見出し画像

【日刊みの編NEWS】みんなの輪を全国へ! 日本全国でみの編クルー大募集!

おはようございます。箕輪編集室運営担当の三浦 俊平です。
6月29日(土)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

この原稿を書いているのは、27日の朝。昨晩の「箕輪編集室2周年イベント」の熱が覚めやらぬ中でこれを書いています。

2周年イベントの中身を見てみると

2周年イベントのコンテンツは、このような感じになっていました。

1. 箕輪大陸をみんなで観る
2. 2周年記念冊子の制作陣によるトークショー
3. みの編で活躍するメンバーによるトークショー
4. 懇親会
【箕輪さん到着】
5. ダーツビンゴ、ジャンケン大会
6. ライブ
7. 写真撮影、解散

これを見てお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、前半の1~4のコンテンツは箕輪さん抜きで進行しており、「イベント開催時間の大半は箕輪さんがいない状態で構成」されています。

このあたりが、非常に箕輪編集室らしいなって思うんです。

オーナーの稼働を前提にしない設計

ちまたで、「インフルエンサー」と呼ばれるような方たちが運営しているコミュニティの大半が、主宰の稼働を必要とするタイプ。

サロンのような有料コミュニティの場合、その人のことが好きで、その人に会いたくて入る人が大半でしょうから、主宰がしっかり稼働して、時間を取ってくれればそれだけ満足度は上がります。

しかしながら、このタイプのコミュニティって長続きしないんですよね。

なぜなら、主宰がコミットを強いられることに苦痛を感じて、だんだんコミットしなくなっていくから。

ファンクラブに似たような形の「1:Nタイプのコミュニティ」の場合、ある程度の人数・規模になったところで主宰の対応キャパが限界を迎え、そこから先は緩やかな死へと向かうことになります。

さて、話を2周年イベントに戻します。

最後に箕輪さんが会場に来てくれたことで、ジャンケン大会やライブが大盛り上がりを見せました。とはいえ、これらがなくてもイベントとしては十分成立していました。

ここが、みの編の面白いところ。

運営・リーダー陣がイベントの設計をする際、最初の段階でまず考えるのが「箕輪さんの稼働を前提としない構成にできないか」ということ。箕輪さんの時間を使うのは、「ここぞ!」というところだけにおさえるようにしているんです。

現在は、プロジェクトや外部案件においてもそれを前提に動いているので、箕輪さんの感知しない範囲で物事が動いています。

もちろん、実際には対外案件は箕輪さんに確認してから着手しています。が、箕輪さんも細かいことをいちいち覚えてられないので、こういう反応になります。(実際には「知っててとぼけている」のが大半でしょうけど)


この輪を全国、そして世界へ!

これまで、長らく富山メンバーがいない状態が続いていましたが、2周年イベントの時点で「47都道府県すべてにみの編メンバーがいる」状態になりました。


また、海外在住のメンバーも増えてきているので、この調子で拡大が続けば「世界のどこにいても、同じ価値観軸を持つ友人とオフラインでつながれる」状態が来ることでしょう。

箕輪さんはかねてから、「インフラとしての箕輪編集室構想」を提唱していて、居場所作り(シェアハウス・シェアオフィス・リアル書店)の取り組みが着々と進んでいます。

日本全国にこういったオフラインの集まりが作れるようになれば最高だし、絶対そういう世界を実現できるはずです!

そのために必要なこととは

もっと仲間がほしい!

「どこに住んでいたとしても、オフラインで集まれる」環境にするには、各地域にコアとなるメンバーが必要。定期的に各県のメンバー数を開示しているのも、ここを推し進めていくためなんです。

自分の住む地域にメンバーが少ないと、残念に思うかもしれません。しかし、逆にそれはチャンスです。なぜなら、その地域を盛り上げるリーダーとして、みの編で活躍する機会が手に入るから。

徳島がいま阿波踊りで周囲を巻き込んでいるように、たった一人のメンバーの熱狂から物事は動き出します。

箕輪さんも地域・アジア進出を重要戦略としてとらえているので、これにのっからない手はありません。

あなたが、その地域でたった一人のメンバーだったとして、それを「うちの地域にはメンバーが誰もいなくてなにもできない」ととらえるのか、「自分が先頭を走ることで、自由に動けるポジションを取れる!」と前向きにとらえるのか。

状況は同じでも、とらえ方次第で取れる対応が180度変わってきます。

失うものは何もなく、伸びしろしかない

メンバーが少ない地域にいるからといって、落ち込むことはありません。大切なのは、それを前向きにとらえて、「楽しもう」というマインドをもつことができるかどうか。

このコラムでもたびたび触れているように、見る側からやる側に変わると、見える世界もやりがいも、得られるものもまったく変わります。

「箕輪編集室に入る」という第一歩を踏み出した方には、ぜひその先まで手を伸ばしていただき、私たちと同じ船に乗る「クルー(乗組員)」になってほしいなと思います。


「こっちの世界に来て、革命を起こそう」

箕輪編集室への入会はこちらから!↓


ーーーーーーーーーーーーー
■昨日 6/28(金)のみの編
―――――――――――――
関東では「みの編ラウンジ」(新歓)を行いました。メンバーが帰り始めてからその場に残っているメンバーだけで集合写真をとりましたが、実はたくさんのメンバーが参加してくれました。

中部チームでは「華金は中部チームで盛り上がれ! 灼熱の新歓」を開催。2次会までたっぷりと交流を深めることができました。

セブ島留学チームの二宮さん、シバタさんが卒業の日を迎えました。卒業式では練習してきた歌を披露し大盛況でした。

ライターチームではメンバー図鑑のインタビューを行いました。ホワイトボードを駆使してトムレコまで出てきたインタビューはどんな形になるのか楽しみです。

関西チームでは雑誌企画プロジェクトのZoomミーティングを行いました。トムさんのトムレコを眺めるだけでワクワクする企画がいっぱいありますね!

阿波おどり自主練Zoomではついに笛まで参戦。どんどん本番に近い形での自主練になっていきますね。

――――――――
■今後のみの編
――――――――
毎週火曜日 The UPDATE 特別観覧*
毎週金曜日 [関東チーム]減量プロジェクト
6/29(土)九州新歓迎飲みat福岡
6/30(日)
DAM★とも presents 箕輪厚介トークショー&箕輪★狂介 *
2019年6月新規加入者交流の場
[中部チーム]第2回中部Meat Up !
[関西チーム]3週連続飲み会 新歓 京都編
7/6(土)
[学生チーム]【初心者大歓迎】DJI JAPAN ☓ 箕輪編集室コラボ撮影会
[関東チーム]初心者も歓迎! パデル体験!!
7/7(日)[中部チーム]中部名物1日でスイーツ10軒ハシゴ
7/10(水)[関東チーム]代官山蔦屋 x 箕輪書店だより(7月)
7/13(土)[中部チーム]中部vsポセイドン ~水中BBQ~
7/20(土)[中部チーム]ゴールデンみの ぷち福井日帰りツアー(仮)
7/27(土)『夏の大イベント』箕輪編集室xアソビカタSalon‐初島ジャック‐*
8/12(月)[中国・四国チーム]徳島阿波踊り企画 徳島で革命をおこそ!!
*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト/三浦 俊平
昨日のみの編/荻原 茜
編集/柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。