初」開催ということで、私も参加することにしました!私、普段料理なんてしないんですが(笑)

しょーご:
中部チームは、愛知、特に名古屋での開催が多いんです。地元でイベントがあると、同じ県の新しい友人と出会えるのが良いですね!
今回のイベントも中部チームお得意のTwitterがきっかけで始まりまったものでした。

ある時、週末に料理をしながらひとこと「料理しながら酒飲むの最高だなー。」って、何の気なしにつぶやいたんです。そしたらすぐに、中部のブランド人ことゆたさんと、中部のガヤ王子ことマツさんが「やりましょう!」と乗っかってくれ、とんとん拍子で企画が決まっていきました。

しょーご:
当日、集合時間になると、続々と中部のメンバーが集まってきました。はじめましての静岡メンバー、おやビンとも無事に対面を果たしました!

会場である掛川の古民家<旅乃舎>さんのことを少しお話しておきます。
2017年10月にオープンした体験型古民家宿で、築67年という元お茶農家さんの空き家を半年かかって改装したそうです。現在は宿泊施設、お茶摘み体験、週末限定で縁側を使ったカフェもされています。今後が楽しみな素敵な場所なんです。地方イベントはこういう場所を活用して盛り上がりたいですね!

旅乃舎
住所 : 静岡県掛川市大野1708
電話 : 050-1450-3739
URL : https://www.tabinoya-oldjapanese.com/map

おやビン:
しょーごさんと対面を果たした時、その隣にはなんと奥様の姿が!そう、今回はしょーごさんとゆたさんの奥様も静岡イベントに参加してくれたのです。リーダーのやりたいことを即実践してしまうのが中部メンバーの魅力ですね!今後は家族の参加も増えそうな予感がします♩

しょーご:
中部のメンバーは、実際に会うとすごく感じるんですが「どうやったらみの編中部が活発になるか」をめちゃくちゃ真剣に考えています。Twitterだけでは見られない一面もあるので、ぜひみなさんに会って欲しい!必ずプラスの影響があると思うんです。

リアルの出会いを重ねて、ますます信頼が深まっていく

しょーご:
会場では、素敵なプレートと特製のしそジュースが我々を温かく迎えてくれました。絶品です。

おやビン:
お酒は持ち込みで、シャンパン、赤、白、梅酒とかなりの量が集まりました!しかもそれぞれ良いワインを一気に開けるという贅沢。私は車で飲めないのでお茶でしたが、古民家とワインのマッチングが素敵で、飲める飲めない関係なく楽しめるのがすごく居心地がよかったです。

しょーご:
ワインで喉を潤した後は、料理も開始。ゆたさんには「バーミキュラおじさん」の異名もあり、この日はアクアパッツァを作ってくれました。食べて思わずこぼれ出た、おやびんの素敵な笑顔も。

おやビン:
後ろ髪引かれながらも、私は私用のため一足早く旅乃舎を後に…。出発する時には、今日の参加メンバーで集合写真を撮りました。
参加メンバーの最高の笑顔。「あぁ、自分はこの一枚を撮る為に来た」と思えるほどの感動に包まれながら帰りました。それも、素晴らしいメンバーとの出会いがあったから。

しょーご:
今回はゆたさんと私の妻も参戦しており、ファミリー感が出たイベントでもありました。奥様同士は初対面なのに意気投合。むしろ奥様方に場を仕切ってもらって、とても和やかに♩
実際にお互い顔を合わせるイベントが多いからこそ笑い合える、そんなチーム。時には真面目に語り合って、また笑って。そんな素晴らしい人たちに出会えた会になり、エリアチームの魅力を堪能できた一日でした!

今回のまとめ
1.古民家とワインの組み合わせ最高!
2.はじめての人同士で集まっても、みの編の人は気が合う。
3.奥さんがいると、メンバーの違う顔が出てくる。(出てこない顔もある)
4.美味しい料理とワイン最高!
5.まず参加してみるのが大事!


テキスト/しょーご(小澤昌吾)・おやビン(信田智行
編集/神谷恭汰岡本拓也
監修/柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

この記事が入っているマガジン

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 471本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。