見出し画像

第14回 文字コンテンツの未来

★この記事は単品でも購入できますが、月額マガジン『編集2.0』内にも含まれています

電子書籍市場は縮小する?

末吉:今回のテーマは、電子書籍の可能性。逆に、そこに潜んでる問題点とかでもいいんですけど。

箕輪:電子書籍は散々やって気付いたんですけど、あんまり面白くないです。ただ、紙の本を電子化してるだけなんで。

メリットとしては、本屋さんに行かなくても、物理的な本がなくても、その場で一応それをスマホ上で見れるっていうこと。ツールなだけです。

末吉:なるほど。じゃあ、その媒体としての可能性みたいなのは?

この続きをみるには

この続き:2,495文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

編集2.0

1,000円

※こちらのマガジンは5月より『MondayMinowa』としてリニューアルします https://minohen.com/m/m84c...

または、記事単体で購入する

第14回 文字コンテンツの未来

#箕輪編集室 公式

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

#箕輪編集室 公式

『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

編集2.0

※こちらのマガジンは5月より『MondayMinowa』としてリニューアルします https://minohen.com/m/m84c29a543923
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。