見出し画像

【日刊みの編NEWS】箕輪編集室の陰の立役者。CAMPFIREコミュニティの皆さん!

おはようございます。箕輪編集室運営担当の三浦 俊平です。
11月27日(水)の日刊みの編NEWSをお届けします。

11月1日より「みの学割」が始まり、はや1ヶ月が経とうとしています。

毎回の募集時には相変わらず大きな盛り上がりを見せておりますが、その裏で「仕事人たち」が人知れず活躍していることをご存知でしょうか?

普段なかなか表に出てこないけれど、コミュニティの維持運営のために欠かせない活動をサポートしてくださっているみなさん。今日はそんな人たちの中で、特にお世話になっているCAMPFIREさんについてご紹介します。


コミュニティを通じた”小さな経済圏”を作るべく奔走するエンジニア陣

箕輪編集室設立当初から現在まで「CAMPFIRE社の決済システム」を利用して運営されていることは、みなさんもご存知かと思います。

CAMPFIREコミュニティのシステムは、先行して稼働していた「クラウドファンディング用の決済システム」をベースに、月次の継続課金ができるように機能を改修したところからスタートしています。

当初は「ベースとなるクラウドファンディングシステムの仕様」によるいろいろな制約があったのですが、その後、コミュニティ向けの様々な機能が追加され、かなり便利に使えるようになりました。

三浦が普段管理作業をしていて「不便だなぁ」と思ったことや、「こうしてもらえると助かる!」といった要望、エラーが出てうまく動かないときのトラブル対処など、様々な場面でCAMPFIRE社のエンジニアさんには助けていただいております。

最近だと、学割の申し込みが殺到して処理がパンクしかけたときに、「大量の申込者をさばくためにサーバリソースを増やす」といったミラクルな対応もしてくださいました。

ソフトウェア、インフラをつかさどるエンジニア陣のみなさまは、普段表に出てくることはほとんどありません。

私自身も中の方々とは直接の面識は無いのですが、柔軟かつ決め細やかな対応には本当に助けられています。

↓私のつぶやきをきっかけにカイゼンチームまで組成してくださいました。

画像1

このように、エンジニアのみなさまには日ごろから大変お世話になっているのですが、特に今年の春から秋にかけては、「カイゼン月間」と称した「CAMPFIREコミュニティの機能改善&拡充」のための取り組みを推し進めてくださいました。

その結果、
・初月無料機能
・活動報告の予約投稿、下書き保存機能
・サンクスメッセージ機能(自動リターンメール)
など、私が切望していた機能が立て続けに追加されました。(以下のnoteにそれらの機能改善の内容がまとまっています)

読者の方にはぴんと来ないかもしれませんが、ここに記載されている機能改善の数々、私としては感涙モノの機能が満載です。※「CAMPFIREコミュニティのプラットフォームを利用している管理者さん」とは「新機能の素晴らしさ」をつまみに一晩中語り明かせる気がします(笑)


エンジニアさんだけじゃない、PRや会場提供も!

箕輪編集室がお世話になっているのは、エンジニアさんだけではありません。

CAMPFIREコミュニティの公式さんは箕輪編集室の活動を日ごろからすごく見てくださっていて、ことあるごとにエールを送ってくださいます。

形だけのリツイートによる拡散ではなく、コンテキストを理解し、その中身にしっかり触れてくださる。こういうのも本当にうれしいですよね。


また、「毎回のイベント会場の提供」もCAMPFIREさんによるもの。

設立当初から当たり前のように使わせていただいているので気付きにくいですが、渋谷駅至近の会場を無料で使わせていただけることが、箕輪編集室の盛り上がりにどれだけ貢献したか、その効果は計り知れないものがあります。

CAMPFIREさんのセミナールームは、もはや「箕輪編集室の聖地」と言ってもいいくらい。これまでにたくさんのイベントがここで開催されました。

また、最近は提携会場である「HASSYADAI CAFEさん」での開催も増えてきました。こちらは、「みの編説明会」や「学生定例会」でおなじみの会場です。


Mr.CAMPFIREコミュニティ(村田アルマさん)

さて、ついに本命の登場です。

「箕輪編集室が一番お世話になっている人」といえば村田アルマさん(以下アルマさん)でしょう。

「CAMPFIREコミュニティのすべての参加者が一番お世話になっている人」といっても過言ではないと思います。

「コミュニティ好き×エンジニア」の共通項があるということで、個人的にもアルマさんとはオンラインオフラインを問わず、早朝から深夜までいろいろなやり取りをさせていただいています。

そんなアルマさんは、CAMPFIREコミュニティの総責任者と言う立場。

プラットフォームを利用している各コミュニティからいろいろなオーダーが飛んでくると思うのですが、箕輪さんのからの無茶振りに対応するのは特に大変なはず。

・早朝から深夜まで、矢継ぎ早に飛んでくる増員の枠開け対応
・学割を含む各種施策の検討(畳み人役)
・イベント時の会場担当(みまもり役)
・機能改善の受付窓口

などなど、様々な場面でご尽力いただいています。

昨年のCAMPFIREフェスのときにもアルマさんの素晴らしさを語ったのですが、それ以降もたくさんお世話になっています。みの編メンバーは渋谷には足を向けて寝られませんね。

CAMPFIREさんを訪れた際は、mac bookを小脇に抱えたクマさんみたいな風貌の方を探してみてください。たぶんそれがアルマさんです。

みの学割の陰の立役者、松井くん

最後に取り上げる松井くんは、CAMPFIREのアルバイト社員です。

もともとは箕輪編集室のメンバーで、箕輪さんが「CAMPFIREコミュニティのスタッフ募集のツイート」をした際に申し込んでくれたのが彼。

画像2

アルマさん不在時に「オフラインイベントのみまもり役」としてセミナールームに顔を出してくれることもあるので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

彼は、今回の学割対応で「三浦が手の回らない細かな部分」についてフォローをしてくれています。

特に
 ・学生証確認の仕組み整備と運用
 ・制度検討に関する三浦の壁うち相手
あたりの役回りは本当に助かっています。

画像3


とまぁ、CAMPFIREさんのスタッフのご紹介とお礼の言葉を書き連ねるだけで、軽く2500字を超えそうな勢いです。(まだまだ語りたいことはたくさんあるのですが、残りはぜひオフ会などで語り合いましょう)


今回のコラムを通じて、CAMPFIREさんのことを皆さんにもっと知ってもらうと共に、「陰でコミュニティを支える人たちがいるからこそ、箕輪編集室のような魅力的な場が維持され、自分たちが楽しめているのだ」ということをメンバーの皆さん(特に学割参加メンバー)に知ってもらえたらと思っています。

アルマさん、松井さんをはじめとする「CAMPFIREスタッフのみなさま」、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

―――――――――――――
■昨日11/26(火)のみの編
―――――――――――――

いよいよ学割メンバー対象の定例会がスタートしました。
「日本一豪華な学生向けイベント」の第1段は箕輪さんによる1年間の戦略会議。学生チームにどんな風になってもらいたいのかを箕輪さんご自身が語られました。
今回のイベント運営はもちろん全て学生が担当。Twitterやインスタの中の人も学生が担いました。

各地方ではパブリックビューイングも開催。

定例会のグラレポやリアタイレポも学生メンバーの手で書き上げられました。

学生チームに自立することを一つのテーマとした箕輪さん。
最初の定例会から早速、自立している姿を見ることができました。

ラジオ部では番組放送前日に作戦会議を開催しました。
ですが、そんなことよりつぶやきの内容が気になります…
真相は今日の22時からのラジオ部で!

PRチームでは戦略会議が開催されました。
今回もたくさんのメンバーが参加し、新人さんも多かったようです。
次回のブートキャンプメンバーの募集も終了し、また新しいメンバーで間も無くスタートします!

――――――――
■今後のみの編
――――――――
毎週火曜日 The UPDATE 特別観覧 *
毎週月・木曜日[関東チーム]【#みの編フットサル部】/初心者・10月入会新メンバー大歓迎!
毎週金曜日[PRチーム]【朝活】やるよっ!#朝ガヤ

11/29(金)
[関東チーム]11月 みの編 はじめの一歩!
[関東チーム]11月ゴリプリ定例会
11/30(土)
【*2019年11月新規加入者交流の場*】
[九州チーム]別府温泉巡り合宿
[関東チーム]横浜たそがれ 〜工場夜景ナイトクルーズ〜
[コミュニティデザインチーム]11月同期zoom運営のための場所
12/5(木)[関西チーム] 平日MESHI in Kobe
12/7(土)
[中部チーム]【中部大謀年会】〜あつし、中部にゾッ婚〜
[ライターチーム]宴だ!!集まれ!!忘年会!
12/7(土)~12/8(日)[アジアチーム]カンボジアフェス*
12/8(日)[中国・四国チーム]【広島】新歓and忘年会
12/14(土)
みの編2019忘年会*
[沖縄チーム]2019忘年会
[北海道東北チーム]そうだ、東京さ行こう
12/16(月)[関東チーム]cinema de English

*は箕輪さん参加予定のイベントです。


テキスト/三浦 俊平
編集/柴山 由香
昨日のみの編/堀 基晴

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

19
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

コメント1件

ものすごい熱量で、沢山のイベントが支えられてる!
定例会も各地でライブビューイング行われるなど、みの編は全国規模だ!
おもしろい!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。